2020年08月26日

S&W M437 完成!

続いてM437も完成!





こちらも前回同様、タナカ純正っぽく艶消し黒で仕上げ。手を入れてないシリンダーや金属パーツは全てそのまま、です。
グリップは前回の色違いですね。


こちらも版下作成から鈴友さんにお願いしたバレル刻印♪




フレームのモノグラムも入れて頂きました♪



こちらには白でスミ入れ~


ガスガンのバレルを流用してますが、しっかりインサートは入れておりますのでご安心を♪




形状修正したフロントサイト。



フレーム上面先端も、バレルに合わせて角を落としています。


深くしたリアサイト前の溝。




サイトピクチャーを改めて~




フォーシングコーン根元周りも綺麗に仕上がりました♪




一見地味なカスタムですが、地味に加工箇所は多かったりしますw






現行フレームに旧型バレルのアンバランスさがまた良い味出してますね~






という事で、M360兄弟のカスタム完了です♪


・・・と思いきや、別の方からほぼ同時期にJフレームのカスタム依頼が・・・

こちらはちょっと(イヤかなりw)手間が掛かりそうなので、また日を改めて紹介します♪











  


Posted by あじゃ  at 22:05Comments(6)S&W M360

2020年08月18日

S&W M360 ノンフルート 完成!

という事で、鈴友さんにお願いしていた刻印がバッチリ入って帰ってきましたので、仕上げ塗装して完成!

まずはM360から。





グリップはご依頼者さまから一緒にお預かりしたS&W純正のラバーグリップです。見た目は地味ですが、薄さと
グリッピングを良い塩梅でバランスさせた、良グリップですねぇ♪

今回は凝った仕上げ塗装ではなく、タナカ純正っぽく・・・とのご依頼なので樹脂パーツを艶消しブラックで塗装。
金属パーツは特に手を付けずそのまま、です。


ただ、どうしても実銃同様に刻印には白スミ入れしたくなってしまったので、勝手ながら入れさせて頂きましたw
また、ピンモールド部分もシルバーで塗り分け。





鈴友さんに版下製作からお願いした刻印にも白でスミ入れ♪
自体も太さも深さも理想通り! ありがとうございます♪





スミ入れは真っ白なままだと目立ちすぎるので、入れた後に全体に薄く艶消し黒を吹いて調整しました。
レッドランプ入りのフロントサイトはM360PDから流用してます。贅沢♪


ノンフルートシリンダーも綺麗に出来たかと!(`・ω・´)






カッコいいですなぁ♪




パッと見は普通だけど、ちょっとだけ特別な感じのするM360。





いいなコレ・・・ え? やっぱり返さなきゃいけないの・・・?(´・ω・`)



さて、次回はもう一つのM360改めM437です♪



  


Posted by あじゃ  at 22:15Comments(4)S&W M360

2020年08月15日

S&W M360 & M437 カスタム開始!

今回は久しぶりのリボルバー! 当ブログとしてはMountain Gun以来の約4カ月ぶり!?

いかんですね、仮にもオラリボニストを名乗るものとしては・・・



・・・ってオイ!w ミリブロさんいつまでウチをオラリボニストのままにするつもりなのww
オラリボニストにしたのはエイプリルフールの午前中だけだったのに・・・(´;ω;`) まぁ面白いからいいけどwww


さて、久しぶりのリボルバーはご依頼品、しかも2丁同時!

まずはM360の方から。



折角カスタムするので、タナカが出してるM360系モデルガンの中で唯一HWでモデルアップされてる、SAKURAのモデルガンを
ベースにします。



が、SAKURAの邪魔な刻印はジーナスで埋めてしまいましょう!w





更にバレル右側の刻印も埋めちゃいます。こちらは浅いので瞬着で。





フレームの加工が終わったところで、黒サフを吹いて下地を作ります。



CNR~の部分は、実銃も同様の刻印が打たれているのでそのまま残しました。
また目立たない部分ですが、ヨーク内側に打たれていたM360JのJだけ埋めてあります。
逆に、ピンモールドや矢印とLなどは追い彫りしておきました。


そしてそして、シリンダーの溝もジーナスで埋めちゃいます♪



・・・そう! このM360はノンフルートにするんです♪ ちゃんと実銃にもそういうバージョンが存在するんですよ~


M360の加工はこれくらいにして、次にM437に取り掛かります。


・・・M437ってナニ? って感じかと思いますが(私も知らなかったしw)、簡潔に言うとM360にM36のバレル付けて
.38 Specialの+P仕様にした銃です。実銃はこんな形状です。

という事で依頼者さまから送られてきたのがコチラ。





M360モデルガンのボディに、M36ガスガンのバレルを挿げ替えてやります。





するとフロントサイトの高さの違い(M36用の方が低い)から、サイティングするとフロントサイトの上半分しか見えない事に気づく。





実銃の.357Magnum仕様のM360はその反動を考慮して、フロントサイトが高めに設定されてるんですよね。
(オートと違い、シリンダーギャップのあるリボルバーでは反動が着弾に大きく影響します。)

