2014年01月20日

デトニクスカスタム完成♪



という事で、完成しました♪

今回、ちょっと(イヤかなりw)画像多めですが、見てやって頂けると嬉しいです♪



スライド、フレームの塗装は黒鉄。ご覧の通りスライド側面だけ軽く磨いてヘアライン仕上げとしました。







もはやデトニクスっぽいのはグリップの短さだけになりました♪







スライドを加工して取り付け、形状変更したリアサイト。





セレーションも綺麗でしょ?(^ω^)



あ、チラッと写ってますが、エンターブレインのダミーファイアリングピンに交換してます。
あの六角ネジは興醒めですからね・・・



ガッツリと長めに段差を付けたフロントはこの通り!





カッコいい~~♪ 我ながら、左右均等に出来たと思います♪



リアサイトのセレーションに合わせ、フロントサイトにもセレーション入れちゃいました~



ブルーイング前の塗装剥離でホワイトドットも剥離しちゃいましたので、ホワイト入れ直してます。



カットしたパックマイヤーグリップも綺麗に処理できました!



グリップスクリューはDETONATORのヘックスタイプ。



ブルーイングしたパーツたち。





スライドストップに逆Rを、セフティに大きめのRを付けてデザイン的に合うように調整。



セレーションも30LPIの筋目ヤスリで目を立て直してます。



フレームの刻印はDETONICS .45のみ残して他は消しました。





メッキ剥離したアウターバレル







クラウンはイレブンディグリーっぽく。(もちろん角度は適当ですがw)





インナーバレルの先端はバーチウッドのブラスブラックで染めておきました。





最後にいつもの縦4枚です。











以上です!

ご依頼の○○さ~ん! 到着をお楽しみに~~♪


P.S.
私は火曜から今年一発目の海外出張なので、次回更新はちょっと間が開くかもです。

場所? PM2.5がアツい、北京へ再び!!  


Posted by あじゃ  at 00:18Comments(18)デトニクス

2014年01月19日

デトニクス アウターバレルのメッキ剥離

今回はアウターバレル。

マルイのデトニクスのアウターバレルって、綺麗で丈夫なメッキが掛かってますよね。





しかし、今回のご依頼はこれを黒くして欲しいと。
(ここから仕上がり後まで画像ありませんので、文章だけでお楽しみ下さいww)


単純に塗装するのも考えましたが、メッキの上に塗装ではミッチャクロン使ったとしても擦れて剥がれ易いでしょうし、
ウレタンクリアーするにも厚みが増えて作動に影響が出そう・・・



で、最初はダメ元でバーチウッドのスーパーブルーで染めてみようかと、表面をナイロンたわしで一皮剥いて染めてみたのですが、
やはり今回もアルティメットバトルユーズドビンテージフィニッシュになってしまいましたww

そこでブルーイングを諦めて、そのままビニール袋の中で液に漬け込み数日放置。メッキを完全に腐食させて、剥離する作戦です。
ここでも塗装乾燥機が活躍ww

途中、サンポール(塩酸9.5%)にも漬け込んでみたりしましたが、スーパーブルーのほうが腐食早いっぽいです。


そして、あらかたメッキが剥げたかな?というところで、表面にまだ残っているメッキをスポンジやすりで落とします。


するとどうでしょう♪

見事に真っ黒なアウターバレルになったではありませんか!!





何だか塗装する必要も無いくらい綺麗なので、仕上げはパーティングライン消してヘアライン入れるだけにします。
それなら剥げる心配ゼロですし♪

あと、クラウンは・・・



画像多めの完成編で! この後すぐ!!ww  


Posted by あじゃ  at 23:17Comments(8)デトニクス

2014年01月18日

デトニクス フレーム側加工と新兵器w

それではフレーム側の加工をご紹介・・・

と言っても、フレーム自体はほとんど弄りませんw せいぜい一部の刻印を消したくらい・・・なので画像すら無しww

ただ、ちょいと面倒なのがグリップです。

パックマイヤー製のメダリオン入りフルサイズガバ用を切り詰めて取り付けて欲しいとのご依頼なので~~




糸ノコでズバッとな♪ もちろん、インサートされている鉄板ごとブッタ切りました!!



