2021年11月03日

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

気が付いたら600万ヒット(PV)超えてました! 皆さま、いつもご覧いただきありがとうございます♪
このところSIGばかりのオラガバニストですが、今後ともよろしくお願いします~m(_ _)m

それでは早速P225のフレーム加工の続きを・・・

ですが、皆さんもいい加減に飽きてきてると思う(というか私がサボり過ぎた・・・)ので一気に行きます!!
めっちゃ長くなりますゴメンナサイw


さて、まずはこのグリップと全然ラインが合ってないフレーム後端をやっつけます!

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


そのまま削り込むと穴が開いてしまうので、内側にABS板を貼り付けます。側面にチラ見してる隙間も埋めます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


で、ゴリゴリと削り込むとこの通り!

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

下側のラインが合いました♪ 最終的にはもうちょっと詰めます。


P220のハンマーリバウンドスプリングのピンが太く、グリップからちょっとはみ出てしまってますね・・・

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


なので、ピンが細くベース部品が小ぶりなP226のを加工して使います。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


出来るだけ前に取り付けたいので、ハンマーと干渉しないように削り込みます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


フレームの穴を一旦塞ぎ、細いピン穴を開け直して取り付け。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


更に、上側も削り込みます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


ここでフレーム加工と言いつつ(w)、スライド位置をちょっと微調整。
若干リコイルスプリングガイドが出っ張り気味だったのと、スライド後端の位置が狙いより後ろ寄りだったので、バレルの
ロッキングラグ前側の斜めの面をちょっと削りました。(実は今までのSIG P22※系カスタムでも、ほぼ全てやってました)

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


スライドとバレルが若干前寄りになり、リコイルスプリングガイド先端が狙い通りの位置に。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


スライド後端の位置も狙い通り!(若干フレーム側が長いのが多くのP22※系の特徴ですよね~)

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


P228から持ってきた(ちょっぴり要調整)、やや大ぶりなハンマーを整形します。
今回はセレーション後端下側が丸い、中期型?のハンマーとしました。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


トリガーは前側に肉を盛って、長さは短く整形。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

トリガーガードの形状と密接な関係にあるので何度も組んでは削り、またトリガーガード側も修正したりとなかなか
難儀でありました(;^_^A


次にマガジンの切り詰め。

前回マガジンキャッチの取り付けを行いましたが、M39のマガジンにマガジンキャッチが引っ掛かるノッチを追加します。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

画面中央の小さい角窓がそれです。リューターやヤスリでシコシコと。


で、フレームにマガジンを入れるとこれくらい下に出っ張ります。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


カットする部分をマーキング。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


糸鋸でカットしてヤスリで整えます。耳の部分は長めに残しておきます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


内側の幅ピッタリになるようにビニールテープを巻いた木片を挿入。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

外側は傷が付かないようにビニールテープを巻いておきます。


これをバイスで挟み、耳の部分をハンマーで叩いて外側に曲げます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


マガジンボトムプレートが嵌るよう、耳をカットして整形&ブルーイング。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


M39のマガジンをグリップアングルに合わせたので、マガジン上部前側とロッキングブロックのフィーディングランプに
大きな隙間が出来てます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


そのため、スライドを組んで装填しようとするとブリーチに押されたカートリッジがお辞儀して、フィーディングランプに乗り上げずに
引っ掛かってしまいます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


そこで、5mm厚の真鍮板からこんなパーツを切り出しました。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


これを、ロッキングブロック後端にネジで取り付けます。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


そして、フィーディングランプを拡大!!

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


めちゃくちゃスムーズに装填出来るようになりました♪

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


残すは細かいディテールの加工。

スライドのシリアルナンバー部分にセロテープを貼り、刻印をなぞって針でツンツンします。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


それを剥がして、フレームにペタリ。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


再度針でツンツンして、線を繋いで、シリアルナンバーのコピペ完成!(w)

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


スライドのロールピンですが、実銃同様のダブルロールピンを外観だけでも再現しようと、25mm長さのΦ3ロールピンと、
10mm長さのΦ2ロールピンを用意しました。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

このようにΦ2ロールピンの先端をちょっと細くしておいて・・・


バイスで圧入!

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


外観だけダブルロールピンの完成です!!

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

Φ2ロールピンの切れてる部分がちょっとズレてしまいましたが、偶然にも反対側も同じ方向にズレたのでラッキーでしたw


そして最後の加工は、大変面倒くさいフロントストラップの縦セレーション。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

クッソ邪魔な下側の突起を付ける前にやるんだった・・・と後悔しながらも、何とか30LPIの筋目ヤスリで浅い溝を切ってから、
一本一本丹精込めてデムバートで彫ってあげました~


バッチリじゃね!?( ・ω・)

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤


仮組みして(これは刻印前ですが)、参考にしたブルーガンと。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

そう、このブルーガンがめちゃくちゃ参考になったんです!コレが無ければトリガーガードやトリガーのサイズの違いとか、
絶対に気付かなかったと思います。

実はコレ、Jumoさんに無理言ってお借りしたもの。いやホント助かりました!Jumoさん、改めて、ありがとうございました~!!


