スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年01月04日

謹賀新年♪ GCNMスーパーロングスライド10インチ 完成!

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。


さて! 新年一発目の記事はお題の通り、GCNMスーパーロングスライド10インチです♪
年末に仕上がりました〜





スライドは黒鉄+ブラックパーカーのブレンドで塗装後に刻印に墨入れしてサイド面をヘアライン処理。
フレームはじんぎすかんさんにサンドブラストして頂き、マットシルバー塗装後に艶消しウレタンクリアーでコーティング。



スライドを二個繋いだスーパーロングスライド!









ブッシングは忍者のを取り付けてます。



プラグはWAのアルミ製を流用。



何気に一番苦労したのはこの墨入れだったりします(;´Д`A





先日仕上げたショートスライドもそうでしたが、くっきりハッキリと刻印を入れるために通常よりも太く深い刻印なので、
エナメルの白を数回流しただけでは刻印の底面が見えてしまい、何度も墨入れしてやっと・・・
本気でクレヨンの方が良かったのか!?とか思ってしまいました(;´Д`A


リアサイトはちょっとサイズの異なるボーマーを取り付けてます。





フレーム側の各パーツはほとんどステンレス製の豪華仕様!







Sさんに製作して頂いたフロントサイト。
イエローランプのものとレッドランプのと、フロントサイトごと差し替え可能です。







ホールドオープン!



スライドが長いのでストロークが短く見えますが、普通のと同じですw



縦構図で♪











今回のと同様にフレームにサンドブラストして頂き、マットシルバーに仕上げ直したショートスライドと一緒に♪







10インチともなると、HK416Cよりもバレル長かったりしますw



こんな異色の組み合わせも面白いかと♪


  

Posted by あじゃ  at 14:31Comments(12)COLT GCNM

2016年12月06日

GCNM ショートスライドカスタム完成!

えっと、唐突ではありますがGCNMのショートスライドカスタムが完成しました!





こちらも、先日記事開始したスーパーロングスライドをご依頼頂いたじんぎすかんさんからのご依頼です。
ベースはMGCの、いわゆるGM9ってヤツですかね? GM5系のナショナルマッチです。


ご依頼、と言ってもスライド加工および刻印データ作成はじんぎすかんさんが、刻印入れはモデル工房Sさんが
行われており、私は仕上げ塗装および墨入れをしたり、





(ちなみに塗装はブラックパーカー1:黒鉄2のブレンドで、サイドのみヘアライン仕上げ)


トリガー幅に合わせたフレーム加工や、





グリップセフティとの隙間を埋めて、



パーティングライン処理や平面出しをしてシルバー塗装したり、



卓上旋盤+フライスアタッチメントを使ってバレルにスリット(マグナポート)加工して部分塗装したり、





リコイルスプリングガイドの先端を仕上げたくらいです。





昔、MGCが出していたカスタムを再現したそうで、以前作ったGCCとはまた違った魅力がありますね♪





カッコイイ!!!



  


Posted by あじゃ  at 23:33Comments(12)COLT GCNM

2016年11月08日

GCNM 10インチ ロングリコイルスプリングガイド製作

バレルが出来たら次はコレ! リコイルスプリングガイドです。



下のが6インチのMGC純正品、上のは直径8mm長さ200mmのSUS304の丸棒です。



純正のはこのように基部とガイド部に2分割出来ます。



このガイド部を置き換える訳です。長ぇw



右のが加工前のSUS丸棒で、これを真ん中のように穴を開けてネジを切る訳ですが・・・





出来ました(゚∀゚)



下穴をΦ5.4のドリルで20mmの深さまで開けて、先端2mmくらいだけΦ6.5にします。(雄ネジ根元の逃げ)
んで、M6.5 x P0.75(細目)のタップでネジ切り。



・・・とまぁ、これはさすがに電動ドリルじゃ真っ直ぐ穴を開けるのもキツい訳でして・・・


じゃじゃん!! あじゃはあたらしいぶきをてにいれた!!!



卓上旋盤です!!(中古)


お名前は伏せますが、ブログを見て頂いたとある方がいつも手加工の私を不憫に思い、お譲り下さいました(滝汗
しかも信頼の日本製!!

「30年モノのオンボロだけどね!」との事で、まぁ確かに(←失礼だなw)ベルトやベアリングの交換や足りない工具の購入、
チャックの振れの修正など、使えるようにする為に苦労はしましたが、ちゃんと使えましたよ~♪




使いこなすにはまだまだ修行が必要ですし音もそれなりに大きいので、今回みたいにどうしても手加工じゃキツい時に
使わせて頂きます!