で、それに合わせて元のM360ではリアサイト前方の溝が前に行くほど浅くなってるんです。





この溝がM437ではほぼ水平になっているので、ゴリゴリとヤスリで修正。




また、フロントサイトも若干形状が違うので、上面にABSを貼って形状修正。



ついでにバレルの刻印も全て埋めてしまいます。


無事にサイトピクチャーが納得いく姿に♪



モデルガンとは言え、いや実際に弾を撃つ事が出来ないからこそ?サイトピクチャーは重要ですよね。



こちらは矢印とLを残して、ピンモールド含めて全て刻印を埋めてしまいます。




さらに、フォーシングコーン根元のステンレス板部品を除去し、凹みをABS板で埋めて、黒サフで下地処理。







写真撮り忘れましたが、2丁ともランヤードを取り外した後の穴もジーナスで埋めております。


んで、これら2丁、今回は刻印を版下作成含めて鈴友さんにお願いしました!


その仕上がりは次回ご紹介します♪


  


Posted by あじゃ  at 16:46Comments(6)S&W M360

2020年08月13日

フルストローク・デザートイーグルス!

暑さのせいで(←酷い言い訳w)記事にするのをサボっていたせいですっかり出遅れてしまいましたが、
我が家にも来ましたタナカのデザートイーグル!





・・・どーれだ?w


正解は真ん中の。

下のは戴き物のWA、上のも戴き物のマルイです。・・・戴き物多くね?(滝汗)
WAのはだいぶ前、マルイのは最近ですが、お二方には本当に感謝しております。ありがとうございますm(_ _)m


そんな二丁を引き合いに出して申し訳ないんですが、やはりフルストロークのデザートイーグル!

良いですねぇ♪





くぱぁ♡と開いた馬鹿デカいエジェクションポートがそそりますね。


(左がWA、真ん中がタナカ、右がマルイ)


・・・皆さんお気付きでしょうか?

そう。タナカのボルトフェイスはちょっと引っ込み過ぎじゃないかな!?


・・・え? そこじゃない??ww


はい、そうですね。WAは元からフルストロークでしたが、マルイのは違いましたね。

元々、マルイのはこれくらいのストロークですよね。



リコイル強くて良く当たるマルイのデザートイーグル(ハードキック版)ですが、ストロークが短いのがちょっとねぇ~・・・
だってボルトフェイスがマガジンの途中までしか後退してないんですもの。実銃だったら装填出来ませんやんw


という事で、今回の主役はタナカではなく、マルイの方ですw

え? タナカのレビュー?? ウチでやらなくても良いよね???ww


まぁ、そんなマルイのデザートイーグル(ハードキック版)自体2003年に発売されたもので、同様の不満を持った
先人たちがフルストローク化された記事や動画などをアップされているので何ら目新しい事ではないのですが、
私もやってみましたという事でご紹介。

今回も長いよ!w


増やしたいストローク量はちょうど20mm、結構な量ですw

メインの加工対象はこのバレルガイド。まずはスライドがブチ当たる部分を糸ノコで20mmカットします。




上の画像の右上の方に写ってる穴が邪魔なので、6mmのアルミ棒をネジ止め&ジーナス接着で完全に埋めた後、
リューターやらヤスリやらを総動員し、ローディングノズルが当たる部分や後述のスプリングガイドが通る部分など、
アチコチ削ってこんな形状にしました。






アウターバレルに組んだ状態。



・・・ここまでですんごい疲れた・・・もうやりたくない・・・


クソ暑い中やる気を振り絞り、続いてフロントシャーシの加工。



意識が朦朧としていたので(嘘w)加工前の写真撮り忘れましたが、こちらもリューターやらドリルやらを駆使して加工。


続いてリコイルスプリングガイドを延長します。



上がノーマルで、下がAmazonで購入した3mm径のステンレス丸棒(←中国からの発送で時間掛かった)を
適度な長さに切り、Cリング用の溝を切って新しいスプリングガイドにしたもの。


左右の連結パーツは一つだけ使います。






このスプリングガイドが前述の加工済みフロントシャーシに・・・




このように収まります。






元のスライドストップの切り欠きをABS板で塞ぎ、20mm前進した位置に新たに切り欠きを付けます。



変なところに傷付けちゃったので、それも一緒に瞬着で埋めてます(;´Д`)


スライドレールも前方に切り欠きを延長。




更に、スライドレールの一部を内側に折り曲げて、トリガーバーを押し下げる部分も延長します。




また、スライドレール先端の、このカエルの目?wみたいな部分も邪魔になるので削り落とします。






ローディングノズルのガス流入口の後ろの、レールの角もハンマーが引っ掛からないように落としておきます。




以上、大変駆け足でしたがフルストローク化の加工は以上となります。

あとはスライド、アウターバレル、フレームのパーティングラインを消しつつ軽く平面出ししてダークパーカーで塗装。
ちょっとラバー塗装がべた付き始めていたグリップはIPAに浸けて(も完全に落とせなかったけど)、艶消し黒で塗装。

仕上がったのがコチラ♪






デザートイーグルというと何となくマットブラックなイメージですが、ちょっと趣向を変えてヘアライン仕上げにしてみました。













フレームのパーティングラインなんかは実銃でも残ってるとかって話も聞きますが、逆に綺麗に消してある個体があっても、
良いんじゃなーい?