下側のスクリュー穴は、狙いの位置に近い元々ある凹みを利用します。



この凹みはインサート鉄板の位置決め用かな? おあつらえ向きに鉄板には穴が開いてるので、新たに穴を開けるのは
ゴムだけです。ただ、ゴムなのでドリルでは上手く開かないので、デザインナイフで開けました。ちょうど良いポンチがあれば
それがベストかも? あ、いや、ベストなのはデトニクス用のパックマイヤーを使う事ですが、レアモノですからねぇ。



注意が必要なのは、この裏側の凹みの位置が左右で微妙に違いまして、



右側は凹みの位置でフレームのスタッドとドンピシャなのですが、左側はほんの少し下にズレているので鉄板の穴をヤスリで
上に拡げています。



んで、切断面の処理ですが作業途中の写真を撮り忘れたので、以前にやったコチラコチラの記事をご覧下さいw



小物パーツは全てブルーイングです。ブリーチとかは見えるトコだけですけど(;^_^A



インディの液を使いました。純正パーツのスは出来るだけ消したのですが、ちょっと多すぎてほんのちょっと残っちゃいました(´・ω・`)
亜鉛パーツは手間を掛けて仕上げれば見た目的に社外品にも負けないと思いますが、スが多いと厄介ですね・・・



さてさて、残るは塗装のみなのですが・・・

非常に寒い!!! 今回は黒鉄で仕上げる予定なのですが、暑くて湿度が高い時はもちろん寒すぎる時もカブったりするんですよね・・・

そこで今回、秘密兵器を導入しました♪


こちらです!!!





( ゚д゚) ・・・


あれ・・・? 写真間違っちゃたかな??


あぁ、これでいいんだww

こちら、山善というメーカーのYD-180という食器乾燥機なのですが、その真の姿は塗装乾燥機なんです!(`・ω・´)
その証拠に、ほら。(カスタマーレビューをご覧下さいw)

埃が気になる温風式と違い自然対流式ですので、塗装の強制乾燥用にピッタリ♪
加工箇所に使用した接着剤やパテの硬化・ヒケ加速にも!!


もちろん、先日加工したスライドもこの中にブチ込んで強制乾燥させてます♪
まぁ、それでも加工箇所は数ヶ月~数年するとヒケてしまったりするかも知れませんが、何もしないよりはマシかな!?

  


Posted by あじゃ  at 00:15Comments(22)デトニクス

2014年01月15日

デトニクス フロント周り加工

リアサイト取り付けに続いてフロントサイトの取り付け・・・

の前に。

ご依頼者さまから、スライドの刻印を消した上でウィルソンのセンチネルのようなイメージでスライド前方に段差を付けて欲しいと。
ただし、セレーションに合わせて直角に。


平ヤスリでシコシコしこしこシコシコ・・・


こんな感じに!





もちろん反対側も・・・



それほど肉厚に余裕があるわけではないので、ほんの少しではありますが、まぁ一応は段差に見えますよねw



んで、フロントサイト取り付けに取り掛かります。

取り付けるフロントサイトはMEUのモノ。





糸ノコと三角ヤスリを駆使してこのようなアリ溝を彫りました。



現物合わせで慎重に調整し・・・



ピッタンコ!!



削り過ぎてガバガバになることもしばしばありますが、今回は奇跡的に一発で決まりましたww



スライド側の加工はこんなところですかね。





次回はフレーム側の加工です♪  


Posted by あじゃ  at 00:44Comments(10)デトニクス

2014年01月12日

デトニクスカスタム開始~♪

ご依頼品のデトニクスカスタムを始めます!

一緒に送って頂いたパーツを組み込み。

タニオコバの3ホールトリガー
KMのスクエアハンマー
PDIのリコイルプラグとリコイススプリングガイド
マルイMEUのサムセフティ
ハイキャパ用のロングスライドストップ



作動チェック。特に問題は無さそうです~


以上で完成!!!ヽ(´▽`)ノ



・・・え? それで終わりじゃないって・・・?


そりゃそうですね失礼しましたwww


今回はマルイナイトウォーリアのリアサイトを付けます!!


まず、サイトの邪魔な突起等を削り落とし、取り付けやすくしておきます。







次に、スライド後方の斜めの面を水平に削ります。





リアサイトの前後にABS板を接着。





そして、はみ出した部分を削ればこの通り!!



元のリアサイトの溝もABS板で埋めました~



ただ、このままだとリアサイトを固定できないので・・・

こんな形状に。





真上から見るとこんな感じになってます。





リアサイトをこの位置に乗せて、





横にスライドします。





んで、サイト付属のネジで固定。





さてこのリアサイト、10-8風ですがイマイチかっこ良くないので・・・

ドットを削り落として、50LPIの横セレーションを入れました♪



面取りなんかも追加してみました~



次回はフロント側の加工です!
  


Posted by あじゃ  at 00:17Comments(16)デトニクス