○○さん、ありがとうございました!!!


<追記>
うっかり加工後の組み合わせたリコイルスプリングガイドの写真を貼り忘れてました(;^_^A



やっぱり長えぇっ!!!ww

あ、ほんのちょっと長めに作ってあるので最後にスライドに合わせて長さ調整します♪



  


Posted by あじゃ  at 20:48Comments(12)COLT GCNM

2016年11月02日

GCNM 10インチロングスライド バレル加工

続いてはバレルの加工です。

最初の画像にも写ってましたが、6インチスライドからはみ出すほどの長いバレルが付いてました。

その先端のライフリング部分をΦ12のドリルで拡げます。



もちろんインサート等には一切手を加えません!!



今回も繋げるのはWAのアウターバレルですが、今回はボブチャウ2用のこれまた長ーいのをじんぎすかんさんが
用意してくれました♪

そのアウターバレルを必要な長さでカット。





繋げる根元は面取りしておきます。





Φ12のアルミ材で継ぎ手を作りまして~





クイックウェルドでガッチリ接着!!




長い!!! だって10インチだもん!!ww

繋ぎ目は気にしないで下さい。組んだ状態ではスライド引いても元のバレル部分は見えませんので・・・



さて、バレルが出来たら、今度はアレかぁ~~



  


Posted by あじゃ  at 19:24Comments(6)COLT GCNM

2016年10月26日

GCNM ロングスライド再び

今回からスタートするのはコチラ!



ナショナルマッチのロングスライド。MGCのモデルガンです~
ご依頼者さまは先日【超】バントラインをご依頼頂いた、じんぎすかんさん。実はほぼ同時にご依頼頂いておりました。


長いのスキーなじんぎすかんさんですから、今回も長くします!

以前8インチを製作した時と同じように、別の6インチスライドから先端2インチ分を切り出します。





元になる6インチスライドの方は、フロントサイト周りを切り取ります。





補強の為、M1.7のネジを2本ブチ込みまして~





いつものロックタイト瞬着でガッチリ接合!!





・・・んあ!? 何をボケたのか2回繰り返しちゃったよママン!!???


やっべ~、これじゃ10インチになっちゃうよ・・・



ま、いっか!(゚∀゚) (←元々10インチのご依頼ですww)



前も書きましたけど、ガバのスライドはテーパーが掛かってるので、上面に段差が出来ます。しかも今回は2段階!w





硬化後、ヤスリやペーパーで荒削り。





繋いだ先の天面セレーションは消えて無くなってしまいます。





50LPIの筋目ヤスリで復活!!



元のセレーションと綺麗に繋がるように慎重にやりますが、どうしてもミスは出るのでところどころ瞬着盛って
やり直してます(;^_^A



グレーサフ吹きました。








綺麗に繋がりましたね♪


この後、このスライドはとある方のもとへ旅立っていきました~~


戻ってくるまでに、あれやこれやの加工を行いたいと思います!



  


Posted by あじゃ  at 22:30Comments(12)COLT GCNM

2015年08月02日

エラン GCNM & シリーズ'70 完成!

エラン×2丁の仕上げ直し、ようやく完成しました♪




エランの塗装は割と簡単に溶剤で落とせます。私はウレタン塗料用のシンナーを使いましたが、IPAでも大丈夫。

塗装を落として、気になる部分を形状修正し、黒サフで表面を整えた後、今回は銃Ⅰ・ブラックパーカー・トップガードを
3:1:1で調色してエアブラシで塗装し、サイド面をポリッシュしてヘアラインを入れました♪


こちらはナショナルマッチ。







こちらはシリーズ'70。







どちらも同じ仕上げですが、光の当て方で表情が変わります♪





気になる部分も綺麗に修正出来ました。

シリーズ'70のプラグが入るところ。(リーフカット部)





ナショナルマッチのエジェクションポート後方。





ハウジングピンのところ。





ナショナルマッチの全体。







シリーズ'70の全体。







バレルのチャンバーカバー周りの溝は綺麗に埋めて、仕上げ直しました♪





右の2本はナショナルマッチ用で、ワイドなフィーディングランプも再現しました!





ブッシングとの擦れ跡も再現!!





どちらにも綺麗な実物グリップが装着されてるんですが、コレってデフォルトのものなんですかね・・・?(聞き忘れた)



依頼者さまはグリップコレクターなので、お手持ちのかな・・・?



