2022年05月29日

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)、略してP.P.P.。(ペンパイナッポーペンじゃないよw)

この銃をご存じの方がどれだけいるか分かりませんが、月刊Gun誌1989年5月号の表紙を飾ったのが、そんな名前の妙に小さな
Kフレームリボルバーでした。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)


当時(ってもう33年前なのか・・・)これを見たあじゃ青年は、(うはぁ!めっちゃカッコいい!!いつか作りたいな~♪)
と思いつつ、大きな子供になってからコクサイのM13(HWプラ)を入手するもどうやって強度を保ったまま切り詰めるかの
アイデアも無く、日々が過ぎていきました。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)


ネットでこの名称を検索しても実銃の情報は無く、トイガンの作例では旭工房さん、Butchさん、hk飯店さんが出てきますが、
あまり詳細な加工方法はアップされてないご様子・・・(探し方が下手なだけかも?ですが)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

実銃フレームのグリップ周りは中抜きして溶接してるのかなぁ?


折角ならプロポーションが好みでようやくモデルガンも出たタナカのM13をベースに作りたいと思い、3丁大人買いしたのが
昨年6月でしたが、その頃はSIGに憑りつかれていたのでそのまま放置していました。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

…が、先日ようやくリボルバーの女神が降臨(というか強制召喚w)したので、その勢いで作ろうと思い立った次第であります!

どさくさに紛れてGun誌1989年5月号の紙面もアップしちゃいましたが、引用って事でご容赦頂きたく…m(_ _)m


まずはハンマー。スパーをスパッと(w)切り落とします。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

中途半端なデホーンドだなぁと思われるかも知れませんが、スパーの根元の後ろの段差を残すのにはちゃんとした
理由があったりします。その辺はまた後日。


頭頂部に滑り止めの溝を3本入れ、シコシコして綺麗に仕上げます。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)


左は加工前。ハンマーノーズ下の不要なピン穴は、ハンマーの幅よりやや長めに切り出したΦ2の鉄ピンを叩いてカシメてから、
ハンマーサイド面と共削りして目立たなくしました。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

黒染めが残っているとそこだけメッキの乗りが悪くなってしまうので、スリットの内側なども出来るだけシコシコしておきましょう~♪


続いてトリガー。セミワイドトリガーの前面を削って薄くし、角も大きく丸めます。

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

これも左は加工前、です。


そして、それらをメッキ屋さんに出して艶有りニッケルメッキで仕上げて頂きました♪

Popeel Pocket Pistol(ポォピールポケットピストル)

ピッカピカ♪ なのと、ちょっとピンホールが目立つので、最終的にはナイロンたわしでゴシゴシして目立たなくします。

今回はここまで。

続く!!







同じカテゴリー(S&W M13 P.P.P.)の記事画像
Popeel Pocket Pistol 完成♪ Part.2
Popeel Pocket Pistol 完成♪ Part.1
Popeel Pocket Pistol フレーム加工
Popeel Pocket Pistol バレル加工
同じカテゴリー(S&W M13 P.P.P.)の記事
 Popeel Pocket Pistol 完成♪ Part.2 (2022-06-08 23:05)
 Popeel Pocket Pistol 完成♪ Part.1 (2022-06-05 22:56)
 Popeel Pocket Pistol フレーム加工 (2022-06-02 19:16)
 Popeel Pocket Pistol バレル加工 (2022-05-31 22:33)

Posted by あじゃ  at 21:30 │Comments(4)S&W M13 P.P.P.

この記事へのコメント
こんばんは。
小6の1月から大学5年の2月までGUN誌購入してました、89年4月に就職し今までノーマークで初めてこれを見ました。
大人になって短いほうが好きになったおっさんには堪らないかっこよさです。
バレルの下のフラットなのが特に好きです。
Posted by ボブ at 2022年05月30日 22:04
>ボブさん
> 小6の1月から大学5年の2月までGUN誌購入してました、89年4月に就職し今までノーマークで初めてこれを見ました。

何と!これは5月号なので、ちょうどボブさんが就職された頃だったんですね〜

>大人になって短いほうが好きになったおっさんには堪らないかっこよさです。

短いの、良いですよね〜♪
私が昔から好きだったのは親近感からかも?(何が短いかは敢えて申しませんw)

>バレルの下のフラットなのが特に好きです。

またピンポイントなw
でも分かります。この面はバレルカットしないと普通は前から見えませんもんね。特別な感じがします♪
Posted by あじゃあじゃ at 2022年05月31日 07:48
お~!、これ逝きますか~ww
てか、逆に、まだ、いって無かったでしたっけ?
てか、てか、オラリボ復活!!!待ってました♪
この頃、自分もGUN誌買ってたのでこの銃はおぼえてますね~。
この銃って、やはりJフレームじゃなくKフレームの6連発って所が
味噌なんでしょうね~。

話しは変わりますが考えてみると、お互い、長くこの趣味してますね~!
もう、四半世紀超えてるのかwww
Posted by ta-93s at 2022年06月01日 00:46
>ta-93sさん
>てか、逆に、まだ、いって無かったでしたっけ?

まだだったんですよ〜♪

>てか、てか、オラリボ復活!!!待ってました♪

そんなに?w お待たせしました〜
ちなみにこの次もリボですよ♪

>この頃、自分もGUN誌買ってたのでこの銃はおぼえてますね~。

やっぱりインパクト大きいですよね!
逆に見てなければ記事内にも書いた作例以外では、なかなか知る機会が無い銃でもありますが(;´Д`A

>この銃って、やはりJフレームじゃなくKフレームの6連発って所が味噌なんでしょうね~。

当時は更に.357Magのアドバンテージもありましたね♪

>話しは変わりますが考えてみると、お互い、長くこの趣味してますね~!
>もう、四半世紀超えてるのかwww

既に四半世紀超えて1/3世紀!
次は半世紀目指しましょうw
Posted by あじゃあじゃ at 2022年06月02日 12:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。