2020年05月27日

Bill Wilson Carry Pistol 完成!




政府の緊急事態宣言解除を受け、我が社もいよいよオフィスワークを再開。
明日からまた電車に乗って片道2時間弱の通勤と考えると気が重い・・・w
3月頭から在宅勤務だったので、かれこれ3ヶ月ですよ。元の身体に戻れるんだろうか・・・(;´Д`)


・・・という事で(?)、いよいよビル・キャリーの完成です!!





フレーム周りの塗装は昨年仕上げたP226 SAO LEGIONと同じ色です。配合は不明w
思えば、このビル・キャリーの為に11年前に調色しておいたものだったような気が・・・ww

外装亜鉛パーツの殆どはブラッセン&アトム耐熱スプレーにて焼き付け塗装後、トリガーとハンマー以外をフレームと
同色塗装してます。

スライドはトップガード+ブラックパーカーを1:2で調色したもの。

今回は全てウレタン等でのコーティング無しです。ウレタンでコーティングすると、後々加工箇所が浮いてきた時とかに
補修が面倒になるので・・・


それでは細部を見ていきましょう~♪


丸めたメインスプリングハウジング。






チェッカリングの縦のラインが尻すぼまりになってるのが、11年前は分からなかったところです。


マグウェル用の溝も埋めてスッキリ!





グリップセフティ周り。




フレーム共々削り込み、通常状態で上側のラインがピッタリ合うように。




逆に握り込んだ時は、下側のラインが合うようにしました。




側面が凸凹してたグリップセフティにジーナスを盛り、フレームとの隙間を均一化。



あ、スライド後端のチェッカリングは削り落としました。実銃には入ってないので・・・


ハンマーも今回は焼き付け塗装。



もうちょと形状をウィルソンっぽくしたいところですが、強度的な問題もあり今回はそのまま。


Fピンプレートやエジェクター部分(ブリーチ後端)はブルーイングです。



エキストラクターのモールドを側面にも追加して、それらしく。


で、今回のハイライトがこのサムセフティ!!







角度変えて何枚も撮っちゃったw 仕上げたらまた良い感じになったと思いません!?
私はこれでご飯s(ry


フレームの刻印は追い彫り&シリアルナンバーを手彫りで。



スライドストップの軸先端も、フレームと面になるように削り込んでます。


ハイグリップ加工部分も、今回頑張ったところ!





この見た目、結構好きなんですが現行のウィルソンでは止めちゃったみたい? 強度的な問題でもあったのかしら・・・?


今回はスライドストップ下のラインだけでなく、トリガーガード付け根のラインや角Rも出来るだけ
それっぽくしてみました。




それでも実銃のラインとはちょっと違いますが、手加工ではこの辺が限度ですw


Uノッチ化したリアサイト。



ジーナスで埋めたこともあり、ブルーイングではなく焼き付け塗装です。


スライドトップのセレーションも大変でしたね・・・



あっ、お客様っ! あまり近づいて見ないでくださいね!?ww


フロントサイトは基部の両端を斜めにカットして、こちらはブルーイング。



あぁ!お客様っっ!!だからセレーションは近づいて見ちゃダメってあれほど・・・!!!ww


マズルを前から。



スライド先端のみならず、あらゆる角を適度に丸めています。エッジの立ったガンなんてケガの元ですから、
特にタクティカル系のカスタムガバは皆適度に角を丸められてますね。

メタルチャンバーに捻じ込まれた真鍮アウターが鬼トルクで締め付けられており、どうやっても外せなかったので
インナーバレルは金色のままです・・・(´・ω・`)


それにしても、モデル工房Sさん謹製の削り出しグリップは良いですねぇ♪





当時も今もなかなか実物グリップは手に入りませんし、というかある意味実物グリップより貴重なグリップです♪



という事で、ビル・キャリーのリベンジはこれにて完結!!






作動はWAなんで快調そのもの♪ やっぱりガバはWAのが好きなんだなぁ~~



次回もまたオート!


