2014年11月27日

Colt Python 2.5インチ 完成!

Colt Python 2.5インチ、前回記事の翌日の事。

実は下地塗装の後、すでに銃Ⅰ+銃Ⅱを3:1でブレンドして上塗り塗装、そしてウレタンクリアーも吹いて乾燥済みの状態でした。

そしてウレタンクリアーの表面を研ぎ、コンパウンドでシコシコした後にフレーム上面などを艶消し黒で塗装するために
側面部分をマスキングテープで保護して塗装を終え、テープを剥がした瞬間・・・



悲劇が起こりました。(((( ;゚Д゚)))



こちら側は綺麗♪





しかし反対側が・・・



うぎゃぁあああああああああああ

ウレタンクリアー層が浮いてしまいました~(TДT)

実はマスキングする前にリアサイトのピンを入れてみたところ、ウレタンクリアーの厚みできつくなっていたので、
丸やすりで内径を拡げてたんです。その後、コンパウンドの油分を落とす為に中性洗剤で脱脂洗浄。
その時点で穴の縁のウレタン層が浮いていたのでしょう、マスキングテープで引っ張られて浮いてしまったと。

ウレタンクリアーって意外かも知れませんが下地に優しい・・・逆に言うと食い付きが悪いんですね。
なので、下のラッカー塗装が完全硬化する前にウレタンクリアーを吹いた方が良いと公言するメーカーもあります。


こうなってしまうと部分的なタッチアップでは誤魔化せないので、シンナーに漬けて下地からやり直しか・・・と
肩を落としていましたが、物は試しとガムテープでペタペタとやってみたところ、ウレタン層だけを剥離することに
成功! 上塗りへのダメージも若干ありましたが下地からやり直すよりはよっぽど楽チン○♪

という事でピン穴を予め拡げ、再度上塗りのみ吹いて、触感乾燥程度でウレタンを吹いて仕上げ直し完了!!





前置きが大変長くなりましたが、今回は細部から見ていきましょう♪

CAW製2.5インチアルミバレルはこんな風になりました~



バフダレを再現すべく、エッジを丸めてます。
いや、丸めると言う表現は正確ではなく、縁の部分に向かってヤスリを徐々に斜めにするイメージ。(余計に分かり難い)



のっぺらぼうだったバレル右側にはアドレス刻印を手彫りで追加。



さすがにアルミ相手だと細い線でしか彫れず、一部ウレタンで埋まりかけていますがご容赦の程を・・・



マズル部分。



段差のR加工、ライフリングもイイ感じ♪



マズルからフレーム上面は艶消し黒です。



フロントサイトは表面が凸凹してたのでシコシコしてブルーイング、リアサイトは綺麗だったのでそのままです。



艶消し黒はクレーン内側も~





トリガーガードの刻印も手彫り。



今回、konatsuさんからトリガーとハンマーは本体と違う仕上げにして欲しいとのご要望で、通常パイソンならトリガーは
真っ黒、ハンマーはサイドポリッシュとなりますが、敢えてケースハードン調にしてみました♪



そのハンマーはチェッカリングを立て直しております。





お約束の個人的萌えポイントである、トリガーガード。



エ・・・エロいwww



クレーンとフレームの合わせ。



ココは元からピッタリなんですが、塗装の場合は塗膜の厚さを考慮して擦り合わせておく必要があります。
削り量はいつも勘でやってますが、上手く行ったようです♪



そしてグリップの合わせ。





まだちょっとフレームの方が大きいですが、これ以上削るとフレームが折れそうなのでコレ位で・・・



リアサイト後ろのフレームラインも修正しましたね~





ファイアリングピンの穴には2mmのボールベアリングを入れてみました。



インサートの関係でこれ以上奥に入らないので少々出っ張ってますが、これもご愛嬌ということで(;^_^A
シリンダー(のダミーリム)には干渉しないので、作動には影響ありませ~ん。



ダミーリムと言えば、リムとリムの橋渡し部分の金メッキを削り取り、ブルーイングして目立たなくしてみました。



何気にコレも細かい作業でした~(;´Д`)



そして今回の写り込み!





最後になりましたが、縦構図で全体を!!











そして、最後の最後にグリップをイーグル製に交換!!





どちらのグリップでもラインはほぼ合ってるので、着せ替えOKです♪



今回も画像多くなってしまいました~ 最後までご覧頂き、ありがとうございました♪








同じカテゴリー(Colt Python)の記事画像
Colt Python 2.5インチ 進捗など
Colt Python 2.5インチ スタート!
Colt Python 6in. 美麗画像♪
Colt Python 6in. 完成!
Colt Python 6in. 形状修正
Colt Python 6in. 仕上げ直しスタート!
同じカテゴリー(Colt Python)の記事
 Colt Python 2.5インチ 進捗など (2014-11-19 18:21)
 Colt Python 2.5インチ スタート! (2014-11-01 17:22)
 Colt Python 6in. 美麗画像♪ (2012-10-25 07:03)
 Colt Python 6in. 完成! (2012-10-14 01:42)
 Colt Python 6in. 形状修正 (2012-09-01 00:11)
 Colt Python 6in. 仕上げ直しスタート! (2012-08-21 00:12)

Posted by あじゃ  at 10:14 │Comments(14)Colt Python

この記事へのコメント
おはようございまぁぁぁぁぁす(^^ゞ

「あじゃ」博士、今回も本当にありがとうございます<(_ _)>

毎度毎度の台詞ですが、痒いところ以上に感じないところまで掻いて戴きましてm(__)m本当に嬉しゅうございます!(^^)!

