スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年08月23日

木グリ製作②

ここからが本番、チェッカリングに入ります。

自分が持っているのは20LPIの筋目ヤスリなので、木グリにはちょっと目が
細かいので、あまり柔らかい木には向いてません。

片方のチェッカリングが完了したところ。


もちろん左右とも同様に。

今回は珍しく、大きな失敗も無く出来ましたw

最後に、下端の斜めカットとピン逃げをヤスリで。
アンビ加工を彫刻等で行います。


仕上げはアマニ油で。

写真は塗布したてなので艶々ですが、1日もすれば油が染み込み、
艶は落ち着きます。更に1週間ほど乾かして完成です。  


Posted by あじゃ  at 09:00Comments(0)木グリ製作

2008年08月22日

木グリ製作①

今回は木グリの製作をご紹介。

15年くらい前からたま〜に木グリを作ってますが、
最近になってようやくソコソコ見れるものが出来る
ようになった気がします(;´Д`)

慣れるまで時間かかり過ぎ〜(・∀・)

DIY店で気に入った木目の材料を入手して、まずは切り出しから。

ガバのグリップに6mm厚では薄いので、9mm厚の木板を使います。
元になるプラグリップより、周囲1〜2mmほど大きめに切り出します。
写真のは100均の糸ノコですw

次は表面の荒削り。

木工用の目の粗いヤスリでゴリゴリ削っていきます。
最厚部で7mm前後まで削り込みます。

左右同じような円弧になるように。

後でチェッカリング入れるので、やや太めに留めます。

穴位置をマーキングします。


穴を開けます。

最初は2mmくらいの穴を開け、位置がずれていないか確認しながら、
5mmのドリルで貫通し、写真のようなビットで座グリ加工。
これもスクリューヘッドに対してガバガバになり過ぎないように、
少しずつ削ります。
その後、プランジャーチューブの逃げを丸ヤスリで整形。

穴開けで失敗すると切り出し〜荒削り工程がパーになるので、
最初に穴開けしたほうが良いかも…(;´Д`)

銃に合わせてみたところ。

ここで、やや疲れてきた自分を奮い立たせますw


続く!  


Posted by あじゃ  at 09:00Comments(2)木グリ製作