2012年05月04日

ステルスコンプ 完成♪

さて、とうとう5/4・・・

某県某所でのオフ会にて塔四郎さんのステルスコンプお披露目です。

この記事をアップする頃は、塔四郎さんが興奮のあまりビクンビクン♪しているか、こんなのデトじゃねぇ!って
ブチ切れているかのどっちかだと思いますww


勿体つけるのも何なので~

こうなりました♪


(注:デトニクスですw)

スライド&フレームはシコシコ⇒サフ⇒ブラックスチールで下塗り後、側面平面部を銃Ⅰで塗装&ヘアライン仕上げ、
その他はブラックパーカーで仕上げました。



マグウェル






フレーム一体のマグウェルにした事で、長さは変えずに開口をガバッと拡げる事が出来ました♪





ボブテイル・ハウジング



と言っても、チェッカリング加工した以外はハウジングピンの位置は変えずに単に丸めただけですが、
見た目&グリッピング共にかなり印象変わります。グリッピングの違いはこのフレーム形状にもよりますがww



トリガー周り



ストライクウォリアー?のトリガーは私としてはちょっと無しなデザインなので、前面を完全フラットにしました。
一応、全体のコンセプトは基本的にCCW (Concealed Carry Weapon)なので、マガジンキャッチはCIAスペシャルのように
短く・丸くし、キャリー時に不用意に押してしまわないようにしています。



反対側



フレームのラインは狙い通りにエロい感じになったと思いますw
マガジンキャッチはフレーム形状に合わせて肉盛り。
刻印は『DETONICS』だけ残して他は全部消しちゃいました。設定的に.45でも無いので・・・



左セフティ周り



今回、セフティのみ荒めの加工痕を残してみました。
単純にペーパーがけを220番で止めてブルーイングしただけですが、ちょっとした凄みみたいな雰囲気が出て
良かったと思います♪



右側セフティ周り



左側もですが、特にこの右側セフティの『シュッ』としたラインが超お気に入りです♪
CCWという事で右側セフティを殺す事も考えましたが、サムパッド幅を薄くする事でCCWとしての説得力をギリギリ確保。



とは言え、やはり一番の特徴はてるぱ大臣さん謹製のステルスコンプとスライド側面のカットでしょうね♪



スチール製のステルスコンプは塔四郎さんからお預かりした状態ですでに美しいヒートブルー処理されていたので、
敢えてスライドと色を合わせたりせずにそのままにしました。



真鍮削り出しフロントサイトの金色も良いアクセントになってると思いますし、意外と狙いやすいのです。





そして、もう一つの売り(?)がこのスライド一体型『Shield Driver Sight』です♪





カスタム最初の記事に元ネタとしたネッド・クリスチャンセン氏のこのサイト画像を貼らせて頂きましたが、
スライド後端が斜めになったデトニクスにこそ似合うデザインだと言ったら言い過ぎかな?



デトニクスの抉れは『ハンマーを素早く起こすため』だそうですが、それをスポイルしないように後端にはあえて
セレーションを入れていません。



それでは最後にいつもの縦構図で・・・











あー・・・


返したくなかったwwww
  


Posted by あじゃ  at 11:07Comments(17)ステルスコンプ

2012年05月01日

ステルスコンプ パーツ仕上げ

5/4埼玉某所でのオフ会を控え、塔四郎さんのステルスコンプもいよいよ佳境に差し掛かって参りました!

今回は、小物パーツ類の仕上げです。


まずはハンマー。



MEUのデルタハンマーの形状は変更せず、面出し&セレーションの目を立て直してブルーイング。



続いてスライドストップ。



こちらも大きく形状変更はしていませんが、後述のフレームに合わせてSVI風にC面を付けてブルーイング。



Fピンプレートもシコシコしてブルーイング。





セフティはMEUのをベースにサムパッド幅を狭く薄く、『シュッ』とした形状にしてみました♪



何気に私の中では一番のチャームポイントだったりしますw



プランジャーガイドもシコってブルーイング。



あ・・・プランジャーの向きが逆だww



マガジンバンパーを付けるために、マガジンベース部をこのように加工。






イモネジを立てたところに、2mm厚ABSを3枚積層して作った薄型のマガジンバンパーを接着~



はい、マガジンバンパーはウィルソンをイメージしとります♪



さて、肝心のフレームはこんな事になってますー



グリップのチェッカリングを落とし、プラバンで画像のような枠を貼り付けました。


そう・・・


フレームはSVIのアレをイメージしたデザインとするわけです!(`・ω・´)
こちらはシングル幅のままですが、あくまでデザインイメージ。
よって、グリップは専用で交換不可となります。塔四郎さんゴメンナサイm(__)m



トリガーガードは新型デトニクス現行型はまた違うみたいですが)をイメージして、デトニクスらしさが希薄に
なるのを抑制・・・



と言っても新型デトニクス自体がマイナーなのであまり意味無いですがwww



全体をシコシコしてサフ吹いた状態。





うーん・・・


もはやデトニクスには見えないかも知れん・・・(;´Д`)  


Posted by あじゃ  at 00:01Comments(14)ステルスコンプ

2012年04月16日

ステルスコンプ ハウジング&ビーバーテイル

無事に帰国したところで、さっそくシコシコ再開!(`・ω・´)

まずはハウジングから。


前回記事の最後の画像で、ボブテイルっぽくお尻を丸めているのは皆さんお分かりかと。

その滑り止めですがノーマルのままでは寂しいな~と色々悩んだ挙句、ちょっと細かめな30LPIのチェッカリングを
入れることにしました。ノーマルの斜めのチェッカリング?を落とした上に新たにチェッカリングを彫ると非常に肉薄に
なってしまうので・・・

