2008年10月10日

MP5KA1⑥メカボ内部(後半)

昨日の続きです。


ピストンは、バレルが長い場合はある程度(ノーマル程度)の重さが
あったほうが初速が安定しますが、クルツくらいの短いバレルの場合は
軽量ピストンでも初速の安定性には影響がないみたいです。

逆にピストンスピードが上がるなどの効果を得られるため、このように
ノーマルピストンを加工して軽量化します。



上面にポコポコ穴を開け、ピストンヘッドを止めるウェイトも取り外して
M3皿ネジ+ナットでピストンヘッドを固定します。
ピストンの下側、ラックギアの左右にも穴を開けるとさらに軽量化できますが、
強度が落ちるのでやってません。


ピストンヘッドは社外品がたくさんありますが、ノーマル加工で十分です。
いわゆる後方吸気化するわけですが、ネットでよく見られる前面に穴を
開ける方法ではなく、真ん中の穴を深くして、その穴の内側から放射状に
穴を開けています。



この方法だと、シリンダーヘッドのゴムを痛め難いのでお勧めです♪
(前面に穴が開いてるタイプだと、そこからゴムが千切れる場合も・・・)


最後は小ネタ・・・
タペットプレートのスプリングに、ちょうど良い太さ(動きを阻害しない程度)の
ゴムチューブを被せると、作動時のビヨーンという音を軽減できます。




昨日の内容と合わせてこのような加工を行い、当時元気だった9.6Vの
500ARで秒間約27発、8.4VのRC2400で秒間約30発出てましたヽ(´ー`)ノ

でも、ずっと放置しちゃったからバッテリー死んでるだろうなぁ~(;´Д`)





同じカテゴリー(MP5)の記事画像
MP5SD6 ハイサイクル
MP5A4 迷彩カスタム その2
MP5A4 迷彩カスタム
MP5KA1⑤メカボ内部(前半)
MP5KA1④メカボックス
MP5KA1③バッテリー&FET
同じカテゴリー(MP5)の記事
 MP5SD6 ハイサイクル (2010-10-16 01:34)
 MP5A4 迷彩カスタム その2 (2009-10-05 01:19)
 MP5A4 迷彩カスタム (2009-10-04 02:05)
 MP5KA1⑤メカボ内部(前半) (2008-10-09 01:29)
 MP5KA1④メカボックス (2008-10-08 00:56)
 MP5KA1③バッテリー&FET (2008-10-07 00:35)

Posted by あじゃ  at 02:17 │Comments(0)MP5

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。