>一部ウレタンで埋まりかけていますがご容赦の程を・・・ ・・いえいえ滅相な勿体ないお言葉(;O;)・・・って痺れなど完治されましたかぁ~w・・・

廉価なマーブル調プラグリップですが、「エロ艶」塗装との色相性もピッタリでまさに「こんなん持ってへんやろ ! パイソン」誕生でございます(涙)

キンコブ君2.5インチと「エロ艶」コンビになりましたが、DB加えてトリオにしたいです、快くお譲りくださいませ、あじゃサマ<(_ _)>
Posted by konatsu at 2014年11月27日 10:55
キャーーーーー
ウレタン浮いたんですね…  
コレ、当方も経験済み…  ショック死しそうになりますよね…(笑)

そんな、苦境を乗り越えての完成おめでとうございます!

今作もエロエロですね~

トリガー&ハンマーの仕上げはグリップとのマッチングが絶妙ですね!
Posted by Take.RTake.R at 2014年11月27日 14:37
こんばんは!

短いパイソンにケースハードン&プラグリが似合いますね!
しかもグリップの状態が新品同様みたいですね。

イーグルのハーフブーツのバランスも良いですし。
こんな感じに仕上がるとは…オーナー様が羨ましいですwww。
Posted by オフ at 2014年11月27日 18:10
あじゃさんのえっ〇ぃ~!!(笑)
見事に復活!!、完成おめでとうございます。
今回もエロいぬめぬめ感ですね~。
バフダレの表現もお見事です。
トリガー、ハンマーのケースハードンってのも新鮮で素敵ですね。
Posted by ta-93s at 2014年11月27日 20:46
あじゃさん、こんばんは。

いいな、松ぼっくりみたいなハンマーが、素敵です。

松ぼっくりハンマーが、ほしいよ~~~~~~。
Posted by sizu at 2014年11月27日 23:16
こんばんわ~。

痛手からの復活&完成おめでとうございます♪
今回のもやっぱり綺麗ですね~。
このヌメヌメ感こそ“パイソン”って感じですよね。
ケースハードゥンのトリガー、ハンマーも違和感なく良い感じですね。
本当にkonatsuさんが羨ましい限りです。
Posted by とも at 2014年11月28日 02:37
>konatsuさん
こんにちは!

>今回も本当にありがとうございます

こちらこそ、いつもありがとうございます♪

>痒いところ以上に感じないところまで掻いて戴きまして

ピンク色のマッサージ屋さんみたいww

>痺れなど完治されましたかぁ~w・・・

もう大丈夫です~w

>廉価なマーブル調プラグリップですが、「エロ艶」塗装との色相性もピッタリでまさに「こんなん持ってへんやろ ! パイソン」誕生でございます(涙)

konatsuさん好みに仕上げる事が出来て良かったです♪

>DB加えてトリオにしたいです、快くお譲りくださいませ

それは無理wwwww
Posted by あじゃあじゃ at 2014年11月28日 15:52
>タケさん
こんにちは♪

>コレ、当方も経験済み…  ショック死しそうになりますよね…(笑)

タケさんもやりましたか! いつもマスキングテープを貼る前に粘着力を弱めようと
腕とかに貼ったりしてるんですが、今回は乾燥しててあまり弱くならなかったのかも・・・

>そんな、苦境を乗り越えての完成おめでとうございます!

2日でリカバリー出来たので助かりましたわ~~

>トリガー&ハンマーの仕上げはグリップとのマッチングが絶妙ですね!

でしょでしょ!! 狙い通りに仕上がって良かった!ヽ(´ー`)ノ
Posted by あじゃあじゃ at 2014年11月28日 15:57
>オフさん
こんちは!!

>短いパイソンにケースハードン&プラグリが似合いますね!

あじゃーっす! って私のじゃないや~~w

>しかもグリップの状態が新品同様みたいですね。

新品ですね。たぶんリプロだと思いますが・・・

>こんな感じに仕上がるとは…オーナー様が羨ましいですwww。

あじゃーっす! ってだから私のじゃないんだった~~w
Posted by あじゃあじゃ at 2014年11月28日 16:21
>ta-93sさん
こんちは!

>あじゃさんのえっ〇ぃ~!!(笑)

おっぱっぴ~? 意味が分かりませんね・・・

>見事に復活!!、完成おめでとうございます。

あじゃーーっす!!

>バフダレの表現もお見事です。

ココ、丸め方間違えるとボブチャウになっちゃうので注意が必要ですw

>トリガー、ハンマーのケースハードンってのも新鮮で素敵ですね。

ちょっとドキドキでしたが、意外と好評で良かったw
Posted by あじゃあじゃ at 2014年11月28日 16:24
>sizuさん
こんにちは~!

>松ぼっくりハンマーが、ほしいよ~~~~~~。

パイソンご購入でもれなく付いてくると思いますww
Posted by あじゃあじゃ at 2014年11月28日 16:25
>ともさん
どもども~♪

>痛手からの復活&完成おめでとうございます♪

ウレタンが浮いた瞬間はこの上なく落ち込んだけど、翌日には気を取り直して
仕上げ直しに取り掛かったよ!

>今回のもやっぱり綺麗ですね~。

ありがとう!!

>このヌメヌメ感こそ“パイソン”って感じですよね。

だよね♪ だからパイソンはより気を遣うんだ~(;^_^A

>ケースハードゥンのトリガー、ハンマーも違和感なく良い感じですね。

良かった! 染めるのは簡単なんだよねw
Posted by あじゃあじゃ at 2014年11月28日 16:28
塗装作業って難しそうですね(>_<)デリケートな心配りが必要な作業ですね(^-^;)塗装の後でパーツが入るので神経もかなり使いそうですね(^-^;)
Posted by 斉藤ー at 2015年02月10日 14:31
>斉藤一さん
そうですね~~
Posted by あじゃあじゃ at 2015年02月12日 13:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。