スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年12月01日

S&W SW1911 ボーマーカスタム完成♪

そしてコチラのSW1911ボーマーもスミ入れして完成!!








仕上げ直した各パーツが全体を引き立たせます♪



トリガー側面は今回もDFガンコート使ってみましたが、相変わらずコーティングされてるのか不安だったりww



エキストラクターはABS板から作製し、キャロムのブラックスチールでサッと塗装。






前2本を埋めたセレーションも綺麗に消えてます。



面を出してブルーイングしたリアサイトの刻印が素敵♪



だんだんアップに・・・w



グリップセフティ上面に合わせてフレームのラインを修正してます。
隙間がありますが、最初の記事に貼った実銃写真でも隙間があるので、あえてそのままに・・・



リアサイトブレードの下のセレーションは50LPIの筋目ヤスリがピッタリでした。



もちろんブリーチ後端のエジェクターモールドやファイアリングピンとプレートもシコシコしてブルーイング♪
ハンマーもパーティングラインを全て消してEX-STで塗装後、打撃面だけ塗装を落としてます。



左側セフティの下の角も丸め、実銃に似せてます。





更に今回はグリップセフティのインデックス根元を削り込み、実銃のそれに似せてみました♪



先ほどの実銃画像と見比べてみて♪



ハウジングのチェッカリングは角ヤスリで目立て直し、ブルーイング。





ブッシングはシコシコしてEX-ST塗装です。



チラッと写ってるフロントサイトはシコシコ&ブルーイング~



ここらで再度、スミ入れした刻印を~





エナメルの艶消し白でスミ入れしましたが、前回記事のコメントで心配したとおり周囲が滲み、擦るとテカってしまった
ので側面全体を軽くポリッシュして誤魔化した(w)ところ、これがセミグロスな感じで高級感が出た気がします♪
怪我の功名ってヤツですね!(行き当たりばったりとも言うw)

ちなみにスライドの刻印はモデル工房Sさん♪(今回もありがとうございます!!)
フレーム側の刻印は全て、浅い刻印を針で掘り起こしました。文字数多いっつの!!ww



そしていつもの縦構図♪









うん! 完全な艶消しより断然コッチのほうが(≧∀≦)/イイ!!


次回、そろそろGCCを仕上げ・・・たいなぁ(;^_^A  


Posted by あじゃ  at 00:06Comments(16)SW1911 ボーマー

2012年11月22日

SW1911 ボーマー パーツ仕上げ

え~・・・
このところM4やらグロックやら、自分のばっかりシコシコしてご依頼品があまり進んでなくてゴメンナサイm(_ _)m
どうも私、涼しくなると長物を弄りたくなる習性があるようで(;^_^A


それも一段落(とりあえず満足w)したので、ご依頼品を再開します!

今回はSW1911 ボーマー仕様の続き~


金属パーツをいつものようにシコシコしてブルーイング!



今回は本体がつや消し黒なのであまりピカピカにはせず、半艶な感じにしました♪



スライドの刻印をモデル工房Sさんに入れて頂きましたので、フレームと共に銃Ⅰ+ブラックパーカーを3:1のブレンドで吹きました。



すでに取り付いてるプランジャーチューブやフロントサイト、ボーマーサイトも全てシコシコしてブルーイング済みです。


トリガー、ブッシング、ハンマーはシコシコしてコーティングやらEX-ST塗装やらも終了。(写真撮り忘れた・・・)

あとは組み込むだけ!


・・・ではなく、最後に刻印へスミ入れをしなければ・・・

エナメルの白買って来なきゃ(;´Д`)

上手く出来るかな? (ちなみに前回SW1911レイルドのはスミ入れじゃなくて刻印部分のみ掘り起こしました)  


Posted by あじゃ  at 10:18Comments(6)SW1911 ボーマー

2012年10月10日

S&W SW1911 ボーマーカスタム開始!

カスタム中のGCコマンダーやSW1911レイルドパイソンは絶賛塗装仕上げ中・・・

下地塗装して乾燥を待ち、シコシコして仕上げ塗装し、乾燥してまたシコシコして再度塗装・・・を何度か繰り返すので、
なかなか記事に出来る状態になりません(;´Д`)

乾燥を待つ間に、次のご依頼品に取り掛かります!(`・ω・´)


次・・・と言っても、実はGCコマンダーと同時にご依頼頂いていた物なんですが、同時進行できる数にも限りがあるので(;^_^A


今回はコチラ!

(↑S&Wホームページより画像拝借)

SW1911のボーマー仕様です。正確にはボーマー製のサイトではない(と思う)のですが、便宜的にそう呼ばせて頂きます。
実銃の場合は標準的なラインナップの一部のようですね~


ベースとするのは同じくSW1911のボーマー仕様である、WAのSW1911DK。
元の状態については、ご依頼者さまによる紹介記事をご確認下さいww


さぁ、これならばDKをベースに前側セレーションを埋めて刻印を打ち直せば完成!ヽ(´ー`)ノ


・・・とはなりません!!(`・ω・´)


SW1911レイルドと同様にセレーションの形状が全然違うのです・・・
ちなみにSW1911DKは好きな銃なのですが、このセレーションの違いが気になって食指が動きせんでした。
再販する時は直してくれませんかね?


レイルドではノバックサイトだったのでビューローのスライドから加工しましたが、今回は斜めセレーション+ボーマーの
『セブン』ミルズカスタムのスライドをベースにする事にしました。

ミルズカスタムのスライドにはポートが二つ開いてしまっているので、これを金属パテで埋めてからフロントサイトの
アリ溝を切ってあげます。



説明は2行で終わりましたが、それなりに結構時間掛かってますww



後ろ側のセレーションはレイルド同様に前2本を埋めて16本にします。
そこにDKから外したリアサイトを取り付け・・・



アレ? 溝の位置が違うやん!!

パッと見は同じと思ってた通常のボーマーサイトとSW1911DK用で形状を変えるとは、
なんて意味の無いコダワリなんだWA!! 恐れ入ったぜ!!!



・・・仕方ないので溝位置をズラしました(´・ω・`)




反対側のエキストラクターなどの造形はレイルドと同じなので割愛します。(手抜き記事? イヤイヤ・・・ww)

こちらもサフを吹いて乾燥待ち。

刻印は今回もモデル工房Sさんにお願いしたいと思っていますので、よろしくお願いします!!  


Posted by あじゃ  at 01:43Comments(14)SW1911 ボーマー