2018年04月07日

VPW9 Prototype 製作記 <おまけ>

VPW9の製作記、おまけ編ですw

前回記事のコッキングピースをどうやってネジ止めしてるのか?というご質問を頂きましたので、お答えします。
実はこの部分、最初は私もどうやって止めるか悩んだ部分でもありましたので、さすがta-93sさん鋭いな!?と思った次第。

片側はこのように、内側からM2の皿ネジで固定。



細いドライバーが反対側に開けた穴から入るので問題無いのですが、こっちを固定したら反対側を固定する時にドライバー回せないじゃん!


という事で、反対側にはコッキングピースに雄ネジを立てて、内側からナットで固定しました。





どちらも内側にだいぶ出っ張っていますが、元々このスライド内側は大きく肉逃げされていて、これでもアウターバレルには
全く干渉しません。





ところで、今回せっかく純正バレルを逆ネジサイレンサー用に加工してセラコートまでしてもらったんですが、残念な事に
チェンバー部分にクラックが入ってしまいました・・:



実はセラコートに出す前から筋みたいなのは見えていたんですが、湯皺とばかり思ってセラコートすれば目立たなくなるだろうと
タカをくくっていたんですよね・・・ ところが顕微鏡で見てみたらシッカリ内側からも見えるクラックががががが


仕方なく、ACE1Armsのアルミ削り出しサイレンサーアウターを導入。




しかしこのアウターバレル、悪評どおりポン付けでは全く動きません!

あちこち削って、何とかまともに動くようになりました・・・



削って調整していく時に以外と盲点なのが、1番右の矢印で示した、ディスアッセンブリーレバーに当たる部分ですかね。
これになかなか気付かず、上の写真の他の部分はちょっと削りすぎの感もあります(;´Д`A


それから、チェンバーの前方も純正みたいに一段落とす必要がありました。



別途購入した後発のDETONATOR製単品アウターバレルは全くの無加工ポン付け可能で、さすがの出来栄えでした。
まだノーマル形状しか出てないのが惜しいところです。


それとこのアウターバレルの一番のダメポイントは、何故かライフリング部分に純正同様の内ネジが切られてるんですよね。
何なの?サイレンサーアウターなのにサイレンサーアダプターでも付けるの?馬鹿なの?って思っちゃいますが、
ここは以前純正アウターでもやったように、ポリゴナルライフリングのモールドを型取りくんとジーナスで再現。



銃口周りだけ、塗装で仕上げました。


さて、そうすると正ネジになってしまうわけで、仕方なくガーダーのAACタイプサイレンサーも購入。



元々はNortheastのSF Ryder 9-Tiタイプを使う予定でしたが、長くて重い(と言っても122gほど)為にやや作動が鈍くなってたんですよね。
こちらのサイレンサーは68gと軽量なので、作動への影響は少なくなります。それでも若干渋くはなりますが・・・
ちなみに購入したショップさんでは45gと書かれてましたが、そこまでは軽くなかったです (´・ω・`)



最後に、これは純正アウターでもそうなんですが、VP9って組み立てる時にインナーバレルを押し込まないと
ディスアッセンブリーレバーを戻せないじゃないですか?
その対策のため、こんな風にアルミ板を嵌め込んで肉を付けてあげました。



銀色の部分が追加したアルミ板。0.8mmほど肉を追加したイメージです。
この部分がバレルガイド横の突起を後ろに押す事で、組み立て時にアウターバレルを押し込むだけでレバーを戻せるようになります。

実はこの部分、前述のDETONATOR製単品アウターバレルも同様の寸法になっており、組み立てが楽になってました。

DETONATORからこのSilencercoタイプのアウターバレルが出たら最高なんだけどなー・・・







同じカテゴリー(HK VP9)の記事画像
VP9 Micro Comp 完成♪
VFC/UMAREX HK VP9 RMR載せ 完成!!
VP9 Micro Comp製作
VFC/UMAREX HK VP9 RMR直載せ
VFC/UMAREX HK VP9 ウェザリング仕上げ
VPW9 Prototype 製作記 <スライド加工>
同じカテゴリー(HK VP9)の記事
 VP9 Micro Comp 完成♪ (2018-07-22 22:19)
 VFC/UMAREX HK VP9 RMR載せ 完成!! (2018-06-22 22:19)
 VP9 Micro Comp製作 (2018-06-04 22:37)
 VFC/UMAREX HK VP9 RMR直載せ (2018-05-11 19:17)
 VFC/UMAREX HK VP9 ウェザリング仕上げ (2018-05-06 18:54)
 VPW9 Prototype 製作記 <スライド加工> (2018-04-04 18:44)

Posted by あじゃ  at 16:47 │Comments(6)HK VP9

この記事へのコメント
こんばんわー

ACE1のバレル。やっぱり問題ありでしたかー
俺のは全く問題ないんですよね
問題ないのはこれだけだったか(笑)
Posted by セイ at 2018年04月07日 22:18
>セイさん
こんばんは!

