2009年05月24日

ワートホッグ・エンジン調整その1

今回は3インチ化に伴う、エンジンの調整をご紹介します♪

SCW(ハイスペック)のエンジンは極限まで伸ばされたローディング
ノズルによるロングストロークが特徴のひとつですが、コマンダーや
コンパクト系のスライドストロークには長過ぎて、そのままでは
スライドを引き切った時でもローディングノズルがチャンバーから
離れず、カラ撃ちは出来ても装填する事が出来ません。

そのため、このようなスペーサー(?)が、




ローディングノズルに、




このようにセットされ、8.5mm程エンジンのストロークを短くしています。




更にスライドストロークが短い3インチでは、エンジンのストロークを
より短くする必要があるため、このように長い(+5mmで13.5mm)
スペーサーを自作して、




このようにセットします。




これでやっと、スライドを引き切った時にローディングノズルが
チャンバーから離れるため、装填出来るようになります。


実はコマンダーやコンパクト系のように8.5mm短い時点でRタイプの
エンジンストロークとほぼ同じで、13.5mmも短い3インチでは
もはや、SCW(ハイスペック)エンジンを使う意味がないのですが…

ベースにしたウィルソン・プロフェッショナルのスライドが
SCWエンジン専用タイプなので、仕方なく使っております(;´Д`)





同じカテゴリー(ワートホッグ)の記事画像
ワートホッグ1号機 リニューアル完成!
ワートホッグ1号機 スライド刻印とか
ワートホッグ1号機 ノッチ加工とか
ワートホッグ1号機 セレーション加工
ワートホッグ1号機 スライド製作開始!
ワートホッグ1号機 グリップセフティ修正
同じカテゴリー(ワートホッグ)の記事
 ワートホッグ1号機 リニューアル完成! (2016-03-27 23:53)
 ワートホッグ1号機 スライド刻印とか (2016-03-21 15:56)
 ワートホッグ1号機 ノッチ加工とか (2016-03-18 22:08)
 ワートホッグ1号機 セレーション加工 (2016-03-13 21:03)
 ワートホッグ1号機 スライド製作開始! (2016-03-11 18:34)
 ワートホッグ1号機 グリップセフティ修正 (2013-11-18 00:05)

Posted by あじゃ  at 02:08 │Comments(0)ワートホッグ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。