2014年05月11日

Colt Grizzly製作開始!

今回は、これまた同時進行中のモノになります。





メダリオンが無いのはご愛嬌♪(ちゃんと別にありますのでご安心をww)

KSCのColt キングコブラです。HW製。割りと古い製品ですが、かなり良く出来てますねコレ♪
今回のはご依頼品ですが、自分用にも欲しくなって来ちゃいましたw


さて、タイトルにもあるように今回は仕上げ直しだけではなく、Grizzly(グリズリー)にします!!


グリズリーとは、キングコブラのVフレームにパイソンのバレルを取り付けたもの・・・

らしいのですが、ぶっちゃけ私もご依頼頂くまで存在すら知りませんでしたww


実銃はこんな感じになります。



ベンチレーテッドリブ付きのバレルにマグナポート、ノンフルートシリンダー・・・

めっちゃカッコいいですやん!!



・・・と言う事で、早速取り掛かります!!(`・ω・´)


ですがその前に。

KSCのキングコブラ(というかVフレーム)はフレーム右側のピン頭がこのようにモールド再現になってます。





後々の仕上げを考えると厄介ですし、そもそもリアルじゃないので穴を開けちゃいます!



後で適当にピンを作って入れる予定。



続いてこのキングコブラの6インチバレルを・・・





根元から1/3ほど残し、インサートはそのままバレルをカット! 残した1/3のバレルも外径をΦ14くらいまで削ります。





そして、パイソンバレルのドナーとなるのは、タナカのガスガン。



加工前の写真撮り忘れました・・・(;^_^A
HWモデルのバレルのみを使います。上の画像はすでに刻印を埋めて溶きパテを塗った状態。



バレル根元はフレームに入り込むリブがありましたが、スパッと切り落としてます。





タナカパイソンはフロントサイトのピンが2本のタイプですが、グリズリーはキングコブラと同様に1本ピンなので
前側を埋めます。





このバレル、根元付近は内径Φ15くらいあるのですが、先端に行くほどどんどん狭くなっており、そのままではインサートの
幅がつかえて入りません。

そこで、Φ14の長いドリルでライフリング手前まで内径を拡張。



組み合わせた状態は後のお楽しみという事で♪



次に、マグナポートを開けました。





・・・が、ちょっと大き過ぎたのでこの後修正してます(;^_^A



お次に刻印!

例の如くPCで刻印データを作成し、印刷してセロテープで貼り付け。





彫り終わりました!!





反対側のアドレス刻印も彫りました~





・・・と、ここまで駆け足で紹介してきましたが、作業自体はここまでで2週間くらい掛かってます(;^_^A

でも、まだまだ続きますよっ!!






同じカテゴリー(Colt Grizzly)の記事画像
Colt Grizzly 完成!!
Colt Grizzly 再び開始!
Colt Grizzly ついに完成!!
Colt Grizzly 小物パーツ仕上げ
Colt Grizzly ビッグラッチとお馬さん
Colt Grizzly シリンダー加工
同じカテゴリー(Colt Grizzly)の記事
 Colt Grizzly 完成!! (2015-06-08 19:05)
 Colt Grizzly 再び開始! (2015-05-11 00:06)
 Colt Grizzly ついに完成!! (2014-06-24 00:25)
 Colt Grizzly 小物パーツ仕上げ (2014-06-20 23:35)
 Colt Grizzly ビッグラッチとお馬さん (2014-06-01 23:37)
 Colt Grizzly シリンダー加工 (2014-05-30 00:53)

Posted by あじゃ  at 01:17 │Comments(26)Colt Grizzly

この記事へのコメント
あじゃさま、こんばんは!

刻印スゴイです! そして、これだけのネタを、こんなに駆け足というのもスゴイっす!!
あと、わたくし剥き出しのバレルインサートって、はじめて見ました。
Posted by Virna at 2014年05月11日 01:44
ゲゲゲゲのゲーーーーー!!!
Posted by sirokuma at 2014年05月11日 02:15
二週間でこれだけの刻印を入れるっていったい・・・

他にも作業しているし・・・
Posted by Wica at 2014年05月11日 02:24
ビッグバンイパクトにワタクシ、ブレーカー落ちちゃったっすw

コリャ~ なんというか完成が楽しみですね、コリャスゲェ、すげぇぇぇぇ・・・

メダリオンは自作とかしちゃうんでしょうか?
エジェクターロッドの入るカットも、あえて実銃と同じでパイソンのマンマっすか?

 ヒヘヒヘヒヘッ・・・もう、心臓がバクバクしてるんすケド~~~~~~~
Posted by sirokuma at 2014年05月11日 02:33
あじゃさんお早うございます!