・・・の予定ですが、冒頭の通りオフィス勤務再開のためしばらく更新できないかもです・・・(;´Д`)



  


2020年05月24日

Bill Wilson Carry Pistol パーツ加工編

それでは引き続きビル・キャリーの加工を行っていきます。

まずはこのリアサイト。



全体の形状は大変良く出来てるのですが、当時の実銃画像を見るとどれもUノッチなんですよね・・・


という事で、塗装剥離後にノッチにジーナスを盛ってU字に整形!







次に、前回仕上げ直した時の一番の心残りだったサムセフティに取り掛かります。

WAのは指掛けの形状とか、全体にちょっと線が細くて頼りないんですよね・・・

そこで登場するのがコチラ!



そう、ウィルソンの実物サムセフティ!!
これもだいぶ前にとある方から譲って頂いたモノで、その時からこのビル・キャリーに使おうと思っていたのが
数年の時を経て今ようやく現実に・・・


とか言いつつ、そのまま実物を使っちゃうのは勿体無くなってしまったので、型取りしますw



今まで使ってた『型取り君』を切らしてしまったので、100均で買ってきた『おゆまる』を使いました。


元のWAのサムセフティは表面を削って荒くしておきます。




取った型にジーナスを詰め、WAのセフティを押し入れて形状転写!


(左のがその直後のセフティ)


バリを取ってフレームのラインに合わせて削っていき、ところどころにスが出てきたり削り過ぎちゃったりした部分に
再度ジーナスを盛り付け、納得いくまでシコシコし続けます。




で、最終的にこんな状態に。


(この画像では右がそうです)

元の形状よりかなりマシになったのでは無いでしょうか!? 少なくとも私はコレでご飯三杯イケそうです!!w


また、WAのセフティ軸はアンビ対応の為に5mm軸になってるので、右側だけ外径5mm、内径4mmの真鍮パイプを
短く切ったものを埋め込みました。



このアイデアはてるぱさんのパクリですスミマセンw


で、セフティの方は先っちょだけ4mmにします。
てるぱさんは専用治具を作って旋盤で削られてましたが、私にはそれは出来ないので、まずはヤスリで多角形を作っていき・・・




角を落としながら4mm径になるようにシコシコ。実際はちょっと細めに、3.8mmくらいになってます。




・・・という事で、これで加工は全て完了!(ホントは他にも色々シコシコしてますが、その辺は完成編で…)


次回、完成編です♪


  


2020年05月15日

Bill Wilson Carry Pistol 仕上げ直し開始!

今回は声を大にして言わせて頂こう!

ウッス! オラ、オラガバニストだよろしくな!!

・・・つか、エイプリルフール(しかも午前中)限定でブログタイトル変えただけなのに、未だに
ランキングではオラリボニストなの、めっちゃウケるんですけどww(別にいいんですけどねw)


という事で、久々のガバ! しかもウィルソン!!のビル・キャリー!!!







記憶の良い方でも覚えていらっしゃるかどうか・・・?

はるか昔、2009年にこのビル・キャリーを一度仕上げ直したことがあるんですよね。

その子とはまた別の、縁あって我が家に来たこの子ですが・・・

気が付けば11年も放置してしまいました本当にゴメンナサイ(TДT)


その時仕上げ直した時は資料も少なく(ガラケーだったし)想像で形状を直した部分もありましたが、
今は便利な時代になったもので、画像はもちろん細かい形状が判別できる画質で動画が見れるように
なってきました(なっていました)。


という事で、その辺含めて今回満を持してのリベンジ!であります。

ちなみに現行型はレールが付いたりクロスカットのセレーションになってたりと全然違う形状になってますが、
元の刻印やせっかくモデル工房Sさんに作ってもらった削り出しグリップがあるので、当時の型を再現します。


・・・と、前置き長くなりましたが、まずは塗装を剥離して肉盛りしたい部分にオートウェルドを盛ります。







肉盛りが不要な部分にはビニールテープを貼ってます。



硬化後、ゴリゴリと粗削り。



フロントストラップ上のハイグリップ加工についてはこのように上下幅が狭い事は11年前も分かっていたものの、
当時は30LPIの筋目ヤスリを持っていなかったので元のチェッカリング上端まで削ってしまいましたが、今は持ってる!