逆に、MADE IN JAPANはそのまま残していたりw



正直、この大きさで線が太めの文字を手彫りで綺麗に彫れる自信がありませんでした・・・(´・ω・`)

それと、各金属パーツのEP痕なども処理が面倒なのでそのまま放置w



あ、でも、分解手順は実銃っぽくバレルを先に外せるようにバレルガイドのレール幅を詰めておきました。






それと、フレームのマルイ刻印とASGKは埋めておきました。





やっぱりね、ボルトフェイスがマガジン後端より後ろで止まる、ってところがミソなわけです♪




気になる作動ですが、少なくともこの時期はノーマルよりややモッサリかも知れませんが十分強いリコイルで、
スライドストップもバッチリ掛かります!


(コチラは仕上げ前の状態です)


この、パックリ開いた姿が良いですよね♪







こんなの見たら、フルストロークでガシガシ動く(←ここでWAは脱落w)GBBのデザートイーグルが欲しくなるじゃん!!

とお嘆きのアナタ。


ご安心ください。

どうやら、今までフルメタルゆえに手を出せなかったWEのデザートイーグルが、樹脂外装を纏ってAW(←WAじゃないよw)
から9月頃?発売されるそうですよ!




正直、今回のを作り始める前にこの情報知ってたらやってなかったw

AWさん、この後で良いんで、WEでも出してるマグナポート&アンダーレール付きのL6も出してもらえませんかね・・・?

出来ればパーティングラインも綺麗に処理してシルバーメッキしてくれたら嬉しんですけど・・・








  


2020年08月10日

VFC/UMAREX G45

また買っちゃいましたVFC/UMAREXのグロックw
今回はG45です。名前から誤解されがち?ですが、9mm口径ですw(実銃のハナシ)






いやまぁ、G19Xが出た時からG45が出たら買う宣言(この辺の記事でw)しちゃってましたし、G19Xとよく似た構成ながら
フロントセレーションとかフレア処理されたマグウェル部とか、結構違うし!ぜんぜん別物だし!!(と自分に言い聞かせるw)


・・・とは言え、やっぱり中身はG19Xと同じなので(w)、やる事はG19Xの時とほぼ同じですww


まずは定番の、ハンマースプリングとシア/ノッカースプリングを弱体化。


加工の詳細はこの記事を参照)


注入バルブの手前側パッキンを除去。



今回の個体はコレやってもあまり音がするようにならなかったです。個体差あるんですよね~
まぁガスは入る事は入るので、そのまま使います。


エキストラクターのプランジャー部分だけ黒染め落として白磨き&奥のブリーチを黒染め。




それからアウターバレルの後退量アップ加工&引きバネ追加。




加工の詳細はこの記事を参照)

インナーバレルはノーマルのままですが、ホップパッキンは宮川ゴムの幅広窓用EPDMにしてみました。
けっこう安定してフラットな弾道描いてくれます。良パーツですね♪


今回はサイトを交換せず、純正のをバリ取り&面出しして、左側面の刻印に白スミ入れしてみました。





サイトはCRUSADERから同形状で安いスチール鋳造のが出ると思ってたんだけど・・・ 出てるのはちょっとお高いProArms製の
Trijiconタイプくらい? なかなか期待通りにはなりませんね(;´Д`)


という事で簡単ではありますが、以上です。


・・・え? レポになってないって??ww

いや、外観は見ての通りフレームの刻印以外は言う事無し、作動もバッチリでこれ以上弄る必要無しです、ハイ。

絶好調過ぎてツマラナイくらいw


  


Posted by あじゃ  at 22:04Comments(21)Glock

2020年08月09日

EMG/AW Archon Type B 完成!

いやぁ~ 長い梅雨が終わったと思ったらいきなりの猛暑続き! キッツイですね~~(;´Д`)

・・・という事で?しばらくブログ更新サボってましたが、生きてます。コロナにやられたりしてません。元気です!(`・ω・´)


そんな中(もう2週間ほど前になりますが)、鈴友さんがキッチリ仕上げて下さいましたType B!



お願いしたのはスライド、アウターバレル、それとバレルロックパーツの3点。
今回も期待通りの仕上がりに満足満足♪


今や鈴友さん自身もAmazonなどでセラコートを外販されてはいますが、セラコートはただ塗りゃあ良いってもんではなく
下地処理やら熱処理やらも必要ですし、何よりなかなか均一に塗りにくい内側の溝なども要求通りにキッチリ仕上げて
頂けるのは、これはもう流石のプロの仕事、であります♪




全体にシリコンオイルを馴染ませ、早速組み上げ♪






うん、よきよき♪









折角なので、ちょっと角が甘かったリアサイトとフロントサイトを面出し、セレーション入れ直してブルーイングしました♪





フロントサイトのファイバーはGunsModifyのモノに交換してます。とても見やすい!!


これでまたお気に入りの一丁が完成♪






鈴友さん、今回もありがとうございました!!