プハハー!!(*^^*)これ見た瞬間sirokumaさんが悶絶するべーと即座に思っちゃいました!
やっぱり悶絶してるようで(*^^*)

随分掛け持ちでやってるんですねぇ~(^_^;)。今同時進行中なのはいったい何挺なんでしょ?
Posted by inspector71 at 2014年05月11日 07:07
あっ!!、ヘビじゃない!!
こんな銃、全然知らなかった、マニアックですね~!!!
刻印も、文字だけでなく、マークまで!!凄すぎです。

オラリボニストさん、キングコブラもぜひ入手してください(笑)。
Posted by ta-93s at 2014年05月11日 07:58
オハヨーございまぁす(^^ゞ

あれれ、・・アタイこんなん頼んでないんですけど(´゚д゚`)って如何にも拙者好みやなw・・・

と云うよりもー、最近は刻印彫りもサラッと春風の如く、たった2,3行の説明だけで・・凄いっ!!
と云うよりも其の弐、・・2匹の毒蛇足したらその答えがなんで「熊」さんなんですか??(?_?)??・・・

期待してまっす(^o^)/
Posted by 今夜の用C棒 at 2014年05月11日 08:40
>Virnaさん
こんにちは!

>刻印スゴイです! そして、これだけのネタを、こんなに駆け足というのもスゴイっす!!

最近忙しくてなかなか記事を書く暇が無くて、記事スタートが遅くなっちゃいました(;^_^A

>あと、わたくし剥き出しのバレルインサートって、はじめて見ました。

私もです!
しっかりと、フレームと一体のバレルにインサート成型されてましたよ〜♪
長さもそのまま、きっちりインサート残します!!
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:01
>sirokumaさん
鬼太郎!!
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:03
>Wicaさん
こんちは!

>二週間でこれだけの刻印を入れるっていったい・・・

一回目の刻印自体は2日で出来ます♪
が、バリが残ってるのでその後サフを吹いて再度彫ったりシコシコしたりを繰り返します〜

>他にも作業しているし・・・

一つだけだと飽きちゃうんですよねw
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:06
書き忘れましたー

グリズリーは、ワタシもブログにチラッと書いてますが、
キングコブラのエンハンスドと同じで、シリンダーラッチが「デカい」です

あじゃさんならば、気付いていると思うんですけど、
何気に気付かないレアポイントなんで、念の為に書いてみました
(本当は自分がそのこと見つけたの自慢したいだけーあはははは)
Posted by sirokuma at 2014年05月11日 14:06
でた~!  グリズリー!
ウチにも以前、特注依頼の話がありまして、資料収集とかしたのですが
どっかのメーカーがモデルアップしても良さげなカッコ良さですよね!
ただエジェクターロッドの納まり感が、これでコルト純正品って感じ…(笑)

これって6inchモデルしかないんですかね?  
4inchでやりたいな~ なんて思ってました。
Posted by Take.RTake.R at 2014年05月11日 14:09
>sirokumaさん
こんにちは♪

>ビッグバンイパクトにワタクシ、ブレーカー落ちちゃったっすw

前にチラッと言ってたのがこちらです♪
予想と違いました?( ̄ー ̄)

>メダリオンは自作とかしちゃうんでしょうか?

いえ、ご依頼さまから他の何用か分かりませんが、メダリオンは受け取ってますー色は塗らないとですが。

>エジェクターロッドの入るカットも、あえて実銃と同じでパイソンのマンマっすか?

もちろんです!
あ、奥の穴は埋めますけど♪

>ヒヘヒヘヒヘッ・・・もう、心臓がバクバクしてるんすケド〜〜〜〜〜〜〜

完成時に麻痺起こさないで下さいねw
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:13
>inspector71さん
こんちはー!

>プハハー!!(*^^*)これ見た瞬間sirokumaさんが悶絶するべーと即座に思っちゃいました!

sirokumaさん記事でもチラッと名前が出てましたので、私もそう思ってましたw

>今同時進行中なのはいったい何挺なんでしょ?

M1910、M686と合わせて3丁ですね〜
大体いつも、2〜3丁並行して弄ってます!
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:16
またしてもリボルバーでうれしいです。
いつもながらモニタで見てるとごく軽い作業に見えてしまいますが
とても難しい作業の連続ですね。発想の時点でかなりの荒技というか
あじゃさんだからできる技が多くて驚嘆の連続です。
フレーム側に残したバレルをφ14で残すのって実際にはどうやっているんですか?
Posted by ろりんざー at 2014年05月11日 14:19
>ta-93sさん
こんにちは!

>こんな銃、全然知らなかった、マニアックですね〜!!!

やっぱりそうですよね!?
でも、GUN誌で過去2回くらい記事になってらしいです!!

>刻印も、文字だけでなく、マークまで!!凄すぎです。

今回のマークは作るのは大変でしたが彫るのは簡単でしたw

>オラリボニストさん、キングコブラもぜひ入手してください(笑)。

アルティメットシルバーの2.5インチが欲しいっす♪ 
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:23
>今夜の用C棒さん
こんちは!!

>って如何にも拙者好みやなw・・・

ですよねー!! そうだと思いましたw

>と云うよりもー、最近は刻印彫りもサラッと春風の如く、たった2,3行の説明だけで・・凄いっ!!

