2016年08月28日

新型XC1レプリカ

先日ネットショップを何気なく見ていたら、XC1レプリカの新型が出ていたので思わずポチり。

XC1と言えば昨年1月のショットショーでSurefireが試作品を発表し、実際に流通しだしたのは10月前後でした。
その後、私が入手したのは11月でしたね。

実物が流通するよりももっと前、夏前でしたかね? 何故かレプリカが出回っておりましたが試作品の画像から
採寸したのかサイズが実物よりやや大きく、スイッチの操作方法も実際に発売された実物とは異なる物でした。

それがどうやら今回のは実物同様になっている模様?


・・・という事で、早速見ていきたいと思います!!





今回のレプリカは、このような無駄に立派なケースに入っておりました。実物でもブリスターパックなのにww



上が旧型レプリカ、真ん中のが今回の新型レプリカ、下のが実物です。









なるほど、XC1の文字が白抜きじゃない事以外は外形寸法や形状など、良くトレースしています。
レールへのロックパーツも旧型は完全に抜き取らないとレールから本体を外せませんでしたが、新型は
ネジを緩めると下に下がる実物同様の形状になってます。



左から実物、新型レプリカ、旧型レプリカ。





さすがにリフレクターの形状は異なりますが、スイッチの形状や操作方法自体はプッシュ式だった
旧型レプリカから改良され、実物同様にレバーを押し下げる方式になりました。



一応、重さ比較など。すべて電池抜きです。

旧型は47.5g



新型は43.0gと、少し軽くなりました。



実物は39.4gと、さすがと言うところ?でしょうか。




今回の新型レプリカ、外観の出来はこのようにかなり良い線行ってます。


駄菓子菓子!!


レバースイッチの操作感が全然ダメ。すごく固いというか、重い! 押し下げる親指が痛くなるくらい。
実物はストレスなく、かと言って軽すぎず絶妙な操作感なのですが、コイツはスイッチを押し下げるのが苦痛に
なるレベルです。

さらに、側面スイッチでは実物ほどとはいきませんが旧型レプリカ同等の明るさに対して、レバースイッチでは
壊れてるの?って思うくらい暗い!! コレ、購入したショップで他の購入者の方も同様にレビューされてたので、
程度の差はあるかもしれませんが、レバースイッチの方が暗くなるのは仕様なのかも知れません。


という事で、早速問題のスイッチ部を開けてみましたw
実物はシーリングされてるので分解できませんが、レプリカはネジ固定のみなので分解は簡単です。




スイッチ部の基板もはめ込んであるだけなので外してみました。



この銀色の部分の真ん中が押されるとペコペコと撓んでスイッチが入るようですが、この板厚が厚いのかなぁ・・・
それと、このスイッチ基板全体の抵抗が高いのかなぁ・・・


どうも対処出来る気がしなかったので、諦めて基板を元に戻しました(;^_^A


レバースイッチの部分でちょっと気になったのがコレ。



上の実物はレバー下側の隙間が大きくなってるのに対し、下のレプリカは均一な隙間。



レバー部のピンを抜いてレバーを取り外し、裏側の下側を中心に削りました。





左が加工後。微妙な差ですけどねw





組み立て後、上の実物同様にレバー下の隙間が大きくなりました♪




で、肝心の操作感ですが・・・ ちょっとはマシになりました。相変わらずレバーは重いし暗いですが(;^_^A



では、その明るさを見て頂きましょう。

まずは比較用に毎回引っ張り出される、SurefireのX200B。確か65ルーメン。



この状態でシャッタースピードとISO感度、ホワイトバランスを固定。



こちらが、実物XC1-Aです。



さすが200ルーメン、明るい!! つくづく買ってよかったと思う品です。(スゲー高かったけど・・・)



こちらは旧型レプリカ、プッシュスイッチで点灯した状態。





同じく旧型レプリカ、側面スイッチです。



よくよく見比べると、こちらの方がプッシュスイッチより明るい気もしますが、気にならないレベル。



で、こちらが新型レプリカの側面スイッチ。



こうして見ると若干旧型より暗いですかね・・・?
それでもまぁ、単4電池1本のレプリカとして見れば許容範囲内ではあるのですが・・・



これが問題のレバースイッチで点灯した新型レプリカです。



言っておきますが、シャッタースピードとかの設定は一切変えてません。本当にこの明るさ(暗さ)です。


外観の出来が良いだけに、非常に惜しい!!


個体差もあるのかなぁ・・・(´・ω・`)

『俺のはココまで暗くならないYO!!』って方がいらっしゃいましたら教えて下さいm(_ _)m









同じカテゴリー(アイテム)の記事画像
Olight PL-2 VALKYRIE
Olight PL-MINI VALKYRIE
ELEMENT LLM01 レプリカ 新型 マウント仕上げ
ELEMENT LLM01 新型レプリカ マウント加工
ELEMENT LLM01 レプリカ 新旧比較
ELEMENT LLM01 新型レプリカ
同じカテゴリー(アイテム)の記事
 Olight PL-2 VALKYRIE (2018-02-28 16:09)
 Olight PL-MINI VALKYRIE (2018-02-15 21:06)
 ELEMENT LLM01 レプリカ 新型 マウント仕上げ (2017-06-07 20:12)
 ELEMENT LLM01 新型レプリカ マウント加工 (2017-06-06 21:32)
 ELEMENT LLM01 レプリカ 新旧比較 (2017-06-02 23:05)
 ELEMENT LLM01 新型レプリカ (2017-05-30 18:35)

Posted by あじゃ  at 19:08 │Comments(2)アイテム

この記事へのコメント
コレは見た目が相当良くなりましたね、イイですね!

明るさやスイッチは少し残念ですが、装着してある姿はパチだからという、
デザインや質感の残念感が皆無ですね
価格的に1/5ですからね、これなら欲しいですよね

しかし、あいかわらずパチのほうがレーザーというかプリントというか刻印がキレイですよねw

私の友人が電池入れっパで液モレにて本体終了~になってましたので、
電池は出来るだけ外して保管するほうが良さそうです

エネループなら大丈夫でしょうけど、やはり安い電池はコワいですな
Posted by Domino251 at 2016年08月28日 21:26
>Domino251さん
>コレは見た目が相当良くなりましたね、イイですね!

外観は文句無しですね!

>明るさやスイッチは少し残念ですが、装着してある姿はパチだからという、
デザインや質感の残念感が皆無ですね
>価格的に1/5ですからね、これなら欲しいですよね

そうですね、見た目的には残念な旧型よりは良いです。

>しかし、あいかわらずパチのほうがレーザーというかプリントというか刻印がキレイですよねw

そうなんですよー
2次元バーコードなんか特に実物より緻密だったりw
パッと見は実物の方がパチに見えたりしてww

>私の友人が電池入れっパで液モレにて本体終了~になってましたので、
>電池は出来るだけ外して保管するほうが良さそうです

安いアルカリ電池は液漏れしますからね~
まぁ、エネループとかでも可能性が無いわけではないですし、抜いといたほうが
良いのでしょうけど、いざって時に懐中電灯代わりに使えるように電池は
入れっぱなしにしてますww 過放電しないように時折チェックは必要ですが。
Posted by あじゃあじゃ at 2016年08月29日 10:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。