と言う事で、すっげー返したくないけど返さないとKサツ沙汰になりそうな高級モデルガンなのでちゃんとお返ししまーすww

  


Posted by あじゃ  at 22:52Comments(12)COLT GCNM

2015年07月05日

エラン GCNM & シリーズ'70

今回は仕上げ直しのご依頼です。

なんとエランが2丁も・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



ナショナルマッチとシリーズ'70。更にナショナルマッチのバレルがもう1本。

昨年、同じくエランのナショナルマッチの仕上げ直しをご依頼頂いた方からのリピートです♪


エランの塗装はなかなかに綺麗なのですが、ちょっと気になるところがあるそうで・・・


まず、ナショナルマッチのココ。


(依頼者さまから頂いた画像を転載させて頂きます~)

フレームおよびスライドの側面はポリッシュ仕上げになっているのですが、エジェクションポート後方の角に磨き残しがあります。

・・・実はコレ、下地の研磨でエッジがダレてしまってるんですねー 僅かではありますが、肉盛り修正が必要です。



シリーズ'70の方は、まずメインスプリングハウジングピンの穴のところ。



塗膜が欠けたような感じで、表面が荒れてますね。



それと、スライドのアゴ(プラグが入る部分)のラインが変!との事・・・



分かりにくいかも知れませんがコチラの右側だけ、極端に言うとブローニングハイパワーみたいに平面部が広く、その下の
R面と綺麗に繋がってないんですね。単にこの部分だけ加工がズレたのか?・・・と他の部分を見てみるとそうでもなく・・・

値段が値段だけにあまり書くと大事になりそうなので自粛します(;^_^A
という事で根本原因の修正は不可能と判断し、表面的にシコシコして目立たない程度に誤魔化す事にします。


お預かりしてから大分経ってしまって申し訳無いのですが、一応ちゃんと進めてますのでもう少々お待ち下さいm(_ _)m




  


Posted by あじゃ  at 23:16Comments(12)COLT GCNM

2015年04月24日

GCNM ホーグ スーパーロングスライドカスタム 完成!

GCNM ホーグ 8インチ スーパーロングスライドカスタム、いよいよ完成しました!!

HW版とABS版の2丁あるので今回特に画像多めですが、見てやってくださいm(_ _)m


それでは最初にABS版から!





フレーム側はノータッチで、当初は加工したスライドはマットブラック塗装の予定だったのですが、刻印に白で墨入れして
欲しいとの連絡を頂いたので、側面だけポリッシュしてからエナメルの白を入れました~



目地の浮きも無く、綺麗に接合出来たと思います♪





セレーションもバッチリかと!





縦構図でドドーンと!!





長っ!!!



続いてはHW版、こちらはフレームシルバーになります♪





角トリガーガードと相まって、ゴージャスな感じが素敵♪



こちらも綺麗に接合出来ました!





セレーションの継ぎ目も判別不能かと♪





イエローランプ入りのサイトはこんな感じに~



このフロントサイトの形状(ちょっと前後に長め)は、じんぎすかんさん的にはあまり好みじゃなくてもっと切り立った形状がお好き
なのだそうですが、これだけスライドが長いのでこれくらいのフロントサイトの方がきっと似合うと思います! 


薄かったスライド刻印は全て追い彫り。





ただ、追い彫りしてる時は墨入れする予定ではなくてそこまで深くは彫ってなかったので、あまり綺麗に墨入れ出来ませんでした…



コレくらいで勘弁して下さい・・・(´・ω・`)



こちらもズドーンと縦構図でw







うん、やっぱりバレル手前のほうがロングスライドの迫力出ますね♪



折角なので2丁仲良く♪











ホールドオープン!!



ロングスライドのガバの特徴としてスライドストロークが短いように錯覚してしまいますが、5インチと変わってませんww



アルミバレルとてるぱ謹製リコイルガイドが美しい・・・(*´Д`)





黒とシルバー、どちらがお好み?(^ω^)





最後までご覧頂きありがとうございました♪



  


Posted by あじゃ  at 00:11Comments(28)COLT GCNM

2015年04月23日

GCNM スーパーロングスライド リコイルガイド製作

それでは最後の加工、GCNMのスーパーロングリコイルスプリングガイドの製作に取り掛かります!



