2016年09月28日

エキスパートピストル ハイブリッドコンプ加工

取り敢えず出来上がったハイブリッドコンプ部のバレルへの取り付けは、接着とネジ止めを併用する事にしました。



後ろ側は元々空いてるスリットの奥、前側はスライド引いても露出しないあたりに穴を追加し、M3の皿ネジで固定。

接着はジーナスのアルミパテですので、もう二度と取れませんww





イイ感じに付きました♪



前側の大きいRに合わせた部分。





逆に小さいRの後ろ側。



どちらもピッタリ出来ました!!



スライドに合わせてみたところ。




若干幅方向の隙間がありますが、塗装もするし作動上どうしても必要なので・・・



最後にマグナポートを加工。



本物がどんなのか鮮明な写真が見つからなかったので、想像で5mmの貫通穴に8mmで座ぐって球Rを
付けてみました。8mmの座グリはもうちょっと浅くても良かったな・・・

まぁ、均等に開けられたから良しとしましょう!!



スライド側の加工はコレで完了、次回からはフレーム側ですが、ご依頼品を先に仕上げなきゃ!!










同じカテゴリー(Hybrid Comp 6.0 / RMR )の記事画像
エキスパートピストル ハイブリッドコンプ RMR載せ 完成!!
エキスパートピストル パーツ加工&仕上げ
エキスパートピストル スライド加工の続き その3
エキスパートピストル スライド加工の続き その2
エキスパートピストル スライド加工の続き
WA インフィニティ エキスパートピストル6.0
同じカテゴリー(Hybrid Comp 6.0 / RMR )の記事
 エキスパートピストル ハイブリッドコンプ RMR載せ 完成!! (2016-11-18 19:36)
 エキスパートピストル パーツ加工&仕上げ (2016-11-12 17:37)
 エキスパートピストル スライド加工の続き その3 (2016-09-25 18:20)
 エキスパートピストル スライド加工の続き その2 (2016-09-15 23:00)
 エキスパートピストル スライド加工の続き (2016-09-09 19:05)
 WA インフィニティ エキスパートピストル6.0 (2016-09-07 18:20)

Posted by あじゃ  at 00:19 │Comments(12)Hybrid Comp 6.0 / RMR

この記事へのコメント
あじゃさん、こんばんは♪

もはや人間業では...凄まじ過ぎて、言葉になりません。
Posted by butchbutch at 2016年09月28日 01:48
これが手加工だなんて、ありえません・・・
あじゃさん絶対手がドリルのハズ!w
Posted by たー at 2016年09月28日 09:35
>butchさん
こんばんは!

>もはや人間業では...凄まじ過ぎて、言葉になりません。

恐れ入ります(;^_^A 苦労した甲斐がありました!!
Posted by あじゃあじゃ at 2016年09月28日 17:12
>たーさん
こんにちは! って、あのたーさん?(←どのたーさんだw)

>加工だなんて、ありえません・・・
>あじゃさん絶対手がドリルのハズ!w

バレちゃいましたかー?
最後の写真は私の右手です。(嘘
Posted by あじゃあじゃ at 2016年09月28日 17:14
神業!
Posted by Wica at 2016年09月29日 02:06
>Wicaさん
恐れ入ります!!
自分のなんで、じっくりゆっくり仕上げます♪
Posted by あじゃあじゃ at 2016年09月29日 10:51
いやいや、、、これ、手加工って・・・・。
工作精度が高過ぎてNCも真っ青!!
これじゃいくら、人間と言っても信じませんよ~(笑)
Posted by ta-93s at 2016年09月29日 23:49
>ta-93sさん
>工作精度が高過ぎてNCも真っ青!!

いやいや、ピッタリ♪とか言いながら実は少し隙間から接着剤見えますでしょ?
だからこそ接着剤併用した訳でして、やっぱり手加工ならではなんですよw

>これじゃいくら、人間と言っても信じませんよ~(笑)

会った事あるじゃないですかww
Posted by あじゃあじゃ at 2016年09月30日 11:14
いいですねー
正に良い仕事は地道な作業の積み重ねですね。
ポートの形状再現の為の リューターのポイントの使い方、勉強になります。
再現の発想するのが楽しいですよね。(^-^)
Posted by yotaka at 2016年10月01日 00:49
>yotakaさん
>正に良い仕事は地道な作業の積み重ねですね。

ですね!

>ポートの形状再現の為の リューターのポイントの使い方、勉強になります。

砥石ビットはダイヤモンドやすり当てながら回すと割と簡単に削れるので、安いビットを今回みたいに専用形状にする事もしばしばです。

>再現の発想するのが楽しいですよね。(^-^)

どうやったら出来るかなー?って考えて、その通りに作業が進むと小さくガッツポーズしたりしますw
Posted by あじゃあじゃ at 2016年10月01日 03:05
ARO-TEK社のカスタムグロックではありますが、ハイブリットバレルのポートの綺麗な画像がありましたので・・・

http://glock.pro/new-member-introductions/6273-new-custom-arotek-glock-23-owner.html

こんな感じですので8mmの座グリは丁度良い感じだとと思います。
Posted by Wica at 2016年10月15日 09:09
>Wicaさん
情報ありがとうございます〜♪

>こんな感じですので8mmの座グリは丁度良い感じだとと思います。

ですね!
ただ下穴については、こちらもいくつか不鮮明ながらも画像を見て思ってたんですが、もうちょい大きくても良いかも知れませんね〜
Posted by あじゃあじゃ at 2016年10月15日 10:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。