2010年03月03日

HK51 内部チューン

という事で、あまり望まれてはいないであろう記事ですw
まぁ、参考程度にでもなれば・・・(;´Д`)


このHK51、10年近く前?に購入してからこれまで一度も分解したことが
無いとの事で、今回が初のご開帳となります♪
どんな状態になっているのか、ドキがムネムネの瞬間です。

それでは~


くぱぁ

HK51 内部チューン


まぁ、セミオンリーという事で想像はしていましたが、ギア周りは大して汚れてませんね~


ただし、スイッチの接点(固定側)はちょっと焼けてました。

HK51 内部チューン

電動ガンのスイッチには、ON・OFFの瞬間にスパークが発生しています。
セミオートを繰り返すと、発射弾数はさほど多くなくともあっという間にこのような
状態になり、最悪は焼き切れてしまいます。

可動側スイッチもこの通り。

HK51 内部チューン

今後もセミオンリーで使用することを考えると、FET化は(万が一の暴走リスクを考えても)
必須と思います。
FETにすれば今後スイッチが焼ける心配はありませんが、念のため磨き直しておきました。

HK51 内部チューン

HK51 内部チューン


あとは定番のレール研磨。

HK51 内部チューン


ハイサイクルにする訳でもないですが、念のためピスクラ対策や、

HK51 内部チューン


ピストンヘッドの後方吸気化等を行います。

HK51 内部チューン

ピストンヘッドくらい市販品を使っても良いのですが、ノーマル加工で十分です♪


あ、さすがにノーマルのPOM軸受けは頼りないというか稀に割れたりする事があるので、
今回はプロメテウスのメタル軸受けに換えておきました。

それと、古いモデルなのでベベルギアの逆転防止ラッチ溝が2枚のみなので、
4枚のタイプに交換。

HK51 内部チューン
(画像右が4枚のタイプ)

最近の(と言っても数年前から)は最初から4枚になってるはずなので、気にする
必要は無いと思います。

この目的は、セミオートやフルオートでトリガーを離した後、メインスプリングの
力でギアが逆転する量を少なくする事。これにより不快な作動音やギアに掛かる
負担を軽減できます。


それから、画像撮ってませんがシリンダーもフルサイズだったので、手持ちの
M4サイズに交換しておきました。

グリスは入手しやすく、何だかんだで信頼のおけるマルイ純正を使います。

シム調整をして、蓋を閉めます。

HK51 内部チューン
(↑この後、初速調整のために5巻きカットしたM90スプリングに変更し、スプリング
ガイドはノーマルに戻してます)


あれ? モータのコードは?(`;・ω・)


メカボの外を通します。

HK51 内部チューン

G3の場合、グリップ根元後部に配線を通すのにちょうど良いスペースがあるので、
そこを通します。(グリップとフレームに穴開け等の加工は必要です)
こうするとメカボの分解・組み立てが楽になりますし、若干ながら配線の長さを
短くする事にもなり、効率アップに一石二鳥です♪

ちなみに配線は16ゲージのシリコンコードで、ヒューズレスにしてます。
FETデバイスは画像右上のコードの途中、ツヤの有る熱収縮チューブの中で、
ストックの基部に収まります。今回、石はIRL1404を使いました。



ところで、前回の記事で紹介したセレクターレバーの延長加工やグリップの削り
込みを見ての通り、keiさんは私と同じく決して手の大きいほうではありません。

私、自前のMC51で気になっていたのですが・・・G3ってトリガー遠くね!?
私だと人差し指の先端がやっとかかる感じ。keiさんもトリガーが遠いと仰ってました。

うーん、何か良い方法はないか・・・?


続くー





同じカテゴリー(電動ガン)の記事画像
HK51 一時帰省
HK51 完成!
HK51 トリガーフィールの改善
HK51 ラージセレクターレバー他
HK51 アウターバレル加工
HK51 ストック加工
同じカテゴリー(電動ガン)の記事
 HK51 一時帰省 (2011-01-18 00:15)
 HK51 完成! (2010-03-06 00:17)
 HK51 トリガーフィールの改善 (2010-03-04 00:25)
 HK51 ラージセレクターレバー他 (2010-03-01 00:21)
 HK51 アウターバレル加工 (2010-02-27 01:12)
 HK51 ストック加工 (2010-02-25 00:20)

