2017年01月25日

Hogwards G42 チューンナップ

先週金曜に帰国しました♪

この時期は中国の旧正月(春節)前ということで上海から東京(成田・羽田)への直行便が取れず、
関空経由便になったんですよ。んで、上海から関空へは私は初めての吉祥航空っていう会社でしたが
問題無く定刻通りに到着♪(お昼ちょい前)

乗り換えまでの約3時間、関東とは違う味のどん兵衛を堪能したり、スマホでゲームしたりして時間つぶし。

しかし・・・

関空発・羽田行きのJAL便が機材の到着遅れといって2時間以上も搭乗ゲートで待たされた挙句、

故障を理由に欠航(TДT)

他の便も満席で振り替え輸送不可(TДT)

各自、地上手段で帰れと(TДT)
(その交通費は後日JALに請求可能)


この時点ですでに18時過ぎ。仕方なく新大阪を経由して新幹線で帰りました~
乗り換え含めて関空で無駄にした6時間・・・ 何もしてないのにもの凄く疲れたよね・・・


さて!今回はHogwards G42のチューンナップ記録です。以前も色々と弄った内容を記事にしてますが、
その後自分の&友人の含めて数丁弄った経験から、効果有りと思われる内容を追加項目含めて纏めてみようかと。

長くなるので、G42に興味の無い方は読み飛ばし推奨ですww


まずは操作性やフィーリング、作動性の改善から。

お手軽なところから、スライド閉鎖時の微妙な前後ガタを止めるために、リコイルスプリングガイドが
接触するフロントシャーシ下側に、半月状にカットしたビニールテープを1枚~2枚貼ります。





マガジン挿入時に引っ掛かるので、マガジンキャッチの角を落とします。(何枚か以前の写真使い回してますw)





チェンバー後方のバリがスライドと干渉しているので、除去。





トリガーセフティのヒゲバネを細く加工し、トリガーを引いた時の引っ掛かり感を解消。





トリガーの左右ガタが酷いので、外径5mm内径4mmの真鍮パイプをぶち込みます。





スライドストップは角を面取りして、手動操作時にスライド側面に傷が付かないように。





強すぎるハンマースプリングは丸い部分を少しずつ内側に曲げて弱めてあげます。



ただし、乾燥機で40℃前後に温めたマガジンでもバルブが叩ける程度の強さは確保しておきます。
ちなみに、90度に曲がってる部分を曲げようとするとあっさり折れますのでご注意を!



これはちょっと面倒ですが、ハンマーを削ってスムーズに作動するように、それとノズル後退時に
引っ掛かりにくくしてあげます。





組むとこんな感じ。





これに付随して、スライド側のハンマーコッキングプレート?も削ります。





ノッカーの下面にパーティングラインがあるので、スムージングしておきます。





シャーシ側のノッカーが擦れる面も磨いておきます。





スライドオープン時にトリガー引いてもハンマーが倒れないように、シャーシ右側にあるトリガーバーの
ディスコネ部分、先端が少し内側に向くように曲げます。





スライドのレール固定ネジとエキストラクター固定ネジですが、頭が内側に出っ張っていてインナーバレルガイドに
干渉し、閉鎖不良等の原因になるので、頭を一部削ります。







ついでにここのスプリング、撓んで外側に飛び出すとトリガーバーに押されて変形し、噛み込んだりするので注意が必要です。





この辺からは、耐久性向上が目的です。

このG42、発売直後からちょくちょく耳にするのがチェンバー前方のスライド割れ。



割れと言っても真っ二つになるとかじゃなく、この部分が下から押されたように盛り上がってきて、最終的には
ひび割れが発生する事例が多数・・・少なくとも私が見た個体は全てその傾向が見られました。

ちなみに2016年始め頃から別売開始されたスライド単体以降の生産品は、この対策のためと思われますが
スライド天面の肉厚が0.2~0.3mmほど厚くなってます。それでも割れますけどね・・・(´・ω・`)
となるショップさんではチェンバー上面を下げた対策アウターバレル、と記載されてますが見たところアウター
バレルは変わってないようでした。(少なくともその当時は)



まず、チェンバーカバー上面が右肩上がりになるのを改善するため、シャーシ内側右側面にABS板を貼り付け。
厚みは0.8mm前後ですかね。



ただし、これだけでは解決に至りません。


そもそも何故こんなところが下から押されたように盛り上がるのか?