という事で、こうなりました♪



元のチェッカリングと違和感なく繋げられたと思います♪


次にスライドストップ下のラインを整形。



更にトリガーガード根元の角にも肉盛りして、Rを付けました。


メインスプリングハウジングはお尻を丸めて・・・





チェッカリングを刻みます!



以前は想像で縦の線は平行のまま、横の線はハウジングの端までキッチリ彫ってしまったんですが、
とある動画を見ると実物は縦線が尻すぼまりになってて、横線はその範囲内だけになってるのが分かったんです。

なので、縦の線は角ヤスリで一本一本真心こめて手彫り♪
横の線は30LPIで一気に・・・彫ったらちょっと勢い余って横線がはみ出しちゃったので、また肉盛りして修正する
羽目になっちゃいましたけど・・・(;´Д`)


スライド上面のセレーションも前回と違います。

前回は本数が分からなかったので手持ちの20LPIの筋目ヤスリで彫りましたが、こちらもその動画から実銃は
1mmピッチ(25LPI)相当であることが判明。しかも、フロントサイトのアリ溝手前で止まってました。


25LPIの筋目ヤスリは持っていないので、デムバートや角ヤスリで頑張って彫ります!(`・ω・´)




この、均一に止めるのが手彫りでは難しいんですよね・・・

何度も修正しながら、やっとここまで出来ました。


(大して変わってないじゃん!ってツッコミは全力でスルーしますw)

デムバートではなかなかピシッと真っすぐには彫れませんが、パッと見は綺麗に彫れてるのでこの辺で妥協します・・・



次回は最後の心残りに手を付けます。

お楽しみに!!


  


2020年05月11日

タナカ SIG P226 Mk25 仕上げ直し完成♪

という事で、完成です!!





スライドは前回書いたようにブラッセン、フレームはブラックパーカー+銃Ⅰをエアブラシで吹き、最後にアサヒペンの
高耐久ラッカースプレー(艶消しクリア)でコーティングしました。
このスプレー、高耐久の名の通りなかなかの耐摩耗性で、ちょっと擦った程度では周りと艶が変わるような事も無く
良い感じです。ただ、今回はフレームとスライドの色味の差が狙いより無くなり過ぎちゃったかな・・・?


ちなみに前回クイズの錨マークの正解は、

⑤漢は黙って気合いの手彫り&手塗りw

でした♪ 平面出しする前に錨マークのアウトラインを手彫りで彫っておき、ブラッセンで塗装後にエナメル白を
筆塗りし、表面をスポンジやすりで優しく整えてから、前述の艶消しクリアを薄く数回に分けて吹いてコーティング。


ともかく仕上げ直しが完了したので、QRコードのプレートをやっとフレームに貼り付ける事が出来ました♪




フロントサイトは面出ししてブルーイング。




バレルはフレーム同様にブラックパーカー+銃Ⅰ&高耐久艶消しクリアです。



今回はレール部分のEP痕も消しましたw


成型し直したレール周り。



気持ち悪い歪みとはおさらば!!(`・ω・´)


チャンバーカバーを持ち上げ、ロッキングするようにしました。(ダミカ仕様になります)



エキストラクターは後ろを削って短くし、表面にアルミ板と鉄板を貼ってスライドと並行にしたりして、チャンバーカバー共々
焼き付け塗装です。
エキストラクターのプランジャーはΦ3鉄ピンから削り出し、その後ろのファイアリングピンを止めるピンもロールピンにて
ライブ化しています。


ロッキングライブ化に伴い、ブリーチフェイスも加工してます。



分かりにくいと思いますが、ショートリコイルでチャンバーが下がる分(2mm程)、ブリーチフェイスもカートが2mm下に
下がれるようにする必要があります。
するとエキストラクターで保持されるリム部が下がることになるので、エキストラクターもより内側に可動できるように
調整したりと、色々面倒ではあります(;´Д`)



フロントストラップ周り、トリガーガード内側&その周りもパーティングラインを全て処理!