上の2本がMGC純正の6インチ用です。根元部分と分割式になっており、ネジ結合されています。

手前はこのために手配した、Φ8長さ145mmのSUS丸棒が2本。


これにΦ5.3の下穴を開けて、M6×P0.75(細目)のタップでネジを切るのですが、流石に電動ドリルじゃキツい・・・

と言う事で、いつもお世話になっている加工機械マスター、てるぱ大臣さんに旋盤での加工をお願いしました♪


最終的な長さ調整は、加工したスライドに合わせて私の方でネジ切り側の端面を削って行いました。



下穴が小さかったのか、私が手配した安物タップのせいか、雌ネジが十分奥まで切れなかったとの事で仕上がり時点で
ギリギリだったので、上述の長さ調整した分は雄ネジのほうをちょっと削って対処。



プラグは? と言いますと、元からこのように2分割になってまして間にバネが仕込まれてるんですね。





なので、スライドが長くなった分、長いスプリングを用意しました♪



WAガバ用のリコイルスプリングです。カットもせずにそのままw
右にある本来のリコイルスプリングより長いですが、ガスガン用なのでテンションは全然低いので問題なく使えました。



と言う事で次回、いよいよ完成です!!!



  


Posted by あじゃ  at 00:44Comments(7)COLT GCNM

2015年04月14日

GCNM スーパーロングスライド バレル延長

先日、スライドの加工を終えたので、今回はバレルの延長加工を行います。

お預かりした本体4丁のうちメッキバレルが2本と黒のが2本あり、最終的にはメッキシルバーで仕上げて欲しいという
ご希望もあり、どのバレルをベースにどのバレルをどうやって繋ごうかな~?と色々考えていました。

メッキを生かすなら、メッキバレルのバレル根元(ロッキングラグの前側)でカットして黒バレルを中継ぎに使う?
⇒接合部分が2ヵ所になる上、インサート手前で切断接合するので発火は事実上不可能に。(発火はさせないとの事ですが)

強度重視ならメッキバレルの先端に、カットした黒バレルを接合、もしくは黒バレルの先端に、カットしたメッキバレルを接合?
⇒インサートごとカットする必要が有り、黒い部分はメッキシルバー塗装が必要。

まぁ、どちらも加工不可能と言うわけではないのですが、他に良い方法を思い付きましたよ!!


ベースにするのはメッキバレルです。

先端のライフリングモールド部分をΦ12のドリルで拡げちゃいます。





そこに、長さ30mm程にカットしたΦ12のアルミ棒を突っ込みます♪





んで、先端に使うのはパーツボックスに2本余ってたWAガバのアルミ製アウターバレル!



これを先端から2インチの長さにカット。



カットした端面を面取りします。





それを合体!!





このままだと継ぎ目が見えてしまいますが、延長した部分(約51mm)に比べてガバのスライドストロークは46mm前後しかないので、
組んでしまえば継ぎ目は見えないんです♪

これならプラバレルの強度を下げる事無くチャンバー部分のメッキを生かし、バレル先端部分はアルミなので塗装のように
剥げる心配もありません!! 逆にプラバレルの強度が上がる訳でもないですから法的にも問題ありません。
(・・・よね? 割と最近に社外品でGM5/12用アルミ削り出しバレルとかもありましたし、その昔はWAからGM5用に先端アルミの
バレルも出てたそうですし・・・)


同様にもう1本作り、残す加工はリコイルスプリングガイドの加工だけとなりました♪


次回、『強力な助っ人参上!』の巻!!(`・ω・´)


  


Posted by あじゃ  at 18:14Comments(13)COLT GCNM

2015年04月07日

GCNM スーパーロングスライド サイト取り付け

今回はサイトの取り付け!

それではまず、フロントサイトを取り付けましょ〜♪

HW版はランプタイプでイエローランプ入りがご希望との事で、たまたま余っていたKM企画製のタナカパイソン用の
フロントサイトに、これまたたまたま余っていたイエローランプを取り付けるための溝を掘りました!



このフロントサイト、スチールだと思って削ってみたら、ブルー液に全然反応しない・・・ ステンレス製みたいです(;^_^A
共削りしたイエローランプが薄汚れてますが、綺麗に仕上げますw



フロントサイトとスライドの前面を面イチにするため、フロントサイトの基部をちょっと削り、スライドには角穴を開けました。





一方、ABS版の方はノーマル形状のままで良いとの事なので、スライドからフロントサイトを切り出して基部の形状を整え、
こちらもスライドに角穴を開けます。





それぞれを接着!!







