2017年06月23日

VFC/UMAREX HK VP9 サイト交換

こちらもご依頼品。

以前ヤフオクで見かけたVP9で、個人カスタムでHeinieサイトを載せたのが出てたんですよ。
DetonatorのHK45用サイトを加工して載せたと書かれていて、なるほどと思いました。
と言うのも、実銃ではHK45とVP9(とP30)はサイトの取り付け部の寸法が同じなんですね。

ちなみにDetonatorからはKSC用とマルイ用のスライドはそれぞれ出ているものの、サイトはマルイ用しか出ていない模様。

まぁ、いくら実銃では共用出来るといってもトイガンではメーカーが違えば取り付け方はもちろん、サイズも異なるのは当たり前。
マルイのHK45は持っていないので、どんなもんなのかな~と思っておりました。

そこに以前、前述のヤフオク品の話をしていたセイさんから、
「とりあえずサイト買ってみたんですが、ダメ元でやってみてもらえないでしょか?」
と打診頂きまして、私も興味があったのでお預かりしました♪



サイトはマルイHK45用Detonator製MeprolightのTru-Dotタイプ。HK純正でも採用されている形状のナイトサイトですね。


まずはフロントサイト。



こちらはDetonatorサイトに付属のガタ止め?樹脂パーツをほんの少し削るくらいで、サイトやスライド自体は無加工で
取り付けできました♪



問題のリアサイトを、VP9と比べてみます。



左がマルイHK45用のですが、VP9のサイトよりやや細身です。



裏側。



VP9はドブテイル部分まで内部のシリンダーが来ているのですが、Detonatorのサイトにも逃げがあり、ココは一安心。
一方で、どちらも2本のネジで固定しますが、微妙にズレてるのが厄介そう・・・


横からの写真撮り忘れましたが、ドブテイル部分は若干マルイHK45用の方が長いので、前か後ろを削ることになりますが、
前を合わせて後ろを削るとリアサイト後端がスライドから出っ張ってしまうので、サイトの前側を削りました。



ピンボケとるww



次に、裏側の両サイドにコッキングサポート(スライド後端の指掛け)固定用の溝を掘り、固定用ネジ穴も追加。



細身なので、裏側の角もギリギリまで削ってシリンダーに干渉しないようにしました。

溝は鉄相手にモーターツール(電動ドリルw)で手持ち加工なので、汚いですが何とか。(;^_^A

ネジ穴は元から開いてる穴(蓄光カプセルが見える穴)に近接してるので、非常に開けにくかったです・・・
実際、若干ですがズレてしまい、取り付けもほんの少しですが曲がってしまいました(´・ω・`)



ともかく、とりあえず取り付け完了。



細身なので、若干ですがドブテイルの隙間から中のシリンダーが見えてしまいますが、それほど気にならないでしょう。
ただ、スライド側も肉薄になってる部分なので、個体差はあると思います。



加工した前面はブルーイングし直し(サイトは元々ブルーイング仕上げ)、そしたら側面が少しムラになってしまったので
布でゴシゴシして・・・



( ゚д゚) ・・・

 
(つд⊂)ゴシゴシ

 
(;゚д゚) ・・・

 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ

 _, ._
(;゚ Д゚) …!?


TRU DOTの緑文字が消えとるやんけー!!??? (3枚上の画像参照)


おおぅ・・・ シルク印刷か何かだったのかのう・・・ 擦ったらあっという間にいなくなってしまったわい・・・


あまりに申し訳ないので加工代金は頂かず、セイさんにはゴメンナサイしときました(TДT)


Heinieタイプの方だったらDetonatorのTrijicon刻印はレーザー刻印(実物はシルク印刷だけどw)なので擦っても消えなさそうですが、
写真見る限りこのMeprolightタイプよりも細身なので、シリンダーがバッチリ見えちゃいそうです(´・ω・`)


VP9用のサイトセット、出してくれないかなぁ・・・









同じカテゴリー(HK VP9)の記事画像
VFC/UMAREX HK VP9 RMR載せ 完成!!
VP9 Micro Comp製作
VFC/UMAREX HK VP9 RMR直載せ
VFC/UMAREX HK VP9 ウェザリング仕上げ
VPW9 Prototype 製作記 <おまけ>
VPW9 Prototype 製作記 <スライド加工>
同じカテゴリー(HK VP9)の記事
 VFC/UMAREX HK VP9 RMR載せ 完成!! (2018-06-22 22:19)
 VP9 Micro Comp製作 (2018-06-04 22:37)
 VFC/UMAREX HK VP9 RMR直載せ (2018-05-11 19:17)
 VFC/UMAREX HK VP9 ウェザリング仕上げ (2018-05-06 18:54)
 VPW9 Prototype 製作記 <おまけ> (2018-04-07 16:47)
 VPW9 Prototype 製作記 <スライド加工> (2018-04-04 18:44)

Posted by あじゃ  at 21:16 │Comments(2)HK VP9

この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
卓越した金属加工のワザに驚嘆します。

私もエアガン弄りが趣味ですが、金属部品の加工はブルーイング程度でそう大胆な加工はできません。
手持ちの道具はプロクソン28400とMM100、棒ヤスリ各種、ジーナス、あとは月並みな工具一式です。

あじゃさんはどのような工具をお使いですか?
Posted by 小林 英弘 at 2017年06月26日 21:35
>小林 英弘さん
はじめまして! コメントありがとうございます♪

>卓越した金属加工のワザに驚嘆します。

えー・・・金属加工はどちらかと言うと苦手なんですけどね(;´Д`A

>あじゃさんはどのような工具をお使いですか?

最近はちょっと前に頂いた卓上旋盤も使ったりしてますが、今回の記事もそうですが基本的には棒ヤスリ各種と電動ドリルですね〜
まだまだ卓上旋盤は修行中なので・・・

アルミや亜鉛はヤスリの目詰まり除去が面倒ですねw
Posted by あじゃあじゃ at 2017年06月27日 00:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。