アウターバレルには引きバネも付いていて、手動で動かす限りこの部分が当たったりする様子もありません。

一方でアウターバレル下面を見ると、特に後ろ側に強い擦り傷があります。

これは私の推測なのですが、ブローバックしてスライドが下がりきった後、アウターバレルとの強い摩擦で
アウターバレルごと前進し始めてしまい、スライド前進初期にチェンバー部が持ち上がり始め、結果として
本来なら干渉しないはずのチェンバー上面がスライドの問題の箇所を下から押し上げてしまうのではないか?


では何故、アウターバレル下面(特に後方)がスライドと擦れるのか?


これも推測ですが、インナーバレルが割とキッチリとフロントシャーシに固定されている為。上下のガタが少ないんです。
これ自体は命中精度や場合によっては作動性のためにも良い事であることが多いのですが、G42の場合はバレル自体が
短く、スライドを引いた時のバレルチルト量が大きいんですね。その時、インナーバレルのガタが少ない為にアウターバレルの
先端が上がる事が出来ず、後方だけが下に下がるためにスライドと擦れてしまう、と。


前置きが長くなりましたが、上記の理由からインナーバレルガイドの一部を削ります。





赤矢印の部分だけ削り、インナーバレル先端が上方に動けるガタを増やしてあげるわけです。



スライド閉鎖時はインナーバレル先端を下げる方向に力が働いてるので、上方向のガタのみなら着弾にも影響しません。
逆に、間違ってもインナーバレル先端が下がる方向にガタを増やしてはいけません。(着弾も下がっちゃいます)


アウターバレルも結構デコボコしてるので、仕上げ直しついでに研磨してあげましょう♪



ちなみにアウターバレルは亜鉛なので、亜鉛用ブルー液で染めることが出来ます。



これらの加工でだいぶ軽減されます。(スライド引いた状態でアウターバレルがフリーに動けるようになる)

・・・が!まだ足りません。それでも撃っていると例の部分に若干の盛り上がりが出来てしまう事もありました(;´Д`)


という事で、次のが最終手段!

スライド内側の薄くなってる部分に、0.4mm厚のステンレス板を貼り付け!!



ジーナスGM-8300を塗ってステンレス板を乗せ、その上に消しゴムを置いてスライドごとタイラップで締め上げ、
出来るだけ密着するように接着しました。



スライドの肉厚が増えたので、ホップ最弱ではホップアームが上がってチェンバーが下がらなくなった場合に
作動しなくなる恐れがあるので、ホップアームを一旦折り取ってステンレス板とゴム板で新造。



逆に言うと、ホップ最弱にしなくて済むようならこの加工は不要です。



インナーバレルとガイドのガタが大きいので、位置決め溝あたりにセロテープをペタリと。





組むとこんな感じ。最適ホップ状態ではほとんどホップアームが飛び出さなくなります。




これらの加工により、現在までのところ手持ちの3丁ともにひび割れはもちろん、微小な盛り上がりも出ていません♪



最後は外観。

とても良く出来ているのですが、チェンバー部分の段差や凹凸が気になるので面出し。





スライド先端と後端の角は初期のは全くの角になってて、前述のスライド単品販売分あたりからは後加工でRが追加
されているものの綺麗じゃないので、丸みを付け直し。





仕上げ直し必須にはなりますが・・・



・・・こうして見ると、結構手の掛かる子だったんだなぁと改めて認識w

でも、そういう手の掛かる子ほど可愛いのであります♪ 撃ってて楽しい子だし♪








同じカテゴリー(Glock)の記事画像
G42 マガジンバンパー
G42 マガジンキャッチ&スライドストップ その2
G42 マガジンキャッチ
G42 スライドストップ
G42 サイト製作開始~
Hogwards G42カスタム
同じカテゴリー(Glock)の記事
 G42 マガジンバンパー (2017-02-17 21:39)
 G42 マガジンキャッチ&スライドストップ その2 (2017-02-14 20:49)
 G42 マガジンキャッチ (2017-02-12 20:22)
 G42 スライドストップ (2017-02-10 18:12)
 G42 サイト製作開始~ (2017-02-02 18:57)
 Hogwards G42カスタム (2017-01-18 22:29)

Posted by あじゃ  at 22:27 │Comments(8)Glock

この記事へのコメント
新大阪! 近くまで来られてたんですね!
一目お会いしてサインとか頂きたかったですw

しかし6時間待ちですか!
スグ新幹線に切り替えてたら待ち時間で帰れてましたね。。。

乙カレーサマです。

で、ナイスタイミング?なG42ネタ!