>ACE1のバレル。やっぱり問題ありでしたかー
>俺のは全く問題ないんですよね

私のは擦り合わせ程度とは言えないくらい、ガッツリ削ってやっと動いた感じですー
アウターの個体差なのか、或いは本体側の個体差なのか・・・?
Posted by あじゃあじゃ at 2018年04月08日 23:47
こんばんは~。
なるほど!、片方はナットで締めたんですね。
確かに結構なスペースありますね(笑)
言われてみれば「そっか~」となりますが、、、
さすが、発想が柔軟ですね♪
おまけ記事ありがとうございました~。
Posted by ta-93s at 2018年04月09日 23:34
>ta-93sさん
おはようございます! 返コメ遅くなってスマイソンm(_ _)m

>確かに結構なスペースありますね(笑)

この肉逃げのせいで出来ないカスタムもあって余計な事しやがってーとも思いますが、ヒケないように肉厚を均一化したかったのかも知れませんしね。

>さすが、発想が柔軟ですね♪

私もちょっと焦りましたけどねw

>おまけ記事ありがとうございました~。

いえいえ、こちらもネタになったのでありがとうございました♪
Posted by あじゃあじゃ at 2018年04月13日 10:01
あじゃ様、毎度です。
遅ればせながらVPW9拝見しましたよー最新の3Dプリンター
でパーツを成型してしまうとは参りました。
しかし動作に問題が出ない程の精度で成型できるならば、
従来ならば購入を断念せざるを得なかったフルメタ商品のロアフレーム
をスキャンして3D成型すればハーフ仕様になり持ちやすくなりますよね。
WE製マカロフやトカレフTTしかりKJ製CZ SP‐01シャドウしかりと、
あとワルサーP38なんかもプラやナイロンのロアフレームさえあれば
何の問題もなく持てるのにって思うんですが。
今のところ上記の様な事をやってるショップや業者さんは見かけないんですよねー、
少々お金を払ってもナイロンパーツにコンバートしたいって人は沢山いると思うんんですが
如何でしょうか?
最近ようやくモーゼルM712がプラで発売されてハーフ仕様が可能になってんですが、
その後がなかなか続かないんですよねP38のプラフレームなんか出たらスグ買っちゃうよんって人はいっぱいいると思うんですが難しいんでしょうか。
話は戻ってVP9って何でも似合うんですよねベースとしてのバランスが良いからなんでしょうか、それと先日にnovaから発売されたセミロングスライドセット素晴らしくイイですよ是非とも押さえて下さいね。(この美しさはコンパクト好きの方でもウットリしますよ)
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2018年04月14日 15:49
>mightyshrikesさん
こんにちは!

>遅ればせながらVPW9拝見しましたよー最新の3Dプリンターでパーツを成型してしまうとは参りました。

ありがとうございます!
3Dプリントは外注ですけどね!!

>従来ならば購入を断念せざるを得なかったフルメタ商品のロアフレームをスキャンして3D成型

先日同じような相談を受けましたが、3Dスキャンは内側の深い所までは測定できないのと、
そもそもDMMの3Dプリントは精度保証しないので毎回同じ寸法で出来るとは限らないので、
やるならば自前でプリンター揃えて都度同じ条件でプリントしないと難しいと思います(;´Д`A

>少々お金を払ってもナイロンパーツにコンバートしたいって人は沢山いると思うんんですが如何でしょうか?

射出成型品ほどの精度はなかなか出せませんし、プリントするにもそれなりの時間が掛かるので、恐らく『少々』の金額では採算が取れないって事かと思います・・・

>それと先日にnovaから発売されたセミロングスライドセット素晴らしくイイですよ

魅力的なパーツが出ると本体も増えちゃいますよね・・・キリがない(笑)
Posted by あじゃあじゃ at 2018年04月16日 11:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。