HW版に付けたちょっと大型のランプサイトの方が、スーパーロングスライドには似合うかも知れないですね♪





続いてリアサイトですが、HW版とABS版共にボーマータイプながら形が異なり、ABS版は面取りされた形状になってます。





HW版のスライドにもこの面取りされたリアサイトを載せて欲しいとの事で、単純に載せ換えたいところですが・・・



何故か微妙に取り付け部の寸法が異なるんですねコレが・・・
左のが面取りボーマーなんですが、アリ溝に入る部分がちょっと大きめになってます。



スライドを比較して見ても、ABSの方はやはりアリ溝が大きい。



更に、エレベーションスクリューのスタッドも追加されています。(HW版の方はリアサイトベースにネジを立ててます)



まぁ、大きい分には削れば良いので、三角ヤスリでシコシコと!(`・ω・´)



スタッドも抜いて移植しました~



こんな感じに取り付け完了♪





次はバレルの延長加工です!!


  


Posted by あじゃ  at 18:21Comments(14)COLT GCNM

2015年04月03日

GCNM ホーグ スーパーロングスライドカスタム 開始!

今回から、MGCのゴールドカップ ナショナルマッチ ホーグロングスライド6インチをベースに、
何とビックリ8インチカスタムの製作に取り掛かります! 今回のご依頼も『モデルガンのはなし』のじんぎすかんさん。
先日作ったM29の12インチもそうですが、とにかく長いのがお好きなのだそうで♪

今回も加工メインで、塗装も同じく艶消し黒と言うことで、M29と同時にお受けしてました。

それもHW版とABS版の2セット!(`・ω・´)




こちらはHWの二本。コレとは別にABSも二本あります。
すでに分解してますが、この為に本体丸ごと4丁分まとめて送られて来ました!



繋ぐ前側は基本的に先端から2インチ(約51mm)で切り出しますが、接着強度を考えて上面側を長くクランク状にカット。





ベースになる方はフロントサイト周りを切除します。





上下左右に曲がり無く、出来るだけピッタリ合うように接合面を整えます。



・・・が、ココで悩まされるのがスライドに付いたテーパー。
ガバのスライドは前に向かって上下幅が小さくなっているので、どうやってもピッタリにはなりませんw
上面リブのセレーションを考えたら上面を合わせたいところですが、そうするとバレルやプラグ周りがズレてしまって余計に
整形が大変なので、下面を合わせます。



瞬着と相性の良いABSはこのまま接着しますが、HWはより強固に接合すべく、M1.7のネジを二本立てました。





タップリ瞬着で接着!(この画像だけABS版)



上面リブや横のR面がズレてるのが分かり・・・ますかね?(;^_^A
ダストカバーに瞬着が垂れてた痕がww



そのズレた部分を削り、接合部の形状を整えます。





すると、前述の通りテーパーが付いてる分、残念ながら前側のセレーションは全て消えてしまいます・・・(´・ω・`)





しかし、50LPIの筋目ヤスリで復活!!



・・・なぁんてサラッと一言で書きましたが、前にも言いましたが50LPIのセレーションってホントに大変なんですよーw
今回は特にリブの両サイドを残さなければならず、一方で筋目ヤスリはリブより幅が広いので、両サイドとも筋目ヤスリを
若干傾けて浅い筋だけ掘って、仕上げは一本一本三角ヤスリで整えました!


次回、ココにフロントサイトを取り付けます~~


  


Posted by あじゃ  at 19:05Comments(37)COLT GCNM

2014年10月07日

エラン ゴールドカップ ナショナルマッチ完成!

エランのゴールドカップ・ナショナルマッチ、完成しました~♪



・・・が、その前にバレル単品の仕上がりはこんな感じ。

全体をEX-STにてシルバー塗装後、ウレタンクリヤーを吹いて研ぎ出してから黒塗装。
黒塗装は、ブラックパーカー+トップガードを1:1で調色してみました。



スポンジヤスリでチェンバー周りのシルバーを出し、コレットブッシングの擦れ痕も再現♪



ステンレスのカバー部は地を出しているので塗装部分との差異は出てしまいますが、隙間や凹みが無くなっただけで
だいぶスッキリとしました♪





フィーディングランプは実銃画像を参考にして大きめに~





組み込んだ状態。





で、本体の方ですが・・・

ご依頼のエッジ欠けはこの通り綺麗に修正できました!







全体の仕上がりはこんな感じ!!