あ、そうそう。ブルーガンとはスライドの形状が異なりますが、今回のグリップ形状(後端形状が違い、ハンマーリバウンドスプリングの
ピンが隠れる)からブルーガンの形状よりも新しい後期型?と思われる、下の実銃画像を参考にしています。

600万ヒット御礼!&SIG SAUER P225 フレーム加工の続き⑤

これならP228スライドのままで良いし♪


という事で大変長くなりましたが、P225の加工記事はこれにて終了!

次回(なるべく早めに記事書きますw)、完成編ですお楽しみに♪
















同じカテゴリー(SIG)の記事画像
SIG SAUER P220 Nitron Carry ちょっと手直し
SIG SAUER P220 Nitron Carry 完成! #220の日
SIG SAUER P220 Nitron Carry 加工(ほぼ)完了
SIG SAUER P220 Nitron Carry製作開始
SIG SAUER P245 完成!!
SIG SAUER P245 バレル加工~マガジン加工、その他編
同じカテゴリー(SIG)の記事
 SIG SAUER P220 Nitron Carry ちょっと手直し (2022-02-28 22:46)
 SIG SAUER P220 Nitron Carry 完成! #220の日 (2022-02-20 10:11)
 SIG SAUER P220 Nitron Carry 加工(ほぼ)完了 (2022-02-15 23:27)
 SIG SAUER P220 Nitron Carry製作開始 (2022-02-07 23:02)
 SIG SAUER P245 完成!! (2021-12-27 18:10)
 SIG SAUER P245 バレル加工~マガジン加工、その他編 (2021-12-26 14:46)

Posted by あじゃ  at 19:28 │Comments(6)SIG

この記事へのコメント
600万HIT MAN おめでとうございます

ちょっと前より工作技術とか工法とか進化してますますコワイです

瞬着盛っていた頃より オートウェルド様の登場とか材料進化・品質向上もスゴイデスね

そろそろユーチューブに進出して 能力を世界にアピールされても良いかもです 
Posted by sizu at 2021年11月03日 21:22
600マン!HITおめでとうございます!!

なんかもう全ての場所でスゴいことになってますね・・・

ハンマーのところがこれほど要加工とは想像できませんでした、
これはご依頼主とあじゃさんの二人が揃って相当なハイレベル同士でないと見えなくなっちゃうという
そういう神レベルな加工の集大成ですな・・・

完成を楽しみにしております
Posted by Domino251 at 2021年11月03日 21:55
>sizuさん
> 600万HIT MAN おめでとうございます

ありがとうございまーっす!!

>ちょっと前より工作技術とか工法とか進化してますますコワイです

怖がらないでくださいww

>瞬着盛っていた頃より オートウェルド様の登場とか材料進化・品質向上もスゴイデスね

HWへの接着強度の点ではいつもの瞬着に分がありますけど、やっぱりたくさん盛るのは削り粉使ってもキツい…
と言うか、後のヒケとか無限ス地獄で泣きを見るので致し方なく(;´Д`A

>そろそろユーチューブに進出して 能力を世界にアピールされても良いかもです

ブログ書くのも心許ない人間が動画編集なんて出来る訳が無いでしょう…?w
Posted by あじゃあじゃ at 2021年11月04日 19:37
>Domino251さん
> 600マン!HITおめでとうございます!!

ありがとうございます〜〜!!!

>なんかもう全ての場所でスゴいことになってますね・・・

フレームは大変でしたね…
その代わりスライドは楽させて頂きましたw

>ハンマーのところがこれほど要加工とは想像できませんでした、

グリップ付けた時に、どえらいズレてるなぁ〜と覚悟を決めました。
記事に書き忘れましたが、トリガーバーも要加工です〜

>これはご依頼主とあじゃさんの二人が揃って相当なハイレベル同士でないと見えなくなっちゃうという
>そういう神レベルな加工の集大成ですな・・・

依頼者さまには細かい加工内容までは伝えてないので、こんなトコまでシコシコしたのー!?って驚いてるかも?ですw

>完成を楽しみにしております

頑張って記事書きますねww
Posted by あじゃあじゃ at 2021年11月04日 19:51
遅ればせながら600万ヒットおめでとうございます♪
まあ、全くと言っていいほど別物の銃なのでそうなるのかもですが、、
お口あんぐりの作業量と加工技術!?、ついに刻印のコピペまでwww
日々進化してる技術と絶える事無いモチベーション!、素晴らしいです。。
完成記事も楽しみにしております♪
Posted by ta-93s at 2021年11月06日 09:30
>ta-93sさん
> 遅ればせながら600万ヒットおめでとうございます♪

ありがとうございまーす!!!

>まあ、全くと言っていいほど別物の銃なのでそうなるのかもですが、、
>お口あんぐりの作業量と加工技術!?、ついに刻印のコピペまでwww

刻印コピペ、結構使えますよ!w

>日々進化してる技術と絶える事無いモチベーション!、素晴らしいです。。

あざーっす!
このSIG熱はいつになったら冷めるのやら??ですが…_(:3」∠)_

>完成記事も楽しみにしております♪

はーい♪
Posted by あじゃあじゃ at 2021年11月06日 19:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。