ディスアッセンブリーレバーは加工痕を消し、トリガーやマガジンキャッチ&プレート共々、焼き付け塗装。
デコッキングレバーはタナカへのオマージュとして敢えてそのままにしました。





パーティングライン(というか段差)を消したらセレーションがほぼ消えてしまったので、30LPIの筋目ヤスリで
彫り直し。



左右のセレーション終わり部分を均一にするのが難しいんですよね・・・機械の身体が欲しい・・・ww


ハンマーは上面の面取りを追加、パーティングラインを消して(実銃にはあるけどw)焼き付け塗装。



リアサイトは面出ししてブルーイング、ですが・・・ノッチ周りってこんな形状じゃないよね? 社外品に換えたいけど
当然モデルガン用なんて出てないし、タナカのガスガン用も見かけないので、何か他のが流用出来ないか考え中です。


平べったくてパーティングラインそのままだったファイアリングピンの後端に球Rを付け、雰囲気アップ!





15発ダミカをロードして、ほぼジャムなく作動します。(ちょっとちょうせいしましたが)
ダミカ仕様なんで手動ですが、ガスガンとはまた違う楽しみがあって良いですね♪
ガスも火薬も使わないからランニングコスト掛かりませんしw

発火ももちろん楽しい(しかもこのEVO2はメチャクチャ調子良いらしい)んですが、なかなか家では撃てないんだよな~~




  


Posted by あじゃ  at 22:22Comments(9)SIG

2020年05月10日

タナカ SIG P226 Mk25 仕上げ直し開始!

今回のネタはコチラ!



今年初めの記事でも紹介した、タナカのSIG P226 Mk25 EVO2 Frame HWです。すでに分解済み。


その時も色々書きましたが、改めて修正したいと思う部分を記録していきます。



スライド先端周りのパーティングラインや、リコイルスプリングが収まるところ(何て言うの?アゴ??w)の
両脇にある大きなパーティングライン(というか段差)が気になります。
あと、色味もちょっとグレー過ぎるかな? 実銃もアルミ製フレームとの色合いは違うものの、ここまでは
違わないような気もしないでもないような気がしないでもない。(どっちだよ)


ここのパーティングラインも消しましょう!




刻印はクッキリ入ってはいますが平面出しするとかなり浅くなりそうなんで追い彫りするとして、最大の難関は
シルクプリント?された錨マークですね。これをどうするかで随分と悩みましたが、方針が決まりました!




ちなみに、錨マークは顕微鏡で見るとこんな形状です。



錨マークがどうなったか?は記事の最後に!ww


お次はフレーム側。

面が歪んだレール周り・・・




パーティングライン(これも段差と言いたいくらい)がそのままのフロントストラップ周り。




トリガーガード内側や、トリガー後方の角の面取りにもパーティングラインという名の段差が・・・





あっ、分解する時の注意点ですが、リアシャーシとフレームの間(左側)のシアピン部分に、パーツ表に無い
ワッシャーが入れられていました。ガタ止めかなぁ?




グリップは実銃用を買うか悩みましたが、タナカのはHW材で出来ていて割と重量稼いでるようですし、
十分出来は良いのでこのまま使います。





とまぁ、そんなこんなでスライドが仕上がりました!ww



綺麗にパーティングラインや段差を処理し、ブラッセンをエアブラシで吹きました。


錨マークはどうしたかって?



さぁ、次のうち正解はどれでしょうか!?

①錨マークをマスキングして塗装!

②データ作ってレーザー刻印?

③特注シルクプリント!?