このように1mm厚ABS板にあらかじめ30LPIのチェッカリングを彫っておきます♪





これをドライバーなど丸いものに押し当てて適度な丸みを付け、ノーマルのチェッカリングを削り落としたハウジングに
接着します。この時点では若干オーバーサイズにしておきましょう♪



接着にはいつもの瞬着(ロックタイト)を使いますが、適量だと一瞬でくっ付いてしまうので、上手くやらないと
チェッカリングが曲がった状態になって泣く事に・・・
それを回避するため、適量より多めに付ける事で位置合わせが出来る時間的な余裕を少しだけ作る事が出来ます。



はみ出たABS板と接着剤を削り落とした状態がコチラ。



気になるような曲がりもなく、綺麗に付きました♪

あ、ちなみにお尻の丸い部分はそのままだと肉抜きの穴が出てしまうので、チェッカリングのABS板を貼り付ける前に、
同様にABS板を貼り付けて穴を塞いであります。



続いてビーバーテイルの取り付けです。

実は先週の出張に行く直前に、ある方へMEU用純正ビーバーテイルの手配をお願いしていました。





お願いしたのは、ミリブロ&ヤフオクでいつもお世話になってるタケさん(Take.Rさんともいうらしいw)です!
タケさん、この度はありがとうございました~♪ おかげ様で、途切れることなくシコシコが再開できました!


で、これを塔四郎さんのステルスコンプ・デトニクスに取り付ける訳ですが・・・


その取り付け方もタケさんがコチラで詳しく解説されているので、そちらをご覧下さい♪

ではまた!




・・・え? 手抜き過ぎだろって?ww

仕方ない・・・まぁ、タケさんと全く同じ加工なのですが、一応画像貼っておきますー



ビーバーテイルぶった切って、フレームにプラリペア盛って、削る!



さらにハイグリップになるようにビーバーテイルも削り込む!





んで、ビーバーテイルはブルーイングしました♪



綺麗にブルーイング出来て嬉チンコ♪  


Posted by あじゃ  at 00:44Comments(12)ステルスコンプ

2012年04月09日

ステルスコンプ フレーム加工開始♪

今回はステルスコンプです。

前回、変わった形状のリアサイトを紹介しました。てるぱさん作のステルスコンプと相まって、なかなかのインパクト。

そうなると、フレーム側も負けないインパクトが欲しいよねー・・・と、悩みながらもやってみないと良く分からないので~


まずはグリップの下の方をギコギコと切り飛ばします♪





続いて、以前塔四郎さんから頂いたABSブロックから適当に切り出して・・・





フレームに接着。





ハウジングピンの穴を開けてから反対側も貼り付けて、最後に穴を左右貫通させます。



順番間違えて両方とも貼り付けちゃうと、穴開けが面倒になりますのでご注意をww



さて、ココまで来たら何をするかと言えば・・・そう! くぱぁマグウェル拡大です♪



はい。先日のセンチメーターマスターのパクリですなww


とは言っても、マグウェルだけではつまらないので・・・あっちこっちに盛ってはシコシコしてます。





何だか違和感が?





さてどうなることやら♪

今日から金曜まで米出張なので、続きは帰ってから♪  


Posted by あじゃ  at 14:45Comments(10)ステルスコンプ

2012年03月29日

デトニクス ステルスコンプカスタムもスタート!

さて、塔四郎さんからもうひとつお預かりしていたのが、捨てる酢昆布ステルスコンプカスタムです。

てるぱ大臣さんが素敵な削り出しコンプとスライド加工をされていて、更にこれをお任せでかっちょ良く仕上げて
欲しいとの事・・・

何という無茶振りだww


こちらもどんな形にするかずっと悩んでいましたが、まずはリアサイトから手を付ける事にしました。

お預かりした時点でストライクウォリアー?の大型リアサイトが付いてましたが、どうにも形状が気に入りません。
ノバックとかは在り来たりだし、ボーマーだとステルスコンプ=コンシールド?とはかけ離れちゃうし。
変わったところで(使い道分からないけどw)RMRとかの小型ダットサイト直乗せとかも考えましたが、
てるぱさんに猛反対されたしww



・・・とそんな中、Tangoさんにとある実銃カスタムを紹介頂きました。

本場のガンスミス界で奇才と呼ばれるネッド・クリスチャンセン(Ned Christiansen)氏による、スライド一体型の
初期型『Shield Driver Sight』です。







引っ掛かりを防ぐため、後ろ側が斜めになった特徴的なデザイン。
内側に彫られた反射防止のセレーションがネッド氏の変態さを物語ります。(褒め言葉ですww)



ふむ・・・

斜め・・・


デトのスライド後端の切り欠きも斜め・・・・・・


これだ!! (・∀・)

瞬時に脳内デザインを終え、手持ちのノーマルリアサイトに戻し、接着してゴリゴリと余分な部分を削ります。





続いてABS板を両サイドに接着。





その中に金属パテを詰め込み、硬化する前に円周状にセレーションを切った丸棒をギュッと押し付けて内側の溝を再現します。



型枠代わりのABS板は除去し、すでにプラリペアを盛り付けてます。



これをゴリゴリシコシコして、上面にも横セレーションを追加。





サーフェイサーを吹いて、加工のアラのある部分に溶きパテを塗布。





再度シコシコし、下地代わりの黒組をとりあえず吹き付けてみました。



溝の中に塗料が回ってませんが、最終的にはちゃんとエアブラシで仕上げ塗装します。



横から見るとこんな形状です。




やべぇ・・・

想像以上にカッコいいじゃねぇか!! 早くも返したくない病ががががががが


あ、すでに『CUSTOM』刻印は消しときましたよん♪  


Posted by あじゃ  at 00:52Comments(24)ステルスコンプ