2016年10月01日

Colt SAA バントライン バレル延長加工

先日紹介したColt SAA バントラインスペシャルのバレル延長加工に取り掛かります!

お預かりしてからしばらく、どんな方法で延長するか考えてました。
以前やったM29 12インチではフロントサイトを使う為に中継ぎしましたが、今回はテーパーもあり難しい。
タナカのキャバルリーのバレルはCAWのバントラインのよりもテーパがキツく、先端が細身です。

と言う事で、タナカのバレルのテーパーを緩くし、バントラインの先端に継ぎ足す事にしました。

継ぎ足す方法ですが、当然ながらバントラインの銃口近くまでインサートが来ているので、パイプなどを
突っ込もうにも強度が出せそうにない・・・ そこで、銃口から30mmほど外径を削って被せよう!と
思い、加工し始めたところ・・・



何と亜鉛のウエイトが鋳込まれていました! しっかりと鋼鉄製のインサートも鋳込まれているので安全性は
問題無し。良く考えられてますね~

ともかく、この亜鉛ウエイトの外径がこれまたちょうど良い事にキャバルリーのバレル内径とほぼ同じ13mm!

素晴らしい・・・



んで、キャバルリーのバレルですが今回バントラインの12インチを16インチ(!)にしますので、先端から
102mm(4インチ分)+30mm(バントラインの先端を削った分)の長さでカットし、繋ぐ部分の外径が同じに
なるように削ります。



具体的にはバントライン側の先端外径が18mmに対し、キャバルリー側のカット後の後端外径が約18.5mm
だったので、13mmのドリルを突っ込んで電動ドリルでグルグル回しながら、後端が18mmになるように荒目の
平ヤスリを当ててテーパーを緩めてやりました。



そして、目視で真っ直ぐ繋がるように端面を整え、筒の部分にクイックウェルド、端面にはいつもの瞬着を塗って
接合! クイックウェルドは5~10分程度で固まり始めるので、その間バレルが斜めになったりしないように
注意しながら支えてやります。





最後にペーパーで表面を均します。



長すぎてもはや何の画像か分かりませんねww

気になるテーパーの度合いですが、バレル根元や先端、繋いだ部分の外径とそれらの距離などから勾配を
計算してみると若干の差異はあるものの、見た目には全く分からない程度には出来ました。


現在、サフを吹いて養生中です♪ 目地が出ないか、しばらく様子を見ま~す(*゚ー゚)ノ







同じカテゴリー(リボルバー)の記事画像
【超】バントライン、完成!
CAW Colt SAA 2nd?
KSC ピースキーパーの復活
S&W Kフレーム バナナグリップ~
MGC S&W M586 3in.
M327 + M629 = ??
同じカテゴリー(リボルバー)の記事
 【超】バントライン、完成! (2016-10-15 12:47)
 CAW Colt SAA 2nd? (2016-09-23 19:05)
 KSC ピースキーパーの復活 (2014-08-10 04:12)
 S&W Kフレーム バナナグリップ~ (2014-06-14 21:06)
 MGC S&W M586 3in. (2012-09-29 07:46)
 M327 + M629 = ?? (2012-07-30 00:19)

Posted by あじゃ  at 03:09 │Comments(6)リボルバー

この記事へのコメント
さすが!仕事が速いですね! 素人のあっしには単純に丸いバレルを継ぎ足すのは簡単だべと考えがちですがテーパーを考えるととても手間がかかりますね。 しかし、バレル内部にパイプが通っていたとは・・・ これ知ってる人は殆ど居ないかもしれませんね。 バントラインに装着する為にグリップ作ってま~す!
Posted by じんぎすかん at 2016年10月01日 08:42
おはようございます(^^ゞ

亜鉛のウエイトが鋳込まれていて、鉄製のインサートもプラス、・・・
見た目に反して強度的には心配なさそうですね、しかも重量も稼げてる感じで、・・・

>グリップ作ってま~す!・・・本業ですものね、素晴らしいグリップ拝見したいです(゜レ゜)

>何の画像か分かりませんねww、、、(゚Д゚;)/ 答え、豊洲の下水道管ですっ!ww・・・
Posted by konatsu at 2016年10月01日 09:46
>じんぎすかんさん
こんにちは!

>さすが!仕事が速いですね!

いやいや、お待たせしてスミマセン(;^_^A
まだこれからもちょっと時間掛かりますが…

>素人のあっしには単純に丸いバレルを継ぎ足すのは簡単だべと考えがちですがテーパーを考えるととても手間がかかりますね。

繋ぐだけなら簡単ですが、繋いだ事を分からなくするのに時間が掛かります〜

>しかし、バレル内部にパイプが通っていたとは・・・ これ知ってる人は殆ど居ないかもしれませんね。

そう言えばチャーターアームズのブルドッグにも入ってました。CAWでは定番なんですかね?

>バントラインに装着する為にグリップ作ってま~す!

どんなグリップが着くのか楽しみです♪
Posted by あじゃあじゃ at 2016年10月01日 14:35
>konatsuさん
こんにちは!

>亜鉛のウエイトが鋳込まれていて、鉄製のインサートもプラス、・・・
>見た目に反して強度的には心配なさそうですね、しかも重量も稼げてる感じで、・・・

そうですね、ロングバレルはこういったウェイトが無いと長いくせに軽く感じてしまいますし、強度的にも良いアイデアだと思います。

>答え、豊洲の下水道管ですっ!ww・・・

そんな感じに見えますよねw
Posted by あじゃあじゃ at 2016年10月01日 14:38
こんばんは~。
テーパーが付いていると真っ直ぐ切るのも面倒だったり、
何かと厄介だと思うのですが、、、。
さすが!!、素晴らしい技術ですね~♪
ここまで長くなると、個人的にはストックを付けたくなりますね(笑)
Posted by ta-93s at 2016年10月07日 23:13
>ta-93sさん
おはようございます♪

>さすが!!、素晴らしい技術ですね~♪

あじゃーっす!!

>ここまで長くなると、個人的にはストックを付けたくなりますね(笑)

実銃だと、これを普通のハンドガンのように構えて撃つのはキツいでしょうねw
ストックとフォアエンドも欲しいかもww
Posted by あじゃあじゃ at 2016年10月08日 09:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。