今更ながら昨晩オクでようやくG42をゲットです♪

グロック好きを名乗りながらようやくです。

さっそく参考によろしくチューニング・・・・・・・・・・したつもりになろう!(オイw

マネしたらせっかく入手したG42がゴミになりそうですしw

それ以前に作業中のKSCのG26Cがかなりガタがきているのでどうにかしないと、、、

と言うより他にもバラしてお手つきしているのが大量にあるのでそっちも、、、

ギック腰したていで長期休暇したい気分ですw

ち、ちなみに1週間くらい前にメールしたんでつがはじかれてたりしますかね?(^^;
Posted by まるにょん at 2017年01月26日 07:03
おつかれさまです 大変でしたw

G42は昨年発売の中では お気に入り度上位ランクの鉄砲ですね~
なんといってもサイズがキャワイイ 作動もなかなか
ハンマー削ってブリーチのばね切ったのみで
あじゃさん仕様は出来ないけど私的には大満足です
お気に入りなんで もっと欲しけど 相場は高いw 
Posted by sizu at 2017年01月26日 19:16
いきはよいよいかえりはこわい・・・
6時間、海外イケちゃいますねw
関空からタクシーで請求するのデス!!
Posted by たー at 2017年01月26日 21:39
お帰りなさい、大変でしたね。
さて、自分もDYTAC Surefire SOCOM RC2 サイレンサーを手に入れましたが、ハイダーのイモネジを紛失する失態を犯しました・・・・M2.5止めネジなんぞ、近所のホームセンターで売ってるはずもなく、ネットでも大抵は業者向け・・・・・・でも、個人向けも探せばあるもので買いました。
さすがに、1個は無理なんで、我が家には80個のM2.5止めネジが存在しています・・・どうしよう
Posted by SANSHIKI at 2017年01月27日 19:12
>まるにょんさん
こんばんは!

>一目お会いしてサインとか頂きたかったですw

サインよりもビール飲みたいですw

>スグ新幹線に切り替えてたら待ち時間で帰れてましたね。。。

全くそうなんですよね。大阪ー東京間では飛行機に乗るメリットは無いですね…

>今更ながら昨晩オクでようやくG42をゲットです♪

うわ! 物凄い偶然ですね♪

>と言うより他にもバラしてお手つきしているのが大量にあるのでそっちも、、、

ウチにも作業待ちのが沢山ありますね(;´Д`A

>ち、ちなみに1週間くらい前にメールしたんでつがはじかれてたりしますかね?(^^;

弾かれたんですかね…? 届いてません…
Posted by あじゃあじゃ at 2017年01月27日 21:22
>sizuさん
こんばんは!

>G42は昨年発売の中では お気に入り度上位ランクの鉄砲ですね~

ですよね!
発売は一昨年ですが(←

>ハンマー削ってブリーチのばね切ったのみで

それだけでもかなり効果ありますからね♪

>お気に入りなんで もっと欲しけど 相場は高いw

同じくらいの金額のマルイのガスガン買うよりは満足度高いですよねw
Posted by あじゃあじゃ at 2017年01月27日 21:27
>たーさん
>6時間、海外イケちゃいますねw

上海なら往復出来ますw

>関空からタクシーで請求するのデス!!

それが、エコノミーだからか上限2万円なんですよww
Posted by あじゃあじゃ at 2017年01月27日 21:30
>SANSHIKIさん
>さて、自分もDYTAC Surefire SOCOM RC2 サイレンサーを手に入れましたが、ハイダーのイモネジを紛失する失態を犯しました・・・・

あうあう…
M3でタップ切り直すという手もありますが…

>さすがに、1個は無理なんで、我が家には80個のM2.5止めネジが存在しています・・・どうしよう

あははは♪
ウチにもWAガバのリアサイト止めるM2の皿ネジが200本くらいあったりしますねw
どう考えても使い切らないですよねー
Posted by あじゃあじゃ at 2017年01月27日 21:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。