毎回同じような記事になっちゃうので飛ばしちゃいましたw

>2匹の毒蛇足したらその答えがなんで「熊」さんなんですか??(?_?)??・・・

何でですかね…?
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 14:29
博士、こんにちわー♪

あのぉぉぉちょっと思ったのですが、KSCのフレームにタナカのバレル繋ぎ合わせるより
KSCトルーパーMk-V、調達してきてマズㇽ部分だけ整形すれば速い&カンタン・・・駄目?・・・
但し、バレルサイドの刻印云々は無視 ! ・・・ ・・・ハイ、退場します(*ノωノ)
Posted by konatsu at 2014年05月11日 14:34
>sirokumaさん
>キングコブラのエンハンスドと同じで、シリンダーラッチが「デカい」です

はい、気付いておりますよー! Rバット愛読者ですから!!w
上手く再現出来ると良いのですが…
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 21:51
>タケさん
こんばんは!

>どっかのメーカーがモデルアップしても良さげなカッコ良さですよね!

やるとしたらKSCなんでしょうけど、そんな気配は微塵もありませんねw

>ただエジェクターロッドの納まり感が、これでコルト純正品って感じ…(笑)

それでこそコルトww

>4inchでやりたいな〜 なんて思ってました。

確かに6インチの画像しか見ないですね…
でも、私は2.5インチでやってみたい気もします♪
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 23:23
>ろりんざーさん
こんばんは!

>またしてもリボルバーでうれしいです。

うっす! おらオラリボニ・・・ぐはぁw

>発想の時点でかなりの荒技というかあじゃさんだからできる技が多くて驚嘆の連続です。

恐れ入ります!!
い、一応、仕上げの事とかも考えて一番楽な方法を選んではいるのですが…ww

>フレーム側に残したバレルをφ14で残すのって実際にはどうやっているんですか?

元のバレルの太さがφ19程なので、片側2mmずつ削って最初は四角形に、次に角を削って八角形にして、最後に丸く削ります。
でも、記事にも書きましたがバレルの内径はφ15なので、細めにしといてあとで接着する時に調整する算段なので、割りと適当で大丈夫です♪
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 23:31
>konatsuさん
こんばんは!

>KSCトルーパーMk-V、調達してきてマズ?部分だけ整形すれば速い&カンタン・・・駄目?・・・

トルーパーだとメッキ品になっちゃうので、やるとしたらピースキーパー?
ですが、アンダーラグを取り付けるのも面倒そうなので、実銃と同じようにパイソンバレルにしました♪
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月11日 23:41
こんばんわ~。

また出遅れた...
私は某所でのta-93sさんの影響でパイソン弄ってました。
何の変哲も無いペガサスのパイソン2.5インチが完成しました♪

グリズリーなんてモデルあるんですね。
全く知らなかったです。

でも、パイソンバレルにマグナポート、ノンフルートシリンダーは確かに格好良い!

ってか、今回も手間が掛かってますよね~。
バレル加工の辺りでも大変そうだな~と思いますが、刻印も含めて今回はサラッと
記事にされてますね。
しかもこれだけの事を3丁同時進行中に2週間でやっちゃうとか...

続報楽しみにしております♪
Posted by とも at 2014年05月12日 20:57
>ともさん
>全く知らなかったです。

やっぱりそうだよね~? 実銃でも500丁限定なんだとか。KSCみたいww

>バレル加工の辺りでも大変そうだな~と思いますが、刻印も含めて今回はサラッと
>記事にされてますね。

みんな飽きたかな~と・・・ww

>しかもこれだけの事を3丁同時進行中に2週間でやっちゃうとか...

G/Wにあちこち行ってなければもっと進んだけど(;^_^A
Posted by あじゃあじゃ at 2014年05月13日 10:39
あじゃさん こんばんは

これはとってもレアモノですね
熊さんの足跡はキングコブラの蛇頭ロゴの影響かな?
コルト自社企画限定品ではなくて、大手ディーラーの注文でコルトカスタムショップが造った限定モノらしいですね
リボがMkⅢ、MkⅤモデルに生産移行後もパイソンには熱烈なファン、フェチ、信奉者がいましたから
Vフレームにパイソンのバレルを取り付けたものが生まれたわけですね
ネット上にはコルトの試作品とおぼしき「パイソンMkⅢ」の刻印モデルもありますが~
製品化された最初はMkⅢ(鉄フレーム)にパイソンバレルをつけた「ボア(BOA)」でしょう
コルトブルーの最後期を飾ったモデルの一つとして気になるモデルです
後が続かなかったのはパイソンの鉄バレルの在庫がなくなったからか?
手間のかかるパイソンの生産がステンレス・パイソン含めてカスタムショップ生産品になったことで
逆に特注品の受注販売が容易になって、そして生まれたのがグリズリー ~ なんて想像します
マグナポート加工の評判がよかったのか?~ アナコンダのカスタム品 「コーディアック」にもポートがつきました
Posted by ないとあい at 2014年05月13日 19:26
>ないとあいさん
こんにちは〜

BOAは1985年、GRIZZLYは1994年だそうですね。
GRIZZLYは明らかにエジェクターロッドの収まりが合ってないパイソンバレルなのですが、BOAはその辺が合ってたりマズル形状も違ったりでパイソンバレルっぽくないんですよね〜
Posted by あじゃ at 2014年05月14日 10:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。