④自作水転写シール??

⑤漢は黙って気合いの手彫り&手塗りw



・・・簡単ですねそうですねww



次回、完成編です♪ヽ(´ー`)ノ


  


Posted by あじゃ  at 17:04Comments(12)SIG

2020年05月05日

KSC Beretta M9A3 仕上げ直し②

という事で気になるコチラのマガジンキャッチ形状・・・




実銃画像を見るとこうなってます。




マガジンキャッチ単品ではこう。



ノーマル形状のマガジンキャッチの上に、ボタンが傘のようにくっ付いてエクステンデッド(延長された)形状になってますね。


そこでまずはKSC M9用のマガジンキャッチをオクで入手・・・



比べてみると、M9A3のはエクステンデッドどころか短くなっとるやんけ!?アホか???

ちなみにキャッチスプリングがM9A3では弱くなってるようで、ちょっと押しただけでマガジン落ちそうな感じだったので、
好みを優先してM9の方をそのまま使います。


んで、ボタン部分をジャンクパーツから作りました。



これは以前3インチガバを作った時の、G26用SUS製リコイルスプリングガイドの根元部品です。
ジャンクパーツって取っておくもんですね♪(なので断捨離苦手ですw)
SUSに20LPIのチェッカリングを切るのは硬くてちょっと大変ではありましたが、逆に軟らかい樹脂とは違ってズレにくいので
力任せにやっても何とかなる利点がありますw


M9のマガジンキャッチに穴を開けてM3のネジを切り、ボタンを取り付け。



角度が合うところでジーナスにて接着してます。


そして、今回初挑戦の焼き付け塗装を行い、組み込み♪



焼き付け塗装については、コチラのページを参考にさせて頂きました。貴重な情報公開に感謝感激雨あられです!


ちょっと鉄っぽい質感の仕上がりが気に入り、サイト以外の亜鉛パーツも全て焼き付け塗装してしまいました♪









ハンマーはついでにパーティングラインも処理しておきました♪


さて、最初はタンカラーの再塗装だけで済ますつもりがココまで来てしまったので、最後にこちらも気になっていた
フロントサイトを改修します。

KSCのはフロントサイトの基部がスライドのRに沿った形状になってますが、実銃はこのように台形になってるんですよね。


(この写真はブラックモデルですが)


そこで、2mm厚のアルミ板から基部を削り出し~




ブレードの部分は横着してKSCのから切り取ってくっ付けようと思ったのですが・・・

切って初めて分かった何コレHW製だったのねww 全然気が付かなかったぜぇ~??

という事で、仕方なくブレード部分を4mm厚のアルミ板から削り出し、厚みを3.4mmほどに仕上げました。




削り出した基部とブレード部分はM2のネジとジーナスで結合し、こちらも焼き付け塗装して完成!






リアサイトは面出ししてブルーイング。




という事で、これにて完成ですヽ(´ー`)ノ







KSCの92系、今回色々と弄ってく中で作動は良いし、(ちょっと気になる部分はあるけど)外観も良いし、
(恐らく)集弾性も良いし、という事で大変気に入ってしまい、また別のを入手してしまいました・・・(←悪い癖が出たなw)

それはまた別の機会に、という事で。


次回は今年買った、あのモデルガンの仕上げ直しです!!





  


Posted by あじゃ  at 12:38Comments(6)M9A3

2020年05月04日

KSC Beretta M9A3 仕上げ直し①

G/Wですね♪ 皆さん如何お過ごしですか?

