スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年10月29日

S&W SW1911 with Rail 完成♪





苦節3ヶ月、SW1911レイルドがようやく完成しました!!

グリップはVirnaさんが後日交換されるそうなので、とりあえず元のSW1911のを着けてます。


それでは細部を見ていきましょう♪

ビューローのスライドをベースに、前2本を埋めたセレーション



マガジンキャッチ、スライドストップ、プランジャーガイド、サムセフティはシコシコしてブルーイング♪
スライドストップには若干の面取りを入れています。



グリップセフティも艶有りで♪



サムセフティの下の角は若干丸めて、実銃のそれっぽくしています。
ハンマーは背面~上面~前面、ホール内面をシコシコし、EX-STで塗装仕上げ~
ですが打撃面はすぐ剥がれちゃうので、塗装後に打撃面だけシコシコして塗装を剥いでます。



モデル工房Sさん渾身の刻印!



字体や文字の大きさなど、完璧です!!! ありがとうございます♪



エキストラクターはABS板から自作。ブラックスチールで軽く塗装してあります。



エジェクションポート周りは肉盛りしたりシコシコしたりラジバンダリ・・・(古っ
フレームのシリアルナンバーは実銃に存在する番号を使わせて頂きました♪



スライド後部。



元々あったエキストラクターのモールドは綺麗サッパリ消えて頂きましたw
リアサイトはキッチリ面出ししてブルーイング。こちらは煤を落としただけでポリッシュはしていません。
ファイアリングピンやプレートもブルーイング。細かいところですがブリーチ最後部のエジェクター背面も
シコシコしてブルーイングしてます。



メインスプリングハウジングのぬるいチェッカリングは目を立て直してブルーイングしました。



WAのこのハウジングって、バローベの20LPIの筋目ヤスリだと微妙にピッチが合わないんで、1本1本角ヤスリでシコシコと。



マズル周り。



ブッシングも面出しして、ハンマー同様にEX-STで塗装。フロントサイトはリアサイト同様に面出ししてブルーイングです。
モデル工房Sさん加工のフロントセレーションがピシッとしてて素敵♪(*´д`*)



そして本カスタムで一番の拘りポイントであるレイル部分♪





先端の長さ、横溝の長さ、トリガーガード付近の形状など、出来るだけ再現したつもりです~~





ここの刻印もモデル工房Sさん♪





そしていつもの縦構図で4枚!











最後に、ホールドオープン!




最後までご覧頂き、ありがとうございました~♪  


Posted by あじゃ  at 00:20Comments(22)SW1911 レイルド

2012年10月27日

S&W SW1911 with Rail 仕上げ塗装他

随分時間が掛かってしまっているSW1911レイルドですが、ようやく本体の塗装が完了しました♪





今回は実銃に倣い、マットな感じのシルバーにするためブライトステンレスを使用。

刻印部分は最初スミ入れしたのですが何だか綺麗に出来ず、全て針で彫り直してやりました(;´Д`)

切った貼ったしたフレームのレイル部分も特に異常は見られないようです♪



金属パーツはシコシコし、スライドストップやセフティの形状をちょこっと修正してブルーイング。



フレームやスライドと対照的に、敢えてポリッシュ仕上げとしてみました。吉と出るか凶と出るか!?

ここに写ってない前後サイトやハンマー他の亜鉛パーツも全てシコシコして仕上げ直してます。

次回の完成編をお楽しみに!!  


Posted by あじゃ  at 00:11Comments(2)SW1911 レイルド

2012年09月25日

ご依頼品の進捗報告

今回は色々と同時進行しているご依頼品の進捗報告です。

折角涼しくなってきたと思ったら雨だったりと、なかなか思うように塗装が進みません・・・


まずはSMYTHON 2.5in.の進捗。





今回、依頼者さまの要望も有り、今までとはちょっと違う調色をしています。
今の段階ではただのマットブラックに見えますが、シコシコして生まれ変わる!!



・・・予定。(`・ω・´)



また、モデル工房Sさんにお願いしていたS&W SW1911 with Railのスライドフレームのセレーション加工&刻印も上がってきました♪

モデル工房Sさん、お忙しいところ加工頂きありがとうございました~!!

<撮影:モデル工房Sさん>




ん~~! 完璧ですね!!!



さらに、GCCのスライドも!!(あ、ネタバラしちゃったww)



私がCADで起こしたデータそのまんま! イメージどおり!! 最高です~ヽ(´ー`)ノ

ブログの記事コメントでは加工油の影響を心配されていましたが、見る限り大丈夫そうですよ♪



GCCのスライドはフルサイズから切り詰めているので、ブッシングの溝を掘る必要があります。
刻印をお願いする前に加工しておきましたが、ちょっと浅かったので別の刃物で深く掘り直しました~





それからフロントサイト取り付けのための加工。



電動ドリルで周りに傷を付けないように気を遣いました・・・(;´Д`)


さてさて、天候と相談しながら塗装していきましょうかね~?

まだまだ終わらんよwww  


Posted by あじゃ  at 00:16Comments(24)SW1911 レイルド

2012年08月10日

S&W SW1911 with Rail フレーム加工

前回、スライド加工(Sさんにお願いする前まで)をほぼ終えたので、引き続きフレームの加工に入ります。

まー、このフレームが一番の難関なんですが・・・



ベースとするのは、やはりGSRのフレームです。



冒頭リンクの最初に記事に貼った実銃画像と見比べると、パッと見は似ているように見えますが色々と異なる点が。
その辺を修正していきたいと思います!(`・ω・´)



まず、レイル部後ろ~トリガーガード根元付近。





金属パテで肉盛り&シコシコ。レイル先端も斜めにカット。



溝も後ろに延長しなきゃ~~(;´Д`)



とりあえずここで、サフ吹いたスライドを載せてみると・・・



うーん・・・? 何か違うような・・・??



とりあえず、溝を後ろに延長します。



彫刻刀で大まかに削り、電動ドリルで砥石を回しながら仕上げ。何とかなったようですw



さて、ここで改めて下の実銃拡大画像と見比べます。







・・・むぅ。下記2点の違いに気付いてしまいました・・・

1. レイル下面⇒トリガーガード根元両サイドに段差あり
2. レイル先端がもっと長い

そこで、レイル先端を4mmほど延長&トリガーガード根元両サイドにABS板を貼り付け、シコシコシコシコ・・・





レイル先端は貼り付けただけだと強度的に不安です。
今回はダストカバーにインサート成型されている亜鉛ブロックにM2.6のタップを切ってネジ止めしておいたので、
ポロッと逝く事はまず無いでしょう♪





次に、ハイグリップ過ぎるフレームラインを肉盛り修正。





最後にグリップセフティとのラインが合うようにフレーム後端を削ります。





あちこち貼ったり削ったりしているので、溶きパテをフレーム全体に筆塗りしました。





スライドと合わせてみる・・・




うん! 良いんじゃないかな!?

スライド同様に加工箇所が浮き上がってこないか、しばらく様子を見ようと思います♪  


Posted by あじゃ  at 00:15Comments(14)SW1911 レイルド

2012年08月01日

S&W SW1911 with Rail カスタムスタート!

さてさて、相変わらずエロエロとイロイロと同時進行しております。

今回のネタは先月スタートしたGCNMカスタムと同じく、Virnaさんのご依頼です♪

先に答えを書いちゃいますが、再現したいのはコチラ。



S&WのSW1911、レイル仕様ですな。

待ってればそのうちWAがSW1911+GSRフレームで出しそうですが・・・
それでは恐らく細部の形状が異なるでしょう、というのがVirnaさんの予測。まぁ、私もそう思いますがw

と言う事で、細部の形状にも拘ってカスタムして欲しいとのご要望です♪



では早速、まずはスライドから~~



個人的に、WAのSW1911(5インチモデル)の一番の残念ポイントがココです。
実銃は普通のノコギリ刃形状の斜めセレーションなのに、WAのは何故かレスベアちっくな細かいギザギザの
セレーションになってます(´・ω・`)

今回もまたモデル工房Sさんにまるっとお願いしちゃおうかな!?とも思ったのですが、それではさすがに
申し訳ない・・・ので、自分で出来るところはなるべく自分でやりましょう!(`・ω・´)


WA製品でノコギリ刃形状の斜めセレーションと言えば、SFA系ですね。
オクで入手したビューロのスライドをベースに加工していきます。





まずはセレーション。そのままだと18本ありますので、前2本を埋めて16本にします。





リアサイトがラージサイズのノバック仕様なので、SW1911の小ぶりなノバックサイズに合うように、ABS板を
貼り付けてサイズ調整。





こんな感じにピッタリと♪





続いて、エキストラクターの溝を掘ります。



溝の中がきちゃないですが、最後にダミーエキストラクターを貼り付けるので無問題!
軸穴のモールドも掘りました。

あ、逆にスライド後部のエキストラクターのモールドは埋めますが、画像は割愛ww


現在、サフ吹いて加工箇所が浮き上がって来ないか確認&養生中・・・

頃合を見て、モデル工房Sさんに前側セレーションの追加と刻印をお願いしようと思っとります~~  


Posted by あじゃ  at 01:10Comments(10)SW1911 レイルド