全体の塗装もバレルと同じく、ブラックパーカー+トップガードを1:1で。



今回はエッジ重視!のため、どうしても厚塗りになりやすいウレタンクリヤーは吹かずに、サイド面のみスポンジヤスリで
シコシコしてヘアラインを入れ、ピシッとした仕上がりを目指しました。







今回は刻印には手を付けてませんよww



小物パーツはほぼ全てご依頼者さまがご自身で研磨・ブルーイング・塗装されていたので、私はプランジャーチューブと
ファイアリングピンプレートのみ、シコシコしてブルーイングしてます。ご依頼者さまも同じシャイニーブルーを使ってる
そうなのですが、このスライドストップみたいに蒼く出来ないんですよね、私は・・・





実銃もスライドやフレーム含めて全ての部品が同じ色調ではないので、良しとしましょう。・・・して下さいお願いしますw



真横から。





さすがエラン。樹脂製GCNMの中ではプロポーションは抜群かと♪ とにかくフレーム幅が20mmではなく19mmの
リアルサイズなのが萌えます♪ グリッピングが全然別物です。



最後に縦構図で2枚。







今回は初のエラン仕上げ直しと言う事でメチャ緊張しましたー

スライド、フレーム共に単品でずっしり重いので、塗装の際に手を滑らせないようにとドキドキ!!

組み立ても、ちょっと組み込みが大変なディプレッサーのせいもありますが、慎重に慎重に、1時間くらい掛けましたよ(;^_^A

気に入って頂けるとイイなぁ♪


<オマケ>
前回、M686の6インチを仕上げさせて頂いた今回のご依頼者さまに、先日のM686 CSと同様のエキストラクターロッド
製作しました♪



これでよりリアルなM686になると思います!!


  


Posted by あじゃ  at 20:34Comments(12)COLT GCNM

2014年10月02日

エラン ゴールドカップ ナショナルマッチ

今回はゴールドカップ ナショナルマッチ!!(長いので略してGCNM)



美しいですね~~ こちら、エラン製のダミーカートモデルガンです。真ん中に写ってる小さいパーツはディプレッサー。
実銃ではGCNMだけに特別に追加されたパーツで、シアに取り付けてスライド閉鎖時のショックに拠る意図しないハンマーダウンを
回避するものだとか何とか・・・?
(※シアとトリガーバーの間に配置されるパーツ形状から、1stステージと2ndステージのトリガープルを均一化するものという説が有力か…?)


さて、エランのGCNMと言えばじゅうまちまんえん(!)もしますよね。もちろん私が買えるはずもなく、今回も依頼品ですw
ディプレッサーは組むのが非常に大変なのでと、別袋でお送り頂きました。


そう、コレを私に仕上げてくれって言うんですよ奥さん・・・(滝汗


いやいやいやいや! 見ての通り全然めちゃめちゃ綺麗やないですか!?


しかしご依頼者さま曰く、『スライドとフレームに小さな当て傷があるので、修正して再塗装をお願いします。』との事。


どんな状況か写真をお送り頂いたところ・・・(ちなみにトップの写真も依頼者さま撮影)





なるほど・・・ 確かに傷がありますね。まぁ、1~2万円のガスガンだったら『気にしすぎ~!』と突っ込むところですが(w)、
なんせ18万円もする高級モデルガンですからね、お気持ちは良く分かりますよ!(`・ω・´)  (←買えもしないくせにw)


そして、お気づきでしょうか?


この時点ですでに塗装剥離済みで、『やるっきゃない状態』である事にww


更に、バレルのチェンバー部分にはステンレス板が巻き付けられているのですが・・・





このような隙間や凹みがあってカッコ悪いので、埋めて再塗装して欲しいとの事。
ちなみにこちらの写真のバレルは、ご依頼者さまご自身で塗装された”別個体”のものだそうです。


・・・もう一丁持ってるんかーいww


少しだけ肩の荷が下りた気がしました。2丁あるなら、万が一の事があっても安心ですw


と言う事で、早速凹みの修正~~





黒っぽく写ってるのが瞬着を盛った部分です。当て傷の表面が平滑過ぎたので、ヤスリで荒らしてから盛りました。
この後、もう少しシコシコします。



バレルのステンレスカバーは一旦外して内側の接着剤を除去し、カバーの外径をバレルの外径に合わせて少し拡げてから
接着して、隙間や不要な凹みを瞬着で埋めました。





後は綺麗に塗装するだけ!


・・・なんだけど、やっぱり緊張するなぁ~(;´Д`)

  


Posted by あじゃ  at 19:34Comments(14)COLT GCNM