2020年03月02日

S&W M56 完成!!

先週末にはアップしようと思ってたのですが、次のネタのシコシコに夢中になって遅くなってしまいました(;´Д`)

S&W M56、完成です!!





今回の仕上げはメタルパーカーとブラックパーカーを2:1でブレンドして吹き付け、ウレタンクリアーを吹いて
シコシコ&ポリッシュ。


良い艶感になったと思います♪





薄くて追い彫りした刻印はこの通りしっかりと♪









追加で手彫りした刻印もバッチリ!!









ハンマースパーは形状変更してチェッカリングを立て直し、トリガーと合わせてケースハードゥンっぽくブルーイング。



ケースハードゥンらしさ・・・についてはまだまだ研究の余地有りかも?ですがこの辺でご容赦くださいm(_ _)m



ハンマーノーズもカッコ良くしました♪





ハンマーノーズブッシングは手彫りモールドでの再現ながら、かなり綺麗に出来た気が・・・





フレームとの隙間を調整したり、前面や側面の形状を修正したヨーク周り!!



苦労した甲斐あって、我ながら気持ち良い仕上がりです♪


毎回お約束ですが、トリガーガードもエロく仕上がりました~(*´Д`)




フォーシングコーン周りも変な段差を消してスッキリ!





リアサイト基部のセレーションが無いと、何だか変な気分になりますねw







そして、セレーションを埋めてグリップに合わせてライン修正したフロントストラップ&リアストラップ!





実はグリップのガタを取るために位置決めピンの位置を微調整したりもしています。見えませんけどw


という事で、すでに依頼者さまにはお納めして大変喜んで頂けました♪







それでは最後に久しぶり?の縦構図でフィニッシュ!!







今回も楽しかった♪

という事で、次回からもまたリボルバーです!! (うっす!オラ、オラガb



  


Posted by あじゃ  at 23:41Comments(10)S&W M56

2020年02月23日

500万超えヒット御礼!とS&W M56スタート!!

ありゃま! 気が付いたら500万ヒットを超えてました!!
12年目になる当ブログですが、いつもご覧いただきありがとうございます♪ 今後も宜しくお願いします!!


さて、今回のネタは依頼品でS&W M56です。

M56ってナニ・・・? えっと、私も知らなかったんですが大体の形状はM15で細かいところがちょっと違う、米海軍仕様の
モノ、らしいです。(訂正:米空軍でしたw)

ネットで調べてみると、とある海外フォーラムにこんな事が書かれていました。

「1962年~1963年の間に生産され、シリアルナンバーはK500001からK515205の間。多くは破壊処分されたが4丁が
現存している事が知られている。オークションでは2,500~7,500ドルくらいする。」

「.38 S&W Special口径、スクエアバットのKターゲットフレーム、3スクリュー。2インチヘビーバレル、ターゲットサイト、
長さ1.56インチの6連発フルート入りシリンダー、ブルーフィニッシュ、ピン留めバレル、S&Wメダリオン付きウォールナット製
センターダイヤのマグナグリップ。S&W M15-2をベースとし、スムースバックストラップに『U.S.』刻印。」

※追記:4丁というのはスプリングフィールドアーモリーミュージアムに所蔵されているものの数?で、もっと現存はしているだろうとの事ですー
確かに、シリアルナンバーからして15,205丁も生産されていれば、4丁だけって事は無いですよね(;´Д`A

こうやって文章でも大体の形状が伝えられるのって、流石マニアは凄いな~と感心してしまいましたw


さらに依頼者さまからは海外オークションの詳細な画像も頂いた上で、ベースとなるHWSのM15を実グリ付きでお送り
頂きました~




早速、バックストラップのセレーションをオートウェルドで埋め、U.S.刻印を手彫り!






フロントストラップのセレーションも埋めます。



どちらもセレーションを埋める、というか一旦大きく削り落として、実グリにラインを合わせて肉盛りしました。


グリップフレーム下部には参考にした実銃画像と同じシリアルナンバーを手彫り。




それから、何とM56はリアサイトベースのセレーションも無い!のでこちらもオートウェルドで埋めます。



前側の長い縦セレーションと、後端の横セレーション共に埋めました。



ハンマーノーズもリアルな形状に修正しました。





ハンマーノーズブッシングも、モールドながら手彫りで再現。





穴の内側はオートウェルドを盛って整形しました。



この辺の加工、以前は瞬着でやってましたがそれよりは強くなってるかと・・・
(とは言え、パチン!とハンマー倒すとノーズで削ってしまう恐れはあります)


こんな感じで大きな形状変更は完了~ それでは仕上げに・・・

と行きたいところですが、いつもベースにしてるタナカとは違いあちこち隙間が大きかったり変な段差が出来てたり
形状がおかしかったりするので、その辺の修正に入ります!(`・ω・´)

特に今回は旧型M15のためフレームラグが一体で変な形状してるので、削り落として穴を開けた後、
ラグをABSの丸棒から削り出して装着。



塗装やシコシコの時に邪魔にならないよう、裏からネジ止めしました。
あっ、こちら側のS&Wモノグラムは不要なので、この後埋めてます。



次にこのヨーク形状。



フレームとの隙間も気になりますね・・・


シコシコして形状修正すると同時に、オートウェルドを盛ったり隙間に詰めたりして修正していきます。



くっ付いて欲しくない部分には予めセロテープを貼っておきました。


硬化後にヨークを引き抜いて、テープを剥がしたところ。




はみ出したオートウェルドをシコシコしてあげると、こうなります。




セロテープ分の厚みだけだと、塗装後にクリアランスが足りなくなるので、その辺も意識しながら調整しました。




良い感じになりました♪




ヨーク内側のフレームにはモデルナンバーを手彫りんぐ!





また、フレームの内側がシリンダーとのクリアランス確保の為に加工されているのですが、フォーシングコーンが
ある部分にデカい段差が・・・




フォーシングコーン自体もちょっと短いので、作り直し前提で切り落として段差も削って均しました~




フォーシングコーンは、ジャンク箱に眠っていたこれまたHWSのボーチャードのバレルの切れ端から製作。



面接着してるだけなので発火したらスッ飛んでしまうかも知れませんが、発火はしないでしょうから・・・


シリンダーギャップは塗装後の事も考え、これくらいにしておきました。



モールドのバレルピンはリアル化するため、穴を開けてます。


HWSのKフレームはCMC時代から受け継いできた金型ゆえ、全体にヒケや段差などが多く下地処理に苦労しました。

アドレス刻印やバレル刻印、それに手持ちのHWSスマイソンから強奪したサイドプレートのS&Wモノグラムなどを追い彫りし、
ハンマースパーの形状を変更して、いよいよ仕上げるのみ!!


次回、完成披露です♪ お楽しみに!!


  


Posted by あじゃ  at 17:01Comments(10)S&W M56