・・・って家に居ますよねそうですよねw
一方でどうしても外に出なければならないお仕事の方々、お疲れ様です(`・ω・´)ゞ 感謝しかありません。m(_ _)m


さて、今回のお題はKSCのBeretta M9A3です。


その前に私、2016年3月、同社92 Vertecを仕上げた記事の最後にこう書いてたんですよね。

『KSCさん、Vertecベースにサイレンサーアウター付けて、サイトとセフティの形状変更して、レールのスロット追加工して、
刻印変えて、セラコートしてM9A3出してくれませんかね~??』

残念ながらセラコートではなかったですが一昨年いよいよ発売される運びとなり、久しぶりに新製品を予約して買ったの
ですが、とある理由でそのままそおっ・・・と箱にしまったままでおりました。

その時の記事がコチラで、最後に書いてあるようにあまりにアレな色味に萎えまくり、写真すら撮ってなかったんですよねw


ですが先日、買いそびれていた実物グリップをようやく入手できたので、とりあえず取り付けて撮影したのがコチラです。




あれ?実物グリップってこんなに色が濃いの・・・?? どうやら、本体の色がおかしいからそう見えるようですwww


まぁ、散々各所で叩かれたこの本体のお色・・・今更ながら敢えて言わせて頂くと、『腹を下した成金』です。
(金の便器に下痢ウ○コが乗ってるみたいw)


ちなみに実グリップはKSCより座グリが深いので、スクリュー外径と同じ径の引きバネを1巻きカットしてスペーサーとして
入れておきました。








そして今回もそおっ・・・と箱に収納。


(実物箱も入手してましたw)


・・・ってそれじゃあ記事にならないので、仕上げ直しを決行します!(`・ω・´)


仕上げ直す部品たち。



アウターバレルやマガジンバンパーはABS?の成型色で、マズルのスレッドカバーはアルミにアルマイト処理、です。


まずはHW製のスライドとフレームの塗装を全剥離。





ハンマースプリングのハウジングをオートウェルドで接着し、一体化します。




さて、塗装ですが・・・

散々文句を言ったものの、Beretta M9A3で画像検索して見るとまぁ写真ごとに色味の違う事違う事w
かと言ってさすがに『腹を下した成金』は見当たらなかったですがww

そこで、これらの塗料を手配してみました。



左からインディのコヨーテタン、コヨーテブラウン、ダークアース、そしてアサヒペンのアルミカラー(ブロンズメタリック)です。


それらを、ABS板に吹き付けてカラーサンプルを作成しました。




これもホワイトバランスや露出での違いで、かなり色味が変わって見えるのが分かると思います。




これらのカラーサンプルを銃に当てながらさんざん悩み、最終的にはこうなりました!!








結局、スライドとマガジンバンパーをコヨーテブラウン、フレームとバレルおよびスレッドカバーをダークアースとしたので、
他の2本は使わず。スライドとフレームには上から半艶ウレタンクリアーでコートし、質感の違いを演出♪(したつもりw)
この色が正解かどうかは正直分かりませんが、答えの一つとして参考になればと・・・

ところでどうです? 上に貼った仕上げ直し前の写真と同じグリップなんですよ?
ホワイトバランスの違いもありますが、周りの色によって色味が変わって見えてしまう効果もあったのではないかと・・・



塗装にあたり、折角なのでスライドのPP刻印をPBに変更し、ディスアッセンブリーレバー下のKSC刻印を除去。


(実銃画像ではPBモノグラムが多いですが、こっちのシンプルなPB刻印もあるようです)


トリガーピン横のJASG刻印も埋めて除去しました。




スライド上部のAFPB(オートマチックファイアリングピンブロック)やピン類はモールドのまま塗り分け。




ランヤードループ周りも一体化でスッキリ♪





アウターバレルのネジ部とスレッドカバー内側はブラックパーカーで塗り分けてます。




根元まであったネジ部を削り、Oリングを装着。



本当はオレンジ(赤)のOリングが良いのですが、そんなの持ってないし・・・(´・ω・`)


米軍サイドアーム選考を争ったライバルたちと。



SIG P320(M17)に負けちゃいましたけどね(;´Д`)



あー、やっとこれで満足満足・・・





出来るかボケェ!!??? マガジンキャッチのカタチが全然違うやんけ???


・・・という事で次回に続くww







  


Posted by あじゃ  at 14:45Comments(4)M9A3