Posted by あじゃ  at 00:44 │Comments(8)電動ガン

この記事へのコメント
逆転防止ラッチの歯が増える事で、撃ち終わったあと
スプリングが圧縮途中で止まったままになることって
無いんですかね?
自分はそれがいつも気になって、夜眠れない時も有りましたw
なんですかね、あの不安神経症みたいな気持ちの悪さは・・・。
バッテリーの過放電とか、スイッチの焼き付きとか、
心配事が多くて、電動は自分には向いてませんでした(;´▽`A``
グリスアップは楽しかったけど。
Posted by エコー1 at 2010年03月03日 09:51
初めまして
トリガーが遠いとありましたが、プラ板の積層かなんかでオフセットした物を作るのは無しですかね?スンマセン具体案が無くてm(_ _)m
Posted by G3フリーク at 2010年03月03日 16:09
やっぱ鑢王ですから、盛って削ってですかねw。
G3のトリガーは厚みがあるから細工しやすそうですよね。

しかし10年経過したメカボックスの割には綺麗ですね。
サバゲーで使用してたものなんかは目も当てれない状況がうかびますがw。
Posted by ぜっぷぜっぷ at 2010年03月03日 19:14
>エコー1さん
>逆転防止ラッチの歯が増える事で、撃ち終わったあと
>スプリングが圧縮途中で止まったままになることって
>無いんですかね?

ありますよ~
っつか、ラッチ2枚でも通常(特にセミで)は圧縮途中で止まるのが普通だと思います。

>自分はそれがいつも気になって、夜眠れない時も有りましたw

私も以前は気になりましね~
指切りバーストを何回かして、ちょうどピストンが開放されたところで止めたりしてました。

>バッテリーの過放電とか、スイッチの焼き付きとか、
>心配事が多くて、電動は自分には向いてませんでした(;´▽`A``

確かに意外と気を遣いますよね(;´Д`)
バッテリーの管理は特に。(と言いつつほったらかしw)
Posted by あじゃ at 2010年03月03日 20:19
>G3フリークさん
はじめまして~♪
コメントありがとうございます!

>トリガーが遠いとありましたが、プラ板の積層かなんかでオフセットした物を作るのは無しですかね?スンマセン具体案が無くてm(_ _)m

いえいえ~
こちらこそスミマセン!実はもう・・・

今回の画像にもヒントがあったりします♪
Posted by あじゃ at 2010年03月03日 20:22
>ぜっぷさん
>やっぱ鑢王ですから、盛って削ってですかねw。

今回はもうちょい賢い方法ですw

>しかし10年経過したメカボックスの割には綺麗ですね。

あー
実は購入されてから最近まで全然使ってなかったそうですw
それでも大して劣化してないのは、さすがノーマル。
伊達にピストンヘッドにグリスたっぷり充填してませんね。

チューンしてグリス少なめになってると、手入れしないとエアシールノズルのOリングがへばり付いたりします。(私のがそうw)

>サバゲーで使用してたものなんかは目も当てれない状況がうかびますがw。

昔はそんなのも沢山見ました。
特にメカボに穴が空いてるM4系は枝が詰まってたりとかw
Posted by あじゃ at 2010年03月03日 20:32
この分解とは関係ないのですが東京マルイ製のステアーAUGが買って2日でトリガー接点が焼けてしまいそのあとSBDを取り付けメカボックスを閉めたのですがそのあとから急にノズルが通常の動きの真逆になってしまい、セミで撃つと下がって止まり撃つ瞬間に前進してまた元に戻るの繰り返しが続いています。インターネットで調べたらオーバーランが原因とありましたがどうしてこうなってしまったのでしょうか?因みに自分の分解してきた他の電動ガンも全てこうなり治せなくなりました。もしかしたらSBDが原因でオーバーランしているのでしょうか?御回答よろしくお願いします。
Posted by トモアイラノ at 2016年08月17日 10:58
>トモアイラノさん
最近電動ガン弄ってないのであまり参考にならないかも知れませんが・・・

>セミで撃つと下がって止まり撃つ瞬間に前進してまた元に戻るの繰り返し

これはノーマル、カスタムに関わらず『良くある事』な気がします。
それによる不具合はありますか?(二重装弾とか)
実使用上問題が無ければ、あまり気にしないほうが良いと思います。
保管の際など、スプリングが圧縮された状態ではイヤと言う事であれば、
指切りフルオートを繰り返して、ちょうどノズルやピストンが前進して止まった
状態で保管すると良いと思います。

SBDは使った事無いので知りませんが、この原因としては内部フリクションの
変化です。カットオフレバーによってスイッチが切れた後、慣性でどこまで
回転するかによって、この症状が出ます。(ご指摘の通り、オーバーランです)
極度なハイサイクル化を行うとセミオートでも慣性でもう一回転してしまい、
結果としてダブルタップになる事もありますが、この時になって初めてカット
オフのタイミング調整を行えば良いと思います。

どうしても気になるようであれば、セクターギアとカットオフレバーの磨耗を
疑ってみて下さい。
Posted by あじゃあじゃ at